日本とスイスの医療福祉における違いの一例

眼科の検査に行ったとき、待合室で医学雑誌をパラパラとめくっていた。棒グラフの表が大きく載っていて、抜きん出て高いのが、「Japan]と書いてあったので良くみた。それは、国民が医者を訪ねる回数の国際比較であった。次のドイツが日本の60%ぐらいだったし、OECD国の平均は、ざっとみて日本の半分以下だった。残念ながら医者に呼ばれて後は読めなかったのだが、もっといろいろな観点からのグラフがあったに違いない。だからこのびっくりするほど高い日本の病院通いのグラフだけ取り上げ問題には出来ない。

しかし、傷害保険についての日本とスイスの思考の違いが分かる例があるので書くことにする。

私のブログ、2011.01.20「NPOナルクがスイス人の興味を」という題で書いた続きという事になる。

30年以上スイスに住むAさんが、突然身体障害者1級になるという不幸に見舞われた。スイスの日本ナルク支部では、4,5人のチームを組んでAさんを援助している。その中のBさんに又会ったので、その後のAさんの状況を聞くことができた。

Aさんはスイスで1級身体障害者と認定されたが、どれほどの保障が、国や、地域から得られるのかすぐに返事が得られなかった。彼女の生活スタンダード、つまり、住居費、資産、収入、援助などあらゆる条件が考慮されるからだ。つまりある程度の高いレベルで生活している人には少ししか支給されないか、市の安い住居に移るかだ。そんな危惧もあった。

その間、60才を過ぎたこともあり、日本に帰ってもう一度診察してもらい、日本に住む可能性も含め半年の間帰国していたという事だった。日本でも、すぐ一級の身体障害者と認定され、日本で得られる補償金や自分のスイスからの保険などをいれれば、日本でかなり良い生活ができることが分かった。

その後こちらに帰ってきたときスイスの福祉判定が知らされ、Aさんは今の生活スタンダードを下げなくても福祉が受けられ、具体的な補佐も保障された。

この話は又聞きで、部分的なひとつ例に過ぎないので全体的に解釈は出来ないが、この例だけに限って言うと、日本では、度量の大きな福祉(国債の多い国にはに似合わないような)で、大金持ちも貧乏人も一概に同じ額がもらえる。これが日本人の考える公平性らしい。

スイスは、個人の人間的な総体的な最低レベルを保障するが、国の税金が、金持ちに必要以上に使われる事を防ぐ。それがスイス国民の考える公平性というものらしい。

スイスの賃金は、たぶん今でも世界一だと思うのだが、物価も世界一高い。スイスの国でいろいろな福祉を得て、東南アジアなどの物価の安い国で、気候を楽しみ、安い使用人をはべらせ、暢気に余生をと考える人が多くなった。それで、スイスの政府も監督を厳しくし、このような国に、探偵を送り込み摘発していく。発覚すると福祉資金が打ち切られたり、その国の物価に合わせて引き下げられる。

もしこのAさんが、例えばタイにでも住むようになったとすると、同じ1級障害者でも、福祉金はタイ国レベルに下げられるのだ。結局税金は国民が払うものだから、使い道には厳しいといえる。

こちらの例・・・・・こちら・・・・

スイスの健康保険や初診料に代わるものは非常に高いが、その代わり、出産やお葬式までほとんどただで国家が面倒見てくれる。また積極的自殺安楽死援助が認められていることは世界的にに知られている。

日本の医療制度は世界一と誇り高い。しかしこのシステムを、将来保っていくことが出来るかということは日本に住む皆様が一番知っているに違いない。どっち道、改革、改正なしにはやっていけないはずだ。

ついでにもうひとつ、何度でも書きたいのだが、私がここへ来た40年も前、すでに、韓国人、フィリピン人の看護婦さんたちが働きに来ていて、ドイツ語を一緒に習った。その当時の高齢者患者は英語など教育されていなかった人がほとんどだが、この外国人看護婦たちが、ドイツ語をマスターするまで、英語の片言を習いだし、必死で会話しようと努力してくれたと話していた。

日本人は最低6年英語を習っているではないか。外国人看護婦になぜ厳しい日本語試験を課すのか。はじめは英語で話せばいいではないかと思う。

又、日本では、外国で習得した医者の資格を認めようとはしない。こんな国は日本しかない。昨年の大震災のときだけ、援助に来た海外の医師に、例外的に診察を許可した。この許可がでるまで待たなければならなかったとか、こんなニュースを聞けば、日本のあまりの閉鎖的な傲慢さにあらためて唖然とさせられるのだ。日本の医師たちなんか、国外の被災地ですぐ活動できるのに。

もうひとつの記事「スイスと日本の医療意識の違い」は
・・・・・・・こちら・・・・・・・


チューリッヒ         F.S.

[PR]
by swissnews | 2012-01-23 18:58 | 社会・福祉・医療 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

ユーロニュースの日本の国の宣..
at 2017-10-20 16:05
日本も Wind of Ch..
at 2017-10-18 04:56
オーストリア首相選挙も、80..
at 2017-10-17 04:19
選挙に行くのは当たり前・在日..
at 2017-10-15 20:18
写真おすそ分け・立憲民主党演..
at 2017-10-14 22:13
Twitter から
at 2017-10-13 22:59
スイス紙・神戸製鋼所の品質デ..
at 2017-10-12 22:41
スイスにあって日本にないもの..
at 2017-10-11 04:37
いまどき立ったままでレジする..
at 2017-10-09 22:40
ノーベル賞受賞者のいろいろ
at 2017-10-07 03:57

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活