スイスのドローン研究開発は最先端を行く。

スイステレビドキュメント報道。「スイスのドローン研究」

昨年だったかいつだったが聞き逃したが、ドバイで「世界ドローン研究コンクール」があった。スイスが優勝し、その新しい研究や実験が紹介された。

私は今まで中国が世界のドローンの生産第一だと聞いていたから、少し意外に思ったが、スイスは新しい用途、違うモデルの最新の、また将来の研究をしていることトップをいってると言うことであった。

その理由は

1、スイスにはチューリッヒ工科大学(アインシュタインも出た大学)ETHとロザンヌ工科大学の学生などが独立したグループ研究をしていく援助をしている。インフラが整い時間たっぷり与えられる。

2、若い企業家、新しい製品を発表する機会を応援してやる気風。成功した資産家が積極的にチャンスを与える。

3、ドローンは空での実験が必要。そのため「空の飛行規制」を
将来性あるこのような実験のために可能に改めた地域が増えてきた。国の規制だって、国の発展のためには考慮しようとする意識がスイスにはある。

具体的な例は、ドローンの形がオーストラリアのブーラメン武器に似ていて、3D観測機能が備わり、例えば、マッターホルンの壁を3Dで正確に測定できる。氷河の割れ目とか、人が行けないところを正確に記録してくる。

また、アフリカの医療薬を届ける特別などローンだ。アフリカには道路が少なく、地方に物を届けるのが困難だ。これはすぐに実現できそうだ。

その他、いろいろな将来の用途を見込んで研究されている。今までのドローンと違った形の(平ら、ボール)ものもあるようだ。

今日、フランスのかわったドローン活用がニュースに出た。

フランスの大西洋岸で、毎年溺れ死ぬ人が多い。ピンク色のドローンがおぼれている人を助けに行くのだ。その人の上空で、パニックにならないようにとどまる。塩で膨れ上がる浮き輪を落とす。救助隊がやってくるまですでにその人は浮き輪につながっている。

スイスの課題は、このような研究されたものを、いかに商業化し、生産していくかになる。

日本はロボット研究産業が盛んで名を成しているが、このようなどローン研究はどうなのだろうか。実験する空の利用規制が厳しいのだろうか。スペースがないのか。


[PR]
by swissnews | 2017-08-17 16:09 | 科学・技術・研究 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

週末、スイスの将来の年金制度..
at 2017-09-22 03:48
「人づくり革命」ってもう終わ..
at 2017-09-21 00:51
いちいち説明しない解散・どこ..
at 2017-09-19 00:56
日本のジャーナリストは世間知..
at 2017-09-17 19:22
ノーベル賞受賞者山中京大教授..
at 2017-09-16 05:10
乳母車であふれるチューリッヒ..
at 2017-09-13 16:58
北朝鮮とのスイス仲介交渉が始..
at 2017-09-11 15:43
『不倫騒動』何のためのリベラ..
at 2017-09-08 04:06
「山口敬之容疑者」記事拡散協力
at 2017-09-06 14:36
北朝鮮の水素爆弾の爆発過程を..
at 2017-09-05 14:39

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活