籠池夫妻拘束に見る日本の司法制度は、まさに中世的。

人権意識が低く、自由を拘束されることにあまり怒らず、従順な日本人は今でも自分たちの司法制度が人権を大きく損なっていることに気がつかない。というより、認容している。

籠池夫妻がいまだ拘留されているということが異常であるということさえ気がつかない。悪者だから仕方ないと思っているのかもしれない。

ヨーロッパでは、罪状なしの拘束期間は、一日、あるいは2日、あるいは3日ぐらいだ。その間に逮捕理由や罪状が法的にとれない場合は釈放になる。

それに、弁護士をつけたり、尋問のビデオ記録、容疑者の人権が詳しくきめられている。未成年の場合は両親かそれに代わる人が同席する。それができないときは尋問できない。それに取調室は特殊壁で、他の部屋から上司が見ている。

私は、テレビで刑事物シリーズを良く見る。その地方や国の景色、町の様子が見られるから面白いし、メンタリティーの違いも分かる。ドイツ語物シリーズには、教え子が出演するものがあり、内容が退屈でも見ることがある。だから、犯罪者、容疑者がどのように扱われているかだんだん分かってくる。

私だけでなく、青少年でも警察に捕まったときは「弁護士を呼べ」とか叫ぶ。それは、こちらではどんなことをしても弁護士がすぐつけられることを知っているからだ。まして、尋問者とたった二人で個室にいるという状況はほとんどない。たいてい二人の尋問者か、一人でも、室内に警官がいる。

日本では、ビデオ撮影も、弁護士もいない個室の中で行われるようだ。誰とも話しできない拘束時間も長い。だから容疑者の99%は有罪者になると推測されている。

国連の人権団体が日本の司法制度に関してたびたび勧告している。日本では起訴なしで最高20間拘束が認められている。この制度はまったく時代遅れであり、人権問題である。数年前このような国連での会議でそのことをしてきされた。頭に来た日本の上田日本人倦怠氏が会場の参加者に「シャーラップ!」と怒鳴ったもんだ。それが世界のメディアに流れた。今でも日本の司法はそのままらしい。

死刑執行の際にも、家族は面会もできない。こんな非情な国家だ。

籠池夫妻の拘留のながさについて、英語メディアがもう書き始めている。

日本で電車内痴漢容疑で拘束され、大使館の助けがあっても長い身体自由蹂躪に耐えかね、痴漢を認め前科者になり、釈放後、即家族全員日本を去ったエリートフランス人男性の実話が、フランスでメディアの話題になった。彼の家族親戚はもう二度と日本に行くことはないだろう。

又スイス人学生が酔っ払った状態で起こした軽犯罪で、国籍、顔写真、名がメディアに流された。(私がヤフーで読んだ)彼がどんなに日本が嫌いになったか良く分かる。

慰安婦問題も最終的には、自由を奪われ強制されたということは、奴隷という状況や言葉しか選びようのないことを日本人は知るべきだ。



[PR]
by swissnews | 2017-11-21 17:48 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

山本自民党議員の「あんな黒い..
at 2017-12-15 21:29
知的財産教養がスイスを進歩さ..
at 2017-12-13 17:26
スイス人ノーベル賞受賞と平和..
at 2017-12-12 04:01
海外にいて、日本の国民が政府..
at 2017-12-09 22:09
高齢者英語教室のクリスマス会
at 2017-12-08 06:01
全体入学式・入社式のないスイ..
at 2017-12-06 04:49
ベルリンの6日間
at 2017-12-04 00:05
サンフランシスコ市慰安婦像設..
at 2017-11-26 03:05
スイス人写真家・日本編2部
at 2017-11-25 16:52
与党議員の言った言葉
at 2017-11-25 01:11

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活