高齢者英語教室のクリスマス会

私は6年前から、平均年齢78歳ぐらいの英語のクラスに週一度、年36週(公立小学校の休みにあわせている)通っている。それぞれ休暇や病気、家族のことで欠席することがあっても、現在7名の女性たちはずっとまじめにやってくる。

今読んでいるのは「Funny Stories] で、非常に難しい英語だが、半ページドイツ語訳になっている。だから私は、間際になりドイツ語だけ読んでいく。

今日は一週間早くクリスマスの会になったので授業はなし。毎年役割をきめる。クッキー持参、テーブルを飾る青い松の枝とローソク持参、みかんやナッツ持参、クロワッサン持参、先生に送るカードを書く、先生に贈るクリスマスローズの花持参などだ。私はキリスト教徒ではないし、能がないので、皆に自動販売機からコーヒーを持ってくる役目を引き受ける。

5分もしないうちに手早く飾り立てられ、ローソクに灯がともる。

毎年、自製のクリスマスカードをくれる人がいてテーブルに載っている。いつも自分で写した写真を貼り付け、有名なクリスマスのことわざが自筆で書いてある。先生からもカードをもらう。

英国人女性アーチィストの先生が毎年聖書から、良いストーリーを読んでくれる。6年前は80%理解できなかったが、今日は80%ぐらい理解できた。

その後、食べながら雑談。

旧生徒の近況、目を手術する女性の話、休暇の報告、半年のテーマ「木」のまとめと、環境汚染の話。美術館の催しなどの話題。

しかし、誰かが「トランプのイスラエル政策。エルサエル。信じられないおろかなこと」と言い出すと、みなも「ホント、ホント」と議論に熱を帯びてきた。どんな利益があるのか!ずっとこの話で終わった。スイスの政治のことも。

そして一週間早めに休暇に行く人や、手術をするひとを励ましはハグし合って別れた。私は89歳の女性を市内の停留所まで送っていく。

英語を話すことはまったく進歩ないが、このコースをやめることのほうが難しい。


[PR]
by swissnews | 2017-12-08 06:01 | 教育・宗教・人材 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

山本自民党議員の「あんな黒い..
at 2017-12-15 21:29
知的財産教養がスイスを進歩さ..
at 2017-12-13 17:26
スイス人ノーベル賞受賞と平和..
at 2017-12-12 04:01
海外にいて、日本の国民が政府..
at 2017-12-09 22:09
高齢者英語教室のクリスマス会
at 2017-12-08 06:01
全体入学式・入社式のないスイ..
at 2017-12-06 04:49
ベルリンの6日間
at 2017-12-04 00:05
サンフランシスコ市慰安婦像設..
at 2017-11-26 03:05
スイス人写真家・日本編2部
at 2017-11-25 16:52
与党議員の言った言葉
at 2017-11-25 01:11

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活