2017年 08月 05日 ( 1 )

暑中見舞い「チューリッヒの夏・川流れ」

皆様、暑中お見舞い申し上げます。

多くのチューリッヒ市民は休暇で山へ、国外に休暇に行きトラムも運行回数が減り町もがらんとしています。しかし、チュールッヒに残ってここで休暇をするものも結構います。こんなに暑くては湖や川で泳ぐことに限ります。

チューリッヒも暑い日が続いています。でもイタリアの45度以上の暑さを考えるとこちらでありがたいと思います。

40年以上前チューリッヒに来て一番感激したことは、湖だけでなく、リマット川で、「川流れ」といわれていた流れと一緒に泳ぐことでした。途中でどこでも岸に上がれますが、当時は一kmも流れたらストップする柵があり、大丈夫でした。こんなに面白いことありません。

しかし、困ったことは、川沿いをぬれた水着姿で歩いて戻ってくることでした。それに一人では荷物が困ります。だから誰かが自転車で服を運んでくれるか、岸辺の水泳小屋に荷物を預け、出発点まで歩いていくとかでした。

今は、防水の浮き袋に、携帯、靴、財布、服などを入れて一緒に泳ぐことができるようになりました。どこでも陸に上がることができます。

日本には川がたくさんあるのだから、似たようなことできるのではないでしょうか。

バーゼルのライン川ではもっと大掛かりですごい人が流れていきます。

写真は・・・・・・・こちら・・・・・・




[PR]
by swissnews | 2017-08-05 05:13 | 観光・交通・運輸 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

山本自民党議員の「あんな黒い..
at 2017-12-15 21:29
知的財産教養がスイスを進歩さ..
at 2017-12-13 17:26
スイス人ノーベル賞受賞と平和..
at 2017-12-12 04:01
海外にいて、日本の国民が政府..
at 2017-12-09 22:09
高齢者英語教室のクリスマス会
at 2017-12-08 06:01
全体入学式・入社式のないスイ..
at 2017-12-06 04:49
ベルリンの6日間
at 2017-12-04 00:05
サンフランシスコ市慰安婦像設..
at 2017-11-26 03:05
スイス人写真家・日本編2部
at 2017-11-25 16:52
与党議員の言った言葉
at 2017-11-25 01:11

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活