2017年 10月 29日 ( 1 )

茶色髪に生まれた生徒に黒髪染めを強制し、修学旅行も拒否した教員が起訴された。

この記事に書かれたようなことが現実にある高校がどれぐらいあるのか知りたいものだ。

経過については

・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・

日本の子供は生まれて持った髪の色ではもう義務教育も受けられず、髪の色を染めているかどうか、教師が女性の髪の毛を分けて根元まで調べる時代になったのか。黒く染めるのを拒んだ生徒は、修学旅行も諦めなければならなかったようだ。

思い出すことがあった。

・・・・・・・私は昔、45年昔まで、日本の女子高校で教師をしていた。生徒のスカートの丈や髪の形を抜け駆けで検査するために、教師は特別朝早く仕事場に行き、校舎の前の歩道で待ち構えていた時の屈辱感を思い出す。なぜ、教師がこんなところで、生徒を待ち伏せして、犯罪者を摘発するように待っているのか本当に悲しくなった。私の仕事はいったい何なのだろうと考えた。それから数年で日本を去った。・・・・・・・・・・・

・・・・・・・私の子供がこちらの学校で学び、父兄参観日が定期的にあった。ギムナジウムのときだったが、頭の髪の毛をインディアナーのように、パパガイのように頭の毛を立ち上げ、オレンジや緑、青色に塗り上げた男の子がいた。そのころパンカーと言われた格好が若者の中で(いいおじさんもいたが)はやっていた。しかし誰も何も言わない。彼の父親は市の教育委員の公職についていた。この男子は、卒業後、俳優になりたくて私のいる演劇大学に試験を受けに来たが、髪の毛は短くなっていて、色はしかしまだ残っていた。才能があり入学したが、髪の毛の色もなくなり普通の男子になった。最近合った彼は、今自分の娘が思春期になり、親としての指導が大変だと笑いながら話してくれた。・・・・・・・・・・・・

この日本の高校生の裁判がどのようになるか。

いくつかのコメントを読んだが、面白いものあった。

髪の毛の色を出生証明書に出せとか言うのは・・・・・

・・・・・・・例えば、安倍総理が自分は男だといっているが、それは信用できない、裸になって証明せよ!といっているのと同じ。・・・・・・・・

-------「たとえ生まれつきの特徴であっても、茶髪も金髪も天パも許さない」みたいな同調圧力をかける学校が、体育祭で「世界に一つだけの花」をテーマソングに選んだりするの笑わせますね。-------(英国のジェンダー闘争のシビルな映画)


************

私の子供の場合、髪の毛の色は何度かかわった。一時はカールになったときもあったし、光の加減で赤色になったとこもあった。

だんだん、統一的、ファッシスト的ななって、昔より後退してる感じがする。

明日から、10日ぐらい休暇に出かけます。ドナウ川、マイン川、ライン川、を船で下り、上りします。パッサオからバーゼルまで。よろしく。













[PR]
by swissnews | 2017-10-29 22:10 | 教育・宗教・人材 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

山本自民党議員の「あんな黒い..
at 2017-12-15 21:29
知的財産教養がスイスを進歩さ..
at 2017-12-13 17:26
スイス人ノーベル賞受賞と平和..
at 2017-12-12 04:01
海外にいて、日本の国民が政府..
at 2017-12-09 22:09
高齢者英語教室のクリスマス会
at 2017-12-08 06:01
全体入学式・入社式のないスイ..
at 2017-12-06 04:49
ベルリンの6日間
at 2017-12-04 00:05
サンフランシスコ市慰安婦像設..
at 2017-11-26 03:05
スイス人写真家・日本編2部
at 2017-11-25 16:52
与党議員の言った言葉
at 2017-11-25 01:11

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活