カテゴリ:竹島・尖閣・日中韓の問題( 19 )

世界遺産登録、軍艦島に思う


産業革命遺産、世界文化遺産に登録決定について

日本のメディアで、5日の決定を知った。個人的に思うことは、明治時代の日本が成し遂げた事の偉大さを、日本人がしっかり知ることが大事だなた思う。

私はいつもスイス人や他の外国人に話すとき得意になれることはこの時代、昭和の初めぐらいの事だ。

このころに日本人の賢さが集中していると思うし、欧州の人たちが後で知ってびっくりする事だ。

特にその時代の日本人の「真摯さ」が語られている。

当時多くの政治家、科学者、医者、文学者、芸術家など、が「他国に学べ」と云う気迫があり、海外派遣留学されてもその80%のものが「自国の遅れ」を認め「日本造り、創り」のため帰国していたと云うことだ。

そして一気に先進国に近づいた。

現在のドイツ語メディアや知人を通して耳にすることは、現在の日本は「傲慢」「驕り高く」になりすぎ、他国に学ぶ事を「弱み」と考えていると云うことだ。自分たちが「世界一」と思い込んでしまったことと、また、特に隣国を「軽蔑し」ている事だ。

この際に、大事な「遺産」と云うのはなにか、そして「真摯さ」がだんだん失われていく日本を考えて似たらよいのではないかと思う。

多くの国は日本を手本に発展してきた。欧州然りだ。トヨタ、ソニー、すごかった。しかし今は、他国も利口になっている。

この際、当時の日本人の賢さをもう一度誇りにして、出発してはどうか。

昨日の記事

************
今日の審議で、明治遺産として登録を申請している軍艦島については、審議が明日に延期になったようだ。

この事についてはドイツ語新聞で10日ほど前に読んだがネガティブなことが書かれていた。

大体、明治時代で、歴史問題と関係ないといっても、多くの強制労働者などで支えられたそのような跡遺産を、ユネスコの文化遺跡として申請しようと思うのが何かおかしいと思われている。

韓国の希望する「強制労働の明記」は当然のことだと思われるのでそれを認めて申請希望するしかないのではないのか。

いずれにせよ、歴史問題と直視しない日本は、いろいろなところで障害が出てくる。

国際舞台に出すならその前に、いろいろな歴史問題を処理してからでないと難しいのでは。それが欧州の常識。

日本は自分たちの立場から正当だと思ってもそうではないと云う国々もたくさんある。

なぜか考える必要がある。今年の70周年敗戦記念日に、深い謝罪、がなければ先進国ではアウトになる。

そしてどのような分野の交渉でも不利になるだろう。

明日はどうなる事か。


[PR]
by swissnews | 2015-07-05 02:37 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

安部首相の靖国神社参詣・いち早くユーローニュースやラジオで報道

スイスでは、今日12月26日は、まだクリスマスの休日になる。

いつものドイツテレビ「モーニングマガジン」はないので、ユーロニュース(ユーロ圏共同の時事ニュースで同時に共同の見解傾向も入る)を入れた。

「日本のシンゾウ・アベ首相が、以前からumstrittene 異論・論争のある靖国神社に参拝に行った。それで、中国や韓国の激しい反発をうけた。」

・・・中国と韓国のその筋の発表者が語っている映像があった・・・・・

「日本人にとっては靖国神社は政治色のない一般戦争犠牲者を祭る場所と考えられるが、その中には14人の戦争犯罪者も奉ってあるので、他のアジア隣国にとっては、日本がいまだ戦争犯罪者に敬意を表しているように受け取られる」

「日本はもうずっと前からこの靖国訪問が隣国を侮辱することになることを承知である。」

その半面、「安部首相は隣国との友好な関係を望むと言っている」

・・・・聴視者の推定。日本政府がいかに2枚舌かが、欧州人でもわかる・・・

今は朝9時であるが、数時間後にはオンラインに明日は新聞にでる事だろう。後から継ぎ足す。

18時、結局、ユーロニュースは30分おき一日中今もこのニュースを報道していた。またほとんどのドイツ語系オンライン新聞で写真入りでこの記事を扱っている。表現は違うがすべて否定的な記事だ。

春香クリスティーンと言う、スイス女性と日本人男性のハーフでチューリッヒ出身、エリート高校をでて日本で活躍している学生タレントの記事を読んだ。彼女が次のような発言して、批判のツイートがたくさんきてるらしい。


・・「海外とこの問題で比べられるのが、もしもドイツの首相がヒトラーのお墓に墓参りをした場合他の国はどう思うのかという論点で議論されるわけですけど、まあ難しい問題ですよね」・・

まあ、こちらの高校生以上のスイス人なら確かにこのような大雑把な比較論争になるから、このような答え方をするのはありえると考えられる。スイス人だけでないけど。数年前の小泉首相が靖国神社を参拝した時、この比較は、欧州での議論のひとつのバージスだったから、賢い彼女は、そのことを思い出していたのだろう。彼女は結論を言っているのではない。

日本を戦争に導いたA級戦犯は、簡略に言えば、墓があったってなかったって、ヒーットラーやムッソリーニなどと同じ犯罪者と見られると言う考えかたもある。日本はなぜ一般人犠牲者と一緒に扱うか欧州人には不思議。天皇家だって靖国神社に行かないのはなぜか国民は知っているのかだろうか。

(春香さんのように日本が好きで日本で何かしようと、勇気をふるってチャレンジする日本人ハーフは、日本独特のいじめに会い、日本から出て行けとか言われる。そして自国に帰る若者ハーフが多くなる。日本にとってどれほどの損失になるか。彼女はしかし、日本で踏ん張れるかもしれない。頑張れ!)

アメリカが「失望した」と表明したのも、よくわかる。

19時半。 スイスのメインニュースでは、戦時中日本軍が2000万人のアジア人を殺害した当時の空軍の映像が短く映った。阿部首相がアジア人を傷つけたくないと言っているのがまた白々しく聞こえる。

日本が新しい爆弾の種を!をと言うタイトルだ。しかし、中韓との経済的外交にはしかしすぐには、影響がないのではないかと言うコメントもあった。

27日。朝新聞を開けるのがいやだったが、案の定、半ページほどの写真付き記事だった。

政治的にますます孤立していく日本。しかし、日本の国民はそのことにも余り気がつかないから幸せなのかもしれない。

しかし今回、東京裁判やその他のことがもっと議論されて、すっきりするかもしれないという希望もある。

fm



[PR]
by swissnews | 2013-12-26 17:49 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

中国の防空識別圏設定・海外メディアで話題も当事国日本国民関心なし

私の新聞にも、他の多くのオンライン大手新聞にも、中国が突然表明した「東シナ海の防空識別圏設定」について取り上げられている。

日本と中国の航空識別圏の領域の違いもはっきり地図に示している記事も多い。

それぞれの記事には、一般読者のコメントが100も寄せられている新聞もある。

それほど大きな緊張感がある問題だが、当事国の日本国内のメディアは大きく扱ってないし、どれほどの国民が関心を持っているのか。

・・・今、スイスの昼のテレビニュースでこのテーマが報道された。13時

オンラインで読んだうちのひとつ「DW」の、「ヨーロッパの役割」と言うのがあった。

Eine Studie Der Stiftung Wissenschaft Und Politic (SWP)(科学と政治の研究法人?)と言うのか、ヨーロッパの機関がこの問題を検討していたのか、見解が載っていた。

中国と日本、アメリカとこの問題については中間的な介入、助言などが出来る。ヨーロッパはもっと積極的にこの問題に・・・・ひとつの見解

この防空識別圏は、あまりにも多様な国が関わってくる。非常に難しい慎重に・・・・と言う見解。


いずれにせよ、ざっと読んだ傾向としては・・・・・「領土問題は存在しない」と一点張りの日本は、「領土問題はこんなに緊迫」と言うことを知らなければならないということになるようだ。

日本の首相の何らかの表明は必要。と言う感じだ。


チューチッヒ   扶美

[PR]
by swissnews | 2013-11-26 20:45 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

ユーロニュース・阿部首相と橋下市長の顔拡大旗の下で、抗議する韓国人軍人。

d0179466_063244.jpg



d0179466_0103084.jpg



チューリッヒで一番多いと思われる並木。西洋トチノキ、ドイツ語ではロスカスタニアン、白い花と赤い花の木がある。

私のブログでは偶然に聴いたり、見たりした日本のニュースを皆さんにお知らせするのが趣旨です。

日本を励ます為に日本の良いところ、おいしい所をさがし、知らせるブログが圧倒的に多いようなので、私は日本人にとって多少不愉快な事でもなるべくここに書くことにしたのだ。

ユーロニュースのことはもう何度も書いてきたので省略するが、ノーコメントという報道のつなぎ時間がある。まったくの動画だけで、市と国名だけでる。訳はないし、何をしているかちょっと自分で考えることになる。なぜという疑問は、後で、その日のニュースを見れば大体答えはでてくる。

昨日、23日、ソウル、韓国というタイトルで、大きな旗に描かれた阿部首相と橋下大阪市長の顔が高々と掲げられ、その下でシュプレヒコールで士気を挙げている軍服韓国人の集団が映った。

韓国の熱気ある、忍耐強い集団抗議は、このノーコメント画像では、常連というほどしょっちゅう取り上げられる。抗議目標が自国の何かであったりするか、中国であったり、日本である。

布製の旗に書かれているのは日本の主要政治家の顔らしいということは、解釈なしでも欧州人ならすぐわかる。

・・・・・又か!・・・・やってるな・・・・・相変わらず血気がある・・・・・又、日本が何かしたのか・・・・隣どうし似たものどうしがため息がでる・・・・(いい加減に両方やめてほしい。これは、ユーロニュースを見ている多くの日本人の感想だろう)

アジア歴史に詳しい専門家が、私の子供にメールしてきて、それが転送されて私のところに届く。正直言って私はいろいろ無知だったことがわかる。

1996の国連の人権委員会により報告されたいわゆる「ラディカ・クマラスワミの報告書」で、当時日本軍がアジア人やオランダ人女性を犯したことは証人ある報告として次の年4月に決議されたことである。具体的に日本が謝罪すべき事、その後の教育責任など書かれているようだ。つまり世界的には一応このような見解が一般的に知られて受け入れられている。

その後日本人証人などの、不服意義があったりでいろいろ、主に日本国内でこの決議に反対する気運がまだまだあるようだ。それならなぜ今まで、国連の判断に正式に反対して修正を求めて来なかったのか

国内でもう何人の政治家とか、ジャーマリストが「慰安婦などなかった」といい、国民が「そうだ!、そうだ!」といっても国連の見解に影響を与えるほどの力にならない。そのような力を持つ日本人がいなかったのだ。それなら「黙る」ほうがいい。

結局は他国に対する憎悪をあおるだけで、多くの時間とエネルギーを失うからだ。

今回の支離滅裂な橋下市長の個人的な話など聞いても面白くない。そんな時間などもったいない。「英訳」が悪いとか、あまりにも情けない。理解を得たって、得なくたって、具体的な要求がまったくわからない。何を変えたいのか。何をしたいのか。国連の見解を修正する力があるのか。

昔、「銭湯」で、ある権力家のおじさんがいつも大きな声で他人の批判をしていた。その声は、女湯まで響き渡り、子供心にも、いやな思いをしたことが思い出される。今回の橋下市長の言動は、日本にいない私には、情報が少なくそんな「銭湯で威張っているおじさん」しか印象がわいてこない。

女性の皆さん、「まあまあ」といい加減な妥協してにないで徹底的に、責任を追及してください。

「日本の女性は、これほどの女性の人格を卑下されても結局何も出来なかった」と、海外の女性にもがっかりされる事にならないことを願う。

チューリッヒ   フミ

[PR]
by swissnews | 2013-05-24 19:24 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

大阪市長が戦時中の強制売春を正当化・ドイツ語メディア

まずひとつはNZZ(スイスドイツ語圏新聞の最高権威新聞)が「大阪市長が戦時中のZwangsprostition(強制売春)をverteidigt(弁護する)」という電子記事がでた。この記事は(afp)の報道をそのまま取り上げている。

内容は日本語で報道されている通りのコメントなしの訳であるようだ。戦時中の軍はこのような慰安婦は、軍隊の士気を奮い立たせる意味で、どこの国でも必要性が正当化されていた。などなど・・・・

韓国と中国は火曜日、この見解につき、veraergert (立腹)させられたと伝えた。

歴史家間では、第二世界大戦中に、韓国、中国、フィリピン、その他の国の20万人の女性たちが、日本軍人によって強制売春させられ、暴行を受けたとされている。

日本の政府は、この女性たちに対する犯罪に対して謝罪をしているが、責任はいまだとっていない。


もうひとつは、ドイツ新聞「Die Welt」(世界)の電子記事で長い記事だ。

「(日本の)市長が強制売春を rechtfertigt (正当化した)」

この記事でも、やはり20万人の慰安婦と書かれていて、これは軍人のDistiplin(教練)や士気を保つ為にnotwendig必要な事であった。

さらに、この売春はFreiwilliger女性の自発的なものであり、強制的に行われた証はないと、大阪市長が言ったと書かれていた。

これに対しての、韓国の表明は、「(日本の)このようなProvokation(挑発的表明)は始めてのことではない」さらに、何度も言われていることだが、「日本の反省のなさ」を(韓国が)説明していた。


************

もういい加減にこのような記事は読みたくない。日本は一体どうなってしまったのだろうか。いっそこのような右より戦争ノスタルギーの政治家が集まり一軍作って、ハチマキして、国旗をもって、もしいるなら希望売春婦を連れて竹島でも、尖閣島でも立て篭もって日本を守ってみては。

これだから韓国の朴大統領の言うように過去の歴史を国全体で問題処理しない限り、未来へ進めないという意味がハッキリしてきた。日本はいつまでも国内で議論し続ければ言いし、それだけ世界から遠のき、時間も失う。日本の代表が韓国の大統領のようにアメリカの議会で講演できるような待遇を受けることは、まず将来もないだろう。

それに、人権や女性問題に敏感な欧州人には、女性を侮辱するこのような発言はまったく相手にされないだろう。

結局、橋元知事は政治家だから、このことで大阪に何をどのように政治していきたいのか。変えて行きたいのか。ビジネス男性を援助する為にもっと風俗施設を増やしたいのか。何を目的にしてるのか?

あるいは、歴史家として新しい見解論文をを世界に発表するのか。なら最初から英語で、それを載せてくれる研究雑誌を探す事だ。




記事の続
き・・・・・・・・こちら・・・・・・・・・


チューリッヒ  フミ
[PR]
by swissnews | 2013-05-15 06:06 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

隣国を怒らせる日本・靖国神社参拝や尖閣ボートコントロール

ヨーロッパで一番聴衆者の多いテレビ番組が、ユーロニュースだと最近明らかにされた。このプログラムは24時間放映で、ヨーロッパ共通の番組で、選ばれた共同の編集局で編成される。そして各国語(20から30?)に訳され報道される。

10分ほどの国際ニュースは大体6時間ぐらい30分おきに同じニュースが繰り返される。だからここに取り上げられると多くのヨーロッパ人が観て、聞くことになる。それだけでなく選ばれた3つほどの重要ニュースのタイトルは15分毎に短く予告されるされる。今日はこの「隣国をいからせる日本」というのが聞こえた。

「隣国をいからせる日本のボートパトロールと閣僚の神社参詣」という早口のタイトルだ。

内容は、尖閣島をめぐる領土問題で、日本のナショナリスト団体10隻のパトロール船が中国船の8隻の海洋監視船を刺激し、追い返したということ。この島をめぐってのいさかい。この島周辺には豊かな海洋資源や地ガス埋蔵があるといわれている。・・・・・尖閣の島々と大小のたくさんの船が映った。

もうひとつは、中国や韓国を怒らせるもので、戦犯を奉ってある靖国神社に閣僚や、多くの愛国的議員が参拝した事である。・・・・靖国神社の映像と、議員さん集団が正装して廊下を歩いているところが映った。・・・・・

(こちらの感覚としては、ドイツ人政治家がヒットラーの墓に参詣するような事。一般犠牲者と戦犯を一緒に奉る理屈が理解できないということだ。)

最後の言葉は、それに(隣国の反応)対して日本の麻生財政大臣が「それは問題ではない。(にはならない)」と表明しているということだった。

ついでに今日の10分ほどのユーロ国際ニュースで同じ時間に報道された動画ニュースを紹介すると・・・

・・・・カナダでイラン系のアルカイダテロリスト2名が橋の破壊実行前に逮捕された。それに対してイランの公のコメントでカナダの早急な表明は遺憾であること。

・・・・スペインでもテロリスト疑惑者が2名逮捕された。その他13名の名があげられている。

・・・・ボストンマラソン爆発事件のその後。19歳のテロリスト弟の裁判。29歳女性被害者の葬式。

・・・・リビアのトリポリのフランス大使館前の爆発。フランス首相の遺憾のコメント。

・・・・イタリアのナポリターナ新・旧大統領が新しい内閣を形成する準備。

・・・・パキスタンのウシャラック旧首相逮捕

・・・・フランスの同姓愛者の婚姻法が可決近く


この靖国神社参拝のニュースは、夜のドイツやスイスの国営ニュースでもきっと報道されるだろう。あるいは明日の新聞に載るだろう。Tagi新聞 では、2日前にKeiji Furuyaという政府関係者が参拝したことがすでに載っていた。
 

チューリッヒ  フミ

[PR]
by swissnews | 2013-04-23 23:31 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

ドイツ語メディアで聞いた南京大虐殺75周年記念式典

昨日と言っても12日のことだが、いつものようにドイツテレビ朝のマガジンを見ていた。その中のニュースは30分毎に繰り返される。

1937の12月12,13日は旧日本軍が南京で中国人軍人や市民を虐殺した日にあたり、75周年を迎える。「南京大虐殺記念館」で行われた追悼の模様が報道された。
d0179466_15434012.jpg



第二次世界大戦時の、日本軍の中国侵略と、この残忍な行為を説明していた。他の報道では9000人が参加したとあったが、犠牲者は20万人と報道していた。二回目のニュースで写真を撮ったがさすがのキャノンでも私の腕では、ピントを合わせることができなかった。

参加者には、写真のように若い人たちも多かった。

ドイツメディアでは、自国の反省もあり、二度とナチスのようなファッシズムがおきないように事あるごと国民にその悲惨さを知らせ、警告する。

ドイツでは、毎年、国家最高の大統領や首相が、イスラエルの記念館や、ドイツ国内にある収容所の式典に参加し、頭を下げる。

日本の代表がこの「南京式典」に参加したと思うのだが、ぜんぜん聞こえてこない。どうなっているのだろうか。

*************

北朝鮮の「ミサイル・ロケット」?(どちらかハッキリしない、時々違うので)は発射については、かなり前から沖縄に向かう日本の防衛の為の大きな軍艦や、地面に並ぶたくさんの送迎機の映像も映り、気持ちが悪くなった。

発射後の対応については、日本の防衛大臣の姿や、韓国の大臣のコメントする姿が映った。勿論、アメリカ、国連、EU、中国のコメントが報道された。

************

昨日のユーロニュースでは、中国の巡回軍機が、尖閣島の上空に現れ、日本の軍機が追ったなどと益々いやなニュースが続きました。

**************

ここでは書きませんでしたが、日本の将来、右翼化、軍国主義に近づくとか、新しい政権?に動きがあり、一時的にも経済に活気がみられるという説などがいろいろです。

The Wall Street Journalの肥田美佐子記者の記事「世界が右傾化日本に「ノー」、総選挙前に」は、英語圏コメントの総括と言えるが、ドイツメディアも似たようなものである。

中国や、中国人を抜きにしては世界は成り立たない。皆さんはどれほどの中国人が世界に広がり、すべての分野で、重要な役割をしているか知らないのかもしれない。中国が好きでも嫌いでもそんな事はどうだっていいのだが、ふつうの国際交流にそれぞれの国が努力をしてる。

中国と戦争などのリスクに持っていくことだけはやめてほしいです。本当に。日本がせっかく築いた高く豊かな、権威、財産的優位、名誉、文化などすべて失ってしまうことになり、補助してくれる国など無いと思われるからです。・・・・・私の個人的な心配。

チューリッヒ  扶美

[PR]
by swissnews | 2012-12-14 15:41 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(2)

ドイツ大手新聞Diaoyu(尖閣)島についての中国所見公開

10月24日 、ドイツ第一級の新聞 フランクフルト・アルゲマイネ(FAZ)が現在取りざたされているDiaoyu(尖閣諸島)ことについて、その問い、問題、疑問(zu Frage)に対する中国の主張というか、見解(Artikel)を中国の大使館Botschaftの名で公開した。

FAZ は、ドイツ経済の中心地、フランクフルトのどっちかというと経済紙といえるが、世界的に権威のある新聞だ。私には、この記事が、FAZの中国大使館にした質問の結果なのか、中国がこの記事をFAZに公開しいてくれるように依頼し、FAZが取り上げたのかはまったく分からないが、記事は、中国側が書いたものその通りを取り上げたもので、FAZがコメントした言葉や、文章はひとつもない。

2ページほどになるこの記事は、結局、Diaoyu島は、れっきとした(souverenen, unbestreitbar)疑問の余地のない、中国固有の領土である事を主張説明している。

・・・・14世紀にこの島が発見されて以来、Diaoyu(釣島) と命名され、他の島と同じように南シナ海の大事な航海のしるしとして役割を果たしてきた。

・・・・それだけでなく、世界の航海地図に、また日本の地図にも、この島が中国のDiaoyuの名としての記録されている。(台湾も)

・・・・1985第一中国・日本戦争で敗戦し、日本の下関の調印でこの島が日本の占領下におかれることを強制された。

・・・1943,12月、日本の天皇の敗戦宣言で、日本が がGeraubten 強奪されたすべてのの島、台湾や釣島が又中国に返還されるべきことになっていた。

・・・・1945,7月26日、天皇との間(Beschtimmung、確定というか協定のようなもの)で、日本は本国4島以外の島は放棄するということであった。そして昔中国に属していた島がすべて中国に帰ってくることとなった。

・・・・釣島を日本の領土だとする日本の主張は、Grundlos根拠のないことだ。

・・・1951に琉球がアメリカ軍の統治下に置かれたときは、この釣島は含まれていなかった。

・・・1953に釣島はしかし、米軍に一方的にWillkuelich 勝手に拡張されてしまった。

・・・1972に一方的に琉球などが日本の統治かにおかれることになった。しかしこの対応は、Voelkerrechtlichen Grundlage 民族国際法の基礎的な土台を欠いているもので、アメリカの国家としても、(異論があり)管理する権利はあっても、釣り島の領土主権は同じものではないという見解があった。

・・・・中国は、それ以来常に平和的な解決(話し合い)を日本に訴えてきた。

・・・70年代以後の事まだたくさん書いてありますが、皆さんはきっと知ってる事で、もう読むのも書くのも飽きた。(気が向いたら又書く)

・・・・この記事は、Pressesprecher (メディア代表代弁者)der chinesischen Botschaft (中国大使館) とサインがありました。

*************

問題は、内容よりこの大きな新聞がこのステートメントを公にしたことです。

こちらの人は、どっちが正しくても大して興味ない。それは、フォークランド島の闘争や、ジブラルタルの争いに、日本人が、あまり興味を持ったり、感情的に加担したりしなかったと同じことです。どれほどの日本人が、正しい歴史的知識をしらべたりしたでしょうか。それと似てます。日中間のこの島の問題はむしろばかばかしい他愛ない事として映っているので、それは仕方ないでしょう。

今回の尖閣等問題はしかし、経済的に大国2と3のの葛藤であり、1番のアメリカもかかわっているから新聞でも取り上げるのです。感情的には高みの見物だとしても、経済的な影響がいずれにしても甚大だから。

ある程度、中国はいまだ植民地時代の被害国としての同情も大きな意味を持ってきます。

あるとき30年ぐらい前か、ダンスの仕事で韓国人ダンサーとチャンスとを争う事になったとき、その優雅な韓国人が仕事を得ました。その後で、聞いたことはやはりいろいろな見方でしたが、ダンスと関係のないことでも話題になった。スイス人などに「君は韓国人が嫌いなのだろう」とか、「どうして日本人は他のアジアの国民を軽蔑するのか」言われたり、ちょっとした事でもも誤解されることがそのとき分かりました。だから注意をするようになった。

当時、日本からやってくる官僚や、企業家には鼻が高く、中国人韓国人、アジア人をずいぶんさげすんだ言い方を何の考慮もなく大声で言っていた人が多く目立ちました。お金をばら撒くいやな日本人と、丁寧すぎる親切で明るい、ナイーブでかわいい日本人、日本人根性精神論が励みになってる人、技巧的優秀な日本人、一般に賢い在瑞西日本人母親(私のことではないが)、優秀な研究者、教育熱心で勤勉な日本人と、といろいろありました。

このような海外人が捕らえる総合した日本人像と、メディアで絶え間なく報道される日本の国家像が、日本と中国の遠いところで起こっている摩擦を、理論的だけでなく、表に出て来ない潜在的な感情的として影響を与えているのだなと感じます。

中国人や中国に対しても同じだ。

現在は、ここに住む日本人は一人一人の人格が問題にされ、日本人とか言う全体として扱われることはまったくない?といえる。

このようなFAZの記事は訳され、日本のメディアが取り上げてくれるべきだと思う。内容がどうであれ、戦略的に世界の必死な緊急感を知ることが出来るでしょう。いつもスマートでいたがる日本人が危機感がないというのはこんなことも一例か。

国際裁判とか言っても、こうなってはどっちかの国だけに、100%有利になる審判が下る事などぜったいにないのが前例だし、妥協意外には解決はないと思うのがこちらの一般的な考えだろうと推定する。

チューリッヒ 扶美

d0179466_21265371.jpg

[PR]
by swissnews | 2012-10-26 18:14 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

六本木で中国の反日デモに抗議デモが・・・

もう寝ようがと思って、ちょっと読んだニュース。これは日本のメディアではみなかったので、お知らせします。

スイスのNZZとBLICKの新聞や、ドイツの新聞も取り上げていた記事。

先週から中国で行われた日本尖閣購買に対して起こった過激デモに対して、22日、日本でも始めて反中デモがあった。これは中国大使館の近く六本木であり、およそ800人が日の丸の旗を掲げて行進した。大きな写真つき。

中国の(Brutalen und faschistischen Staat)残虐、粗野でファッシスト的な国家に対する抗議であった様だ。

・・・先週中国多都市で起こった反日デモに付いて、その原因、経過が書かれていた。

・・・トヨタ、日産、ホンダそれにパナソニックやソニーなどの工場が破壊され、一時運営生産が妨げられ、被害をこうむった。

・・・この日本のデモ行進は、中国人とは違い、整然として行われそのことそのものが抗議の目的だ。

我々も(Wuetend激怒)頭にきている。しかしお前たちのように(中国のように)物は破壊しない!



チューリッヒ 扶美

[PR]
by swissnews | 2012-09-23 06:11 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

尖閣購買・他国の心理や心情を戦略に入れない「お山の大将的な外交」のつけ。

19日の新聞国際欄、全一ページが尖閣問題で埋められていた。中国と日本の特派員がそれぞれ半分ずつ書いていた。

大きなタイトルは、「党がデモをやらせる」。1931年の記念日に寄せる「毛沢東がかえってくる」という整然とした毛沢東の写真を掲げたデモ行進の写真がついている。そのページには、Dokdo/Takeshima とDiaoyu/Senkakuの東シナ海の略図があった。それともうひとつ、小さいが旧日本兵が中国人捕虜を、地下にいれ生き埋めにしようと準備している残虐な古い写真が載っている。(ショクだった。新聞を開ければこのような古い写真はどんな読者でも目を留める。階上に住むポストに勤めるおばさんもきっと目にとめたに違いない。)


内容は、もう日本でさんざん報道されているように、党が演出したデモでもあるが、(日本人はそれみろ、デモは本当はしたくなかったのだが共産党が強制したのだ。ただの鬱憤晴らしだと解釈したいようだが)日本の侵略がはじまった日などにかこつけて、愛国心反日感情をあおられた。複雑な中国の権力争いの事情が長々と書いてあった。中国も失うものがあるし大変だ。

日本側は、今までのいきさつが繰り返しし書かれていて、最後に、「国辱の日」にちなみ、旧日本兵の「中国人を人体実験にしBIO有機兵器の開発」などが行われ、また南京市民虐殺の事も改めて記述されていた。

スイスインフォの専門家がいろいろなスイスのメディアをまとめています。ぜひ参考に・・こちら・・

関連記事前のブログ・・・・・
こちら・・・
*********

私個人の感想・・

・・・・この「尖閣購買」が、よりにもよって「40周年日中友好記念日」や「国辱の日」さらに中国の最高トップ9人が交代する複雑なこの時期に行われたのは、隣国の国民心情や情勢をまったく知らなかったのか、知っていてわざと挑発したのか、どんな戦略があったのか、その結果は当然計算されていたはずだと思うが、そうではないようだ。こちらの一般市民は、只、東京知事のナショナリスチックなポピュらリズムに押された日本の首脳政府に対して信じられない思いをするだろうと。すくなくとも2人の平均的スイス人知人が気の毒そうに言ってくれた。

・・・「領土問題はない」といっていたのは嘘である事が世界に知れた。つい先ごろ、日中の首脳はウラジオストックで、そう確認しあったばかりと読んでいたが。

・・・・・このツケの結果は、誰が反日デモをコントロールしていても、中国人の行為が如何に醜くても(どんな反応を起すかは世界が知っている事で、今までいくつも例がある)、どんなに日本が法的に正当性を証明できても、隣国の「憎悪」を又再熱させたことには変わりない。お互いに次の代まで継ぐ「憎悪」の遺産をまた産み付ける事になったことは確かだ。

・・・世界経済機構(OECD)が、日中間の領有権争いが、世界経済の回復足かせの要因であり、又逆戻りになったと表明した。日本は他国にも、自国にも責任があることになった。

・・・わざわざ日本は今回、第二次世界大戦中、隣国を植民地にし、残虐な支配をしてきたことを世界に思い起こさせた。まあそのほうが良かったのかもしれないが、それは日本在住の日本人が改めて知るべき事かも。

・・・隣国の心情に無神経な戦略を推し進める日本政府のやり方が、「他国の心理が読めず」「外交鈍感」「外交音痴」「世界は東京中心には動かない」など日本人知識人の批判が読めるほど、海外の常識からするとその言葉を証明した。

・・・丹羽宇一朗、前中国大使が「今国有化したら大変な事になる」といっていたではないか。クリントン外務大臣も、英国新聞、ドイツ新聞も皆、警告していたではないか。日本の世界を知らない官僚たちの高をくくった態度が、どれほど長く、日本を痛めつけるか想像もしてなかったのか。・・・

********

スイスもいろいろ困難があり失敗もあった。しかし、少しは学習する事もある。ちょうど2年前にもなろうか、スイスアルプスの氷河特急が脱線し、日本人の死者一人、負傷者多数がでた事故を思い出せましょうか。そのときとったスイス観光局や政府の対応の早さを紹介したい。

日本人観光客は大事なお客であるが、特別な習慣や心情があると聞く。彼らをさらに傷つけないことが第一だと悟った。東京に滞在中の日本を一番深く知っているスイス人をすぐその数時間後に帰国させ、知恵を窺った。2日もしないうちに、彼をはじめトップ大物関係者がぞろぞろ、「お見舞い」を手に手に、日本人が収容されているいくつかのの病院に訪れ深く謝罪し、慰めた。その後大きなトラブルにならず誠意的な交渉が可能になった・

このような小さいことでもスイスでは重要視する。それは政治的な戦略になる。他国をよく知る事。その筋の専門家を育てる事。国益を考える事。問題は初期のうちに早く解決する。こんなことがコミュニケーションの土台になるから。

***********

・・その他に、日本の突然の日銀の講じた「追加緩和」のことがニュースとしてあった。

・・・日航の再上場のニュースもあった。

チューリッヒ  扶美


[PR]
by swissnews | 2012-09-21 17:12 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

ユーロニュースの日本の国の宣..
at 2017-10-20 16:05
日本も Wind of Ch..
at 2017-10-18 04:56
オーストリア首相選挙も、80..
at 2017-10-17 04:19
選挙に行くのは当たり前・在日..
at 2017-10-15 20:18
写真おすそ分け・立憲民主党演..
at 2017-10-14 22:13
Twitter から
at 2017-10-13 22:59
スイス紙・神戸製鋼所の品質デ..
at 2017-10-12 22:41
スイスにあって日本にないもの..
at 2017-10-11 04:37
いまどき立ったままでレジする..
at 2017-10-09 22:40
ノーベル賞受賞者のいろいろ
at 2017-10-07 03:57

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活