<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

報道され続けた3.11事故と先送りされる問題

ユーロニュースで、除夜の鐘についてあるお坊さんがインタビューに答えていた。鐘が108回打たれる意味は「四苦八苦」を忘れ、悪い事も水に流し,新しい年を迎えることにあるらしい。ということは、こちらの「懺悔」にも似ていて、日本でも失敗は許され新しく出発できる希望があるということだ。

年が変わって目を覚ましたとき、3.11に起こったことが「悪夢」としてなかったことと思えるのならなんと幸せなことか。しかし現実は歴然としていて、胸の痞えは残る。しかしこの痛みは、努力によって、小さくしたり、軽くすることは出来ると信じる。

こちらのメディアではどこでもこの出来事を重大事件として報道していた。津波や原発の事故の様子が動画として又何度も繰り返された。新聞でも福島原発事故の審査の中間発表が記載され、東電や政府に対する厳しい批判が書いてあったが、スイス人にとっては新しい情報はほとんどなかった。2日前にも、東電が国有化されるかもしれないという皮肉な記事がでた。

今日、新聞の一ページ(45x30cm)を埋める記事がでた。Tomohiko Suzuki 氏の会見を基礎にしたものである。彼はジャーナリストであるが、夏の間6週間ほど派遣労働者として現場で働いた。腕時計にカメラを仕掛け、写真も写した。新聞にはそのひとつ、白い作業服とマスクをつけた作業員がいすに座り出番を待っているところである。Suzuki氏の顔写真も小さく載っていた。\

「日立と東芝の相容れない見解の相違」「節約したい政府」「ヤクザ関係派遣者10%」「測定値の偽造やもみ消し」「途方にくれた東電の対応」その他いろいろ・・・・・・・・

********

外にいる者には、今年も進展なく又年を越し、「先送り」されるいろいろな問題が忌々しく思われる。結果しか見えないからだ。

例えば・・・・10年来のデフレ対策というか、構造改革も先送りだからだ。日本の個人大資産家たちの中には、投資し、金を回すのを嫌う人がいるらしい。それがかなりの停滞になっているという事を聞いたり、それが国内の治まっているので良いとも聞く。どうなのでしょうか。天才的なシンクタンクが集まって努力をしてもまだまだこの状態が続くのでしょうか。個人は何をすべきなのでしょうか。

スイスも大変であるが、お金を使わせ、回し、助け合うことが良いとされ、そのアイディアが必要とされている。どのように上手にお金持ちにお金を出させるかという事だ。それに、金持ちも、そうでない人も相応に楽しむために出費させるアイディアも必要だ。つまり政治が大事だ。

スイスの失業者問題も大きいが、嘆くより、どんどん自分で職業をつくっていく。あるいは、私なんかでもたいした役に立たなくても、失業芸術家と一緒にプロジェクトを立ち上げ、財団法人や、市、州に働きかけ援助を願う。そして収入で元をつくり、利益を分け合う。

健全なお金を回す為には、又、税金の確実な徴収も大事とされている。ギリシャのように税金を納めないことが平気になっては大変だからだ。

さて、今日はついに年越しの日になってしまったが、期待できる事も沢山あるようだ。ブログ、ツイッター、フェイスボックス、ソーシャルネットワーク・サービスというような新しいメディアが広がり、それを通じてプロフェッショナルな議論が盛んになったように感じるからだ。行動力、スピード感もすごい。2年前よりずっと面白くなったと思う。

もうひとつ良い評価されていたテレビニュースがあった。野田総理大臣が中国訪問の際交わされた「両国の金融市場の発展、金融連携」の事であり、これは、EPAなどの基礎になる段階で,両国にとっては大変いいことだと解説されていた。これは、発展があった良い例なのかも知れない。

又、今までは、海外在住者や、海外で勉強したものの意見は、「煙たがられ」海外かぶれとか言われて無視されることも多かったが、今は耳を傾けてくれる一般日本人も増えてきた。世界のことは知る必要がないが、世界の人が自分たち日本のことをどのように見ているかについてだけは、興味シンシンだという日本人だけでなく、日本はこうだと発信する日本人も多くなったようだ。

皆さま、良い年越しを!


チューリッヒ            F.S.

[PR]
by swissnews | 2011-12-31 08:49 | 原発・福島・東電 | Comments(0)

ギリシャの次は日本か?

日本に関する報道が続いた。

・・・・「ギリシャの次にくるのは日本か?。いつでもありうる。」これは私がつけたタイトルだが、そんな内容だった。この記事は、Hirohisa Fujii ex Finanzminister の見解とあった。藤井裕久元財務大臣の事に違いない。

かなり長く日本の「円高」などについて述べてあったが、元大臣の言う事には直接危険なのは「円高」より、「国債」の増加であるという事だ。

日本の国債は世界的に抜きんでているが、その95%は、国内の銀行や、個人資産家、企業機関に納まっているので、ギリシャや、イタリアなどと違うという安堵感がある。その理屈は当たっているかもしれないが、もし、欧米の危機が日本に影響し、集中してきて、国債値が低下し、イタリアなどのように突然、Zinsen 金利が高揚すると、国家だけでなく、銀行、建築家屋所有者に困難をもたらす。そんなことは明日にだっておきるかもしれないという彼の見解であった。

(本当に、消費税上げても、社会福祉にかかる費用が追いついていけないかもしれないし、国債が、他国に買われていくようなこともあるようだと聞いた。)

・・・・・ついこの間、野田総理大臣の姿が、ユーロニュースに映り、「冷却は出来ているのでステップIIは終了をみなす。」と発表していた。こちらの専門家が「完全な冷温停止」ではなく、科学的なステップというより、政治的なステップの意義が大きい。まだまだ解明されていない部分が大きいとコメントしていた。

・・・・・今日、二つのニュースが続いた。そのひとつは、枝野大臣と、東電が、福島原発の廃炉までの過程を説明している様子が報道されていたことだ。廃炉まで、30から40年がかかる。(分かっていた事とはいえ、気が遠くなる。)2年以内に、溶融燃料を取り出すことが目標とされ、そのための研究に投資することが決まっているようだが、例えそれを取り出しても、どこに、どのように保管するのでしょうか、そんな事も、日本側とこちらの専門家がコメントしていた。

(まだまだ人間の今までの研究では解明できてないことが沢山あるようだ。例えば「もんじゅ」など、もし失敗すれば、関東地方はもう大変な事になる。「核分裂」でなく、「核融合」なども研究されているが,国際的政治的な問題のほうが大変なようだと聞いた。)

・・・・もうひとつ、ユーロニュースでは、オリンパスに、ついに捜査の手が伸び、黒い背広を着た役員が物々しくオリンパスのビルに入っていく姿と対象に、工場で働く白い服を着た作業員が黙々と仕事をしている姿もうつった。

3週間ほど前にもチラッと言われていた事だが、この損失隠し事件には、リヒテンシュタイン人と、ドイツ人も関わっていて調べれれているようだ。

・・・・・今日の新聞に、小さな短い通信記事だが、アメリカから戦闘機Fー35という(その能力はまだ未知らしいが)新しい製品を42機買うことが決まったらしい。日本の回りの地域を防衛する必要があることが理由らしい。


チューリッヒ         F.S.

[PR]
by swissnews | 2011-12-22 04:11 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

スイスの学校の学習評価

前回、スイスの中学生の容姿の違いについて書いたが、ついでなので、学校の学習評価について書くことにする。

あるスイス人の家族が、10年前まで日本にすんでいたが、子供が小学校に入る時にスイスに帰ってきた。日本の幼稚園はすごく気に入っていたが、学校の学習評価がスイスのほうが良いという理由であった。

それは日本の学校では生徒が、そのクラスの特定の%にあわせ必ず、平均か、その上か、その下かで評価され、同じ学校にいる限り、下のものが、上にあがるのはむずかしい。大体、平均と評価される感覚が、欧州とは違い、平均的レッテル、それ以下のレッテルを固定されるのがたまらないという事だった・。

私は日本でも教員をしていたのでそのときの事と思い出した。少数でも、特定の%の生徒に、最低点を与えるのが苦痛だったことを。(今はどうなのか分からないが)

スイスで25年近く教員をしていたのでその違いがよく分かる。こちらでは、絶対評価というか、全員よけれが、全員良い評価がされる。あるいは、全員だめなら、全員落第だ。私の大学に入学志願するドイツ人やオーストリア人の高校卒業の評価を見ると、スイスと同じシステムだということがわかった。

基本的には、それぞれの教科の先生が、自分が学期末に達成したいレベルを事前に通達してあるので、生徒は少なくてもそこまでがんばる。そのレベルに達したものは全員、次に進む。クラス全員のときもあるし、70%の生徒しか達せないときもある。

私の芸術大学ではこんな感じだった。その学校でそれぞれ表現を考えるようだ。大学では公には違う評価になるが、校内の職員の間では、退職前までは高校までの慣習を基準にしていた。

6・・・・ブラボー。抜きんでている。5.5・・・・最高だ。素晴らしい。5・・・・立派だ。なかなか良い。4.5・・・・良い。4・・・・まあまあだ。達成したとみる。3・・・・不足だが補うチャンスはある。2・・・・落第。1・・・違う学校に推薦する。(ドイツでは、1が最高で6が最低)

この4が基準で、4がもらえれば、みなそろって又同じスタートラインに並び、勉強できる。意欲が出来る。3以下は少ない。

私の経験から言うと、大体60から70%の生徒が、4から4,5の評価になるが、平均という言葉は使わない。平均という意識もない。抜きんでた人はやはり数%しかいないのが普通だ。先生も自分の目標を達する為いろいろ工夫するようになる。病気とか事故とかが原因で、多くの教科が3とか2になれば、職員会議で話し合う。

生徒は結局、認め合う気持ちが強くなり、4以上になったもの全員がおたがいにご苦労様という感じになる。


スイスの山もきれいだが、スペインの山も、アフリカの山もすごい。日本の食べ物もおいしいが、イタリアや韓国料理もそれぞれおいしい。君も考えは、確かにこの部分は独創的だが、私のここのところが君と違う視点で推薦したい。このように考えるようになる。

学生にフィードバックする時は、私の場合は、いつも3つの強いところを褒める。ひとつの負の点に触れるまえに、長所をモット良くするにはどうするかと問うと、生徒は自ら自分の弱点に気づくことが多い。そしてそれを克服する対策をその場で具体的に発見することになる。

大体欠点などというものはいつか違う状況では長所になることになるのだから、欠点と言う言葉を使わない。特に性格などは長所、短所と決め付けない。

日本の教育の強さもある。違うスイス人の家族は、日本の暗記する能力を子供たちが得たといって喜んでいた。創造力は、親が家庭で補っていたといった。


チューリッヒ         F.S.

[PR]
by swissnews | 2011-12-16 22:22 | 教育・宗教・人材 | Comments(1)

「未来の友達」スイスの中学生が日本語で歌う。

何度も紹介したが、スイスの国が援助しているSwissinfo.chというブログがある。スイスに関する事を、世界に報道する為に、それぞれの国の記者が自分の母国語で発信している。

数人の日本女性が(記事を読むかぎり)何年住んでいても知らなかった面白いこと、新しい出来事を書いてくれるので楽しみにしている。

今日、「未来の友達」という動画についてかいてあり、これはすでに一万回以上ユーチューブでアクセスされているという事だ(
Youtubeリンクはこちら)。スイスのベルン州の中学生が、東日本大震災の被害者にメッセージしたオリジナルの歌を日本語で歌っているのだ。詳しくは、スイスインフォで!

私はもう3度ほどこの歌を聴きましたが歌詞もいいし本当に真摯なきもちがつたわってくる。
これをみた皆さんは何を感じるでしょうか。今日は、スイス人の子供のさまざまな容姿について一言・・・。

こちらの学校は、特殊な伝統的私学以外制服というものがない。服、髪型、化粧、アクセサリーはすべてプライベートな事なので、学校の先生は一切関知しない。もちろん、何かの作業で危険を伴うと思われたときはそれぞれの判断がある。

子供の公開授業参観日に行けば、まず父兄の民族性がさまざまであるし、名前からしてだいたい判断できる。とくに思春期の中学生は髪の形がさまざまである。当時、息子の友達は、「雄鶏」の頭のように、虹のような色の髪の毛を立ち上げていて、会うたびにに色が変わっていた。息子も一度丸坊主にした。しかし今は、二人ともまったく平凡な面白くない髪形をしてるただの成人だ。

女の子も安いアクセサリーを工夫して自分の個性を研究している。思春期の子供たちの悩みや興味は世界中同じだ。スイスの子供たちは、体型、肌の色、髪の毛の色がもともと違っているので、はじめから「ナンバーワン」を狙わず「オンリーワン」に磨きをかける。

この画像で分かるが、日本人中学生に比べると一般に、体も大きく、成熟も早いと思われいろいろな問題もある。性犯罪、アルコール、麻薬などの誘惑は大きい。その反面自分を防御する知恵もつく。

今年の2月に北国に里帰りしたが、この寒いさなか、雪も北風もものともせず、ものすごい短いミニスカートで、上肢を丸出しにしている女子高校生か、中学生か分からないが、グループを組んで歩いていた。制服を着た少女は皆このミニスカートだ。日本の女性も魅力的な体型になり、とても頼もしく、すばらしいと思った反面、将来の健康のことを考えてしまった。

昔の友達の孫さんが高校に入って、やはりミニスカートを履きだしたが、彼女の言う事によれば、みなと同じ短さでなければ「いじめ」られるので仕方ないのだそうであった。例外なのだろうか。

考えてみれば、私だって同じ経験をした。東京で初めて学生として一冬過ごしたときのことだ。当時「ミッチーソックス」というのがはやり、田舎物と思われたくない一心で、ソックスだけの素足で耐えた。毎晩、紫色になった足を暖めるのが極楽であった。その後、ひどい冷え性になったのはそのせいだと今でも確信していて、後悔している。

話がずれてしまったが、スイス人音楽家のこのアイディアは、出来てみれば感心するが、何でも「ゼロ」から立ち上げるのは大変な事だ。アイディア、共感、チームワーク、実行力がひつようになる。

それが「一」になってしまえば、「二」になるのはむしろ簡単だ。「三」のステップにもなる。きっともっともっと発展していくかもしれない。どうぞ
ユーチューブで聞いてください。


チューリッヒ       S.F.

[PR]
by swissnews | 2011-12-11 20:52 | 映画・建築・芸術・エンタメ | Comments(0)

真珠湾攻撃70年、追悼記念式典

ドイツ、スイスのテレビユースで、7日か8日だったか、ハワイのオカブ島で、たぶん最後になるだろうと推測される、日本軍真珠湾攻撃、生き残り兵の記念式典が開催され、それが報道された。70年前の出来事であり、生き延びた兵士たちは、90歳を越える高齢者となる。遺族そのた関係者も入れると5000人が参加し、犠牲者を追悼したとあった。

ある91歳の元兵は「短い2時間ほどの出来事で、戦闘と混乱の中で自分が生き残ったことは今でも説明つけないが、記憶は遠くなった。」

数秒間ではあったが、日本軍が攻撃し、火と煙と破壊のパールハーバーの白黒映像が映った。

・・・・・・・・

長い海外生活で、このアメリカに開戦布告した事については、よく話題にされた。

「アメリカの国の大きさ、資源力、ものすごい生産能力(飛行機、船、食料などすべて)を日本の一般国民ならいざ知らす、日本軍首脳は知らなかったのか。きっと地理も知らなかったのではないか」という事だ。

それに「軍を遠地に送り込むだけで、武器補充も、食料補充も考えなかったのか、沖縄を含め、自国民を切り捨てにした日本軍の首脳たちの冷たさは、日本人のイメージにあわない」という事も聞かれた。

戦前には例えば、伊藤博文をはじめ沢山の知識人は、アメリカも、欧州も知っていたのにと私は思う。影響力が足りなかったのか?

まあこれは、日本と比較にならない規模の戦争を繰り返してきた、戦争のプロといっても良いい欧州人が言うのだからとは思うが、だからなお更、兵隊をただ遠くの、国や、島に送ればそれで用は足りたという戦略に対しては、疑問が生まれたのかもしれない。

こちらでは日本では考えられないほど、複雑な国際間緊張で、誘拐、捕虜などしょっちゅうある。しかし、情報網、人脈網、外交力の強さによるのか、自国民は徹底的に救い出す努力をする。たとえ、10年経ってもあきらめないところがある。

今、戦争ということは考えられないが、現在のように情報筒抜けの時代に、どんなことがあっても、国民が知らないうちにどうかなってたなどという口実は通らない。

それは、特に欧州民主主義国家では、政治、経済を一人ひとりウォッチし、発信して、政治に影響を与えていく義務を心得ている国の強さかもしれない。それでも、ギリシャやイタリアのようなことが起こる。

スイスなんかも、日本より複雑な問題がたくさんある。だから多少、日常の行儀が悪くても、サービスが悪くても文句は言わないが、政治が悪ければすぐ文句を言う。それしかないようだ。

チューリッヒ       F.S.

[PR]
by swissnews | 2011-12-10 22:18 | 政治・経済・歴史 | Comments(1)

自転車天国!と フェラーリ追突事故!

11月30日のTagi紙に、日本の法治がいかにFlexibler融通のきくものであるか、自転車交通事情を例に挙げて書いてあった。

・・・日本はれっきとした法治国家だが、かなり融通の利く解釈がされる。Takafumi Horie 堀江貴文氏は、新進の若い実業家だったが、証券取引法違反に触れ、即逮捕され、二年半の実刑が下った。しかしオリンパスのような大企業は、(堀江氏とは比較にならないほど)長い間、1.5Milliardenの損失を偽造していたにもかかわらず、経済的、あるいは社会的影響を考慮してか、捜査に時間をかけている。

・・・交通規則も柔軟だ。日本人ドライバーは一般に、親切で、攻撃的ではない。しかし、交通規則は厳守しているとはいえない。80kmの規制でも、120kmで走ってもコントロールも少ない。

・・・その中でもっともAnarchistenアナーキスト無法者は、自転車利用者だ。それも、生意気盛りの少年が、ブレーキもかけず坂を下りる芸当を披露しているだけなら分かるが、80歳ぐらいの可愛いおばあちゃんだって人ごみをスイスイと分けながら走り抜けていく。

・・・東京は自転車の都だ。2000の自転車置き場があり、12時間1フラン程度。

・・・福島事故以来自転車利用者が増えた。それで最近、右折や、信号の待ち方など新しい規則が出来た。13歳以下と、70歳以上の人は、歩道路を走ってもいいが、普通の人は車道を走らなければならなくなった。しかしそんな規則はなんのその、おまわりさんだって歩道路を走っているのをみた

・・・厳しい罰金を課すと脅かしたり、交通省が、もしゆっくり走るなら、子供を乗せていたり、荷物が沢山あったりした場合は大目に見るとか、とにかく日本の規則は融通がきく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、町で無料の夕刊雑誌「Blick」をもらってきた。どこかのハイウェーで赤いきれいな車が何台も衝突したらしくひどくなっている写真がいっぱいに表紙になっていた。。「史上最高に高くついたクラッシュ」とタイトルは読めた。家に帰り、めがねをかけてよく読むと、なんとこの事故は日本で起きたことなのであった。

フェラーリ8台、ランボルギーニ1台、ベンツ3台、トヨタ2台が次々と衝突したらしい。何か日本の風景にあわない感じだった。160kmではしっていたらしい。20台の高級車ファンのイベントだったらしいが、幸い大怪我した人もなかったようだ。高い丈夫な車だったからかもしれない。

総額、物件だけで2億円にもなるらしい。「ナルシシスト」の行列とも書いてあった。

こちらでも、夏になると、高級スポーツカーの行列イベントが見られる。日本のようにスピードを出して走ることが楽しいのではなく、ピカピカに磨き上げた自分の車の格を上品に誇り、町の中をゆっくり走り、皆の視線を楽しむのだ。拍手する人も、口笛を吹き人も、顔を背ける人もいるが、大体は観ることを素直に楽しむようだ。

運転している人たちも余裕のある魅力たっぷりににこやかだ。「勝手にやればいい!」

(次の日、オンラインでもこの事故はでていて、トヨタはこのイベント参加グループではなく、ただ事故に巻き込まれたとありました)チューリッヒ        F.S. 

[PR]
by swissnews | 2011-12-06 06:34 | 観光・交通・運輸 | Comments(0)

日本のメディアは、国民を閉鎖的にしてきた。

2,3日前「ちきりん」さんという面白い名前の方が書く「自分の頭を使って考えよう」というブログで、「世界の大事件!NHK,BBC,CNNはこんなに違っていた」という記事を読んだ。NYの同時テロの後、彼女は3日間ほどアメリカのCNN,イギリスのBBC,日本のNHKの報道を見比べた感想を書いてある。

CNNはショック、パニック状態。(私も見たがただ映像を何百回も繰り返すだけという痛ましい状況だった)

BBCはすぐにテロの背景分析を始めた。(ドイツ語圏も同じ。事故の次の朝、私の大学では学生が自発的集会をし、お互いにショックを慰めあい議論し始めた。校長もも1時間半の臨時集会を認めた。その後の私の授業でも興奮が収まらず、30分は議論に費やされた。)

NHKは日本人の安否ばかりを報道していた

このように彼女は書いていた。無論英国や、ドイツ、スイスでもそんなことが起こったら、アメリカのようにただパニックになるかもしれない。その反対にCNNだってすぐに分析的になるかもしれない。

しかし、日本の場合は変わらないと私は思う。日本は日本と日本人だけの事しか興味がなく、被害者同情、センチメンタル、劇的、被害者のプライベートも平気で書き立てる。その気持ちは痛いほど分かるが、全体を把握し報道する事を忘れる。

今年の2月22日、私は成田空港の札幌行きの待合室にいた。そこでニュージーランドの地震の事をBBCだったかCNNだったか忘れたが、英語のテレビで知った。沢山の日本人がいたが30分の間、誰もみに来なかった。

音量が低く聞き取れなかったが、時々でてくる字幕と現地映像でかなり大きな地震だとわかった。被害者にアジア人がいることも分かった。しかしその後実家でみたテレビや新聞報道では、日本人の犠牲者、不明者の事ばかりで、犠牲者は日本人だけのような報道で明け暮れた。

私はスイス人、欧州人の犠牲者もいるかもしれないと、インターネットカフェでドイツ語のニュースを開けた。そこで、南、東アジアの国々にも被害者が沢山いることを知った。しかしそのことは日本メディアでは耳に入らなかったのだ。私が知りたかったのは被害者の数ではなく、若いアジア人がどのような魅力があり、ニュージーランドで、看護婦の教育を受けに行っていたのかということだった。

今年のイグ・ノーベル賞でもまた日本人が数人受賞した。日本のメディアではどこでもこの日本人以外の受賞内容にも受賞者に触れなかった。せっかく面白い発明研究が沢山あったのに、残念だと思った。日本人以外の仕事に対して、好奇心も、興味も抱くチャンスすらない。一握りの興味あるひとだけPCで調べる。

スイスのニュースでは、特にこの奇抜な発明をした日本人の化学賞を紹介し、少なくても他の3つの研究、アイディアに触れていたし、いろいろ比べて感心したものだ。面白い発想がある。

世界のコンクール、例えば、コックさんとか、職業技能者とかの競技だ。最近しか知らないが、日本人は結構良い線をいっている。しかし日本のメディアでは、このようなコンクールの意義とか面白さを紹介しない。ただ日本人が入賞すれば満足で、それだけつまんでニュースにする。

前にも書いたが、高校生の数学、科学、物理の世界オリンピックのようなものがある。そこで毎年日本人が金、銀、銅賞を獲得し、ニュースになる。コメント欄では「そら見ろ、日本人はすごい」という感想があふれる。しかし、この金賞は10%の、銀賞は20%の、銅賞は30%の参加者に与えられる。つまり参加者の半分50%の若者はいずれかの賞を受賞した事になる。日本ではその一行の情報も節約し、日本の若者、全員金銀銅賞した。日本凄い!となってしまうのだ。昨年は総合世界11位だったが、そんなことは報道されない。

だから私の友達も世界的、相対的な全体的な情報を得られず、ますます島国根性になってしまった。本来日本人は私の友達のように、好奇心旺盛で、知識豊富なのに、メディアはそれを刺激してこなかった。メディアは間違いではなくても言葉足らずのニュースを報道してきた。何十年もそうしてきた。

この「ちきりん」さんの書く事は、私にはよく分かり、面白い。ぜひ読んでください。





[PR]
by swissnews | 2011-12-03 07:17 | メディア・グローバリゼーション | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

週末、スイスの将来の年金制度..
at 2017-09-22 03:48
「人づくり革命」ってもう終わ..
at 2017-09-21 00:51
いちいち説明しない解散・どこ..
at 2017-09-19 00:56
日本のジャーナリストは世間知..
at 2017-09-17 19:22
ノーベル賞受賞者山中京大教授..
at 2017-09-16 05:10
乳母車であふれるチューリッヒ..
at 2017-09-13 16:58
北朝鮮とのスイス仲介交渉が始..
at 2017-09-11 15:43
『不倫騒動』何のためのリベラ..
at 2017-09-08 04:06
「山口敬之容疑者」記事拡散協力
at 2017-09-06 14:36
北朝鮮の水素爆弾の爆発過程を..
at 2017-09-05 14:39

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活