<   2015年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

日本が謝罪・慰安婦問題

「慰安婦問題日韓両国で合意・日本の政府が謝罪。」

スイスのニュースでは昼にすでに報道された。

日本の外務大臣が安倍総理大臣の代理として謝罪の意を述べ、その発表がほとんど全文ドイツ語で報道された。

スイスでは性奴隷,強制連行、と言う言葉を一度使ったが、あとは慰安婦表現。ドイツZDFでは強制連行慰安婦と云う表現で、20万人と云うことは同じ。

日本はこの事実を認容する事を長い間、否定していた
10億円の賠償金基金。しかし多くの被害者にはいずれにしても遅すぎる。

韓国の慰安婦被害当事者団体は、。「長い間、苦しんできた。本当に謝罪するのか懐疑的だ」

ZDFテレビのコメントは、今回の謝罪は、中国やアメリカの圧力が考えられる。日本が日本軍国主義の罪を認めたことは韓国との関係改善に大事な意義がある。

次の日29日の新聞では、「Japan bekannt sich endlich schuldig]「日本はやっと罪を認める」と云うタイトルと、韓国の少女銅像の写真が記載されていた。

記事の中には南京虐殺についても触れている。「日本人の中にはこの殺戮がまったく事実でなくなかったと主張する者や、政治家もいること」



d0179466_344347.jpg


d0179466_5143975.jpg

[PR]
by swissnews | 2015-12-29 03:35 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

新宿駅・A案・高浜原発・黒沢清・ユースいろいろ

・・・・・スイスの夜遅いニュースで、5分ほどの世界の駅めぐりレポートが毎回あった。ケニアのナイロビ駅の様子が面白く報道されていた。次は日本の新宿駅と云う予報があったので観た。

新宿駅の一日の様子だ。朝早く従業員が仕事服で集団会合、上司の伝達、体や動作で皆の気合いを確認、それぞれの持ち場に行く。皆一様に、「時間厳守やお客優先、おもてなし」の大事さを語っていた。一分も遅れない完璧さ。お客を助ける様子、新宿駅の大きさ、混雑さ、新しい建物の増築現場、夜遅くなる。ホームレスの行き場、朝早くまた人が集まる。このような状況を説明、インタビューしていた。

次の日は、サンフランシスコ駅らしい。

・・・新国立競技場のA案が決まったことで、その外からの設計図と安倍総理が承認したこと。総工費の額が発表された。(多くのスイス人は桁違いの金額に自分が聞き間違いしたと思ったでしょう)

・・・ユーロニュースで高浜原発の再稼動が許可された事報道された。日本地図で高浜や、福島、東京が示され、日本の裁判でわずかの間に変更された決定の事。多くの市民の反対デモの様子が映っていた。

・・・ユーロニュースの映画紹介で、日本の黒沢清氏の新しい映画が紹介されていた。カンヌの映画でも紹介されていたある夫婦の話。日本語タイトル?

とりあえず

[PR]
by swissnews | 2015-12-25 00:33 | メディア・グローバリゼーション | Comments(0)

なぜ訴訟しない都民?オリンピック運営費用当初の6倍に

東京オリンピックの運営費が、当初予算の6倍、1兆8000億円になると発表された。

それ以上に驚く事は、それを聞いても都民の反応が何もないことだ。

スイスのサアンクトモリッツや、ドイツのミュンヘン、ハンブルグなどのオリンピック候補地も最終的に市民の票です不参加が決まった。経済的にはOK でも環境破壊が懸念されるから。

又,新しい橋や、駅の建て直しでも、予算を厳しく見守っている市民は常に透明な計画と予算を求め、間違いを指摘し、企画が中止になることもあるし、市民運動になることが多い。裁判にもなる。

もしこちらで、例えば「アベノミクス」のような方針を最高責任者が打ち出しても、期限付きで成功や変化がなければ国会で問題になり、責任追及があり、プランが変更されられる。

これほど厳しいプロの世界だ。政府は、国民のお金を扱うプロの責任者の集まりだからだ。

予算の6倍と恥もなく発表する委員会もそうだが、黙って受け入れる日本人は何か考えられない。なにも動き出さない都民が不気味だ。大金持ちなのか、お人良しなのか。これが日本人の「心」とか「慎み深さ」と言うのだろうか。

あるいは自分の問題として捉えることが出来ないノウタリンなのか。

いろいろな委員会とかばっかりこしらえても責任取れないあいまいなものはどうなのか。

6倍!!!!!1兆8000万円。半分はTOTO頼りだそうだ。こんな国ある?

[PR]
by swissnews | 2015-12-21 17:41 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

日瑞友好映画「ビッグ&リトル」が試写会

昨年の日瑞150年交流記念事業の一つとして企画された映画「Der Grosse Sommer 」日本では「ビッグ&リトル」と云うタイトル、の試写会があること夜のニュースで報道された。

日本とスイスの共通点、対比点がみられる。相撲とSchwingenスイス相撲、大男で年寄り、10歳の若いハーフ子供、アルプスと奄美諸島、などだ。

この子役は40人のオーディションから選ばれた、スイス在住、ロイク・ギュンテンスベルガー君だ。(母日本人、父スイス人)映画のストーリーでは孤児のハーフを演じる。

スイス人俳優は、Mathias Gnaedingerと云う、スイスドイツ語圏代表する舞台映画俳優で、私の勤めていた演劇大学の出身で、私が教鞭とった時、彼は勿論卒業していた。映画だけではなく、式典などで何度か実際に拝見したことがある。

彼は残念ながらその後、病死した。

この映画は、孤独なスイス人老人と、若い日本人ハーフの友情物語であり、又、スイスと日本の友好のシンボルでもある。

日本でいつ公開されるのかは知らない。

面白いタイトルだからその時は思い出してください。

[PR]
by swissnews | 2015-12-17 21:31 | 映画・建築・芸術・エンタメ | Comments(0)

ドイツの年間難民経費は新国立が3つ建設される額

ドイツの年間難民経費は新国立が3つ建設される額

私は時々Clara Kraftさんの日本語Twitterを見る。今日はこんなこと書いてあった。

「ドイツの年間難民経費は新国立が3つ建設される額にあたる」
これは、ドイツの新聞に出た記事を基にしたもので、「難民経費は年間30Milliarden Euroまで及ぶかも知れない」という専門家の推定が書かれている。

今年だけで現在50とか60万人とか聞く。100万人に近いの難民が来るかもしれない。

ちょうど今日メルケル首相の党大会(CDUキリスト教の保守党)があり、難民問題で上限枠を決めるか決めないかと言う意見対立で党員分裂が危惧されていた。結果的にはメルケル首相が可能性としては難民数上限はあるかもしれないということを認め、しかし根本的には「我々は難民を受け入れ、それを克服する」「Wir schaffen das」という珍しい良い情熱的演説で、途中何度も拍手の嵐で、最後は何と9分間のスタンディングオーベンションを得た。

例えば、ベルリンの例・毎日難民申請番号は500人をこなす計画だが実際は300ぐらい。だから毎日待つことになる。しかし、一人一人医師検察、通訳、登録に丁寧にするのでものすごく手間が掛かる。現役だけでは間に合わず退職した先生や医者、他の職員、通訳(ドイツに住み着いているシリア人など)が総がかりで当たる。子供たち(何せ子沢山)の教育、幼児、妊婦の世話ものすごい仕事になる。その他に3食をボランティでこなす。さらに新しい難民宿舎を用意する。イベント場が提供され、今年はイベント小型になり他所ですることになる。

当然、ドイツ国民の不満はある。ドイツにも貧困弱者が沢山いる。しかし、難民のおかげと云うか、このような人たちも考慮される事になった。

きっと日本に住む皆さんは、ドイツではなぜこんなことにお金を使うのか不思議と思うでしょうね。

スエーデンではもう制限があるが、国民一人当たりにするとドイツより難民数が多い。

チューリッヒの私の住む地区では、難民登録者と思われる10人ぐらいの若者グループが仮の仕事としてかゴミ拾いの仕事をしているのをよくみる。何かすることは良いことだが早く職業が持てるように。

追加情報まで・フランスはもうすぐ10%のムスラム住民になるかも。北アフリカ、アルジェリアが旧フランスの植民地で、独立戦争で、ちょっと分からないがものすごい死者がでたし、その関係でも多くの北アフリカ人が住む事になった。作家のカミュのことでも分かる。だからドイツとの事情は少し違う。


[PR]
by swissnews | 2015-12-15 04:54 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

COP21.パリ協定成立、万歳

昨日の昼のユーロニュースで臨時中継報道があり、最後の提案がフランスの議長外務大臣から説明された。国連総長やオランド大統領の演説もあった。特にオランド大統領の世界に訴える演説は感動されるエネルギッシュなもので、メモはあっても95%は聴衆者に直接話しかけていた。政治家だから当たり前のことだが。

夜になって、又、最終採決の様子が中継された。196国が承認したのだ。関係者の今までの努力、胃が痛くなるほどの議論の結果である。
2週間の会議が終わった。しかし、「地球のための重大な成果がここにあるが、これはまだプロセスの始まりを意味する」ということにしかならない。
しかし、会場でも、パリの広場や通りでも、市民や世界環境団体の催すイベント、行進で溢れている。

シリアの内戦の原因には、あまり知られてないがこの温暖かも原因になっている。この国の大人口を抱えている食料問題であった。温暖化で作物が育たず、ゲン人工の食品研究やアサド首相の政策が悪く、国民の不満が大きかったことである。

また、マリでも、砂漠に住んでいた諸族が温暖化のため生活不可能になり南に下りて内紛になる。もともとテロリストに生まれたもではない。
つまり、多くの難民やテロの原因は気候温暖化による不公平に気づくからだという説が多い。メソポタミア河付近や、赤道直下の国家は将来、住むことが出来なくなり難民としてどこかにいかなければならなくなる。

日本も自分達が汚染から難民しなくてはならないようにすることだ。又他国の難民は必ずやってくる。どう対応するかは時間の問題だと思う。


[PR]
by swissnews | 2015-12-13 17:15 | 自然・環境・災害 | Comments(0)

夫婦別姓・少数でも喜ぶ人がいるなら必要性はある

日本では夫婦別姓が施行されるかどうか議論されているらしい。

そして今日、杉田水脈氏の「少数しか喜ばない夫婦別姓は必要性感じない」との記事(GLOGOS)を読んで正直、欧州国と日本の考え方の本質的な違いを感じた。

欧州国の同胞に対する考え方は、「少数でも喜ぶ国民がいるなら必要性はある」という主張になり、真剣に考える始める。自分には必要なくても、「なるほど、これが必要でそのほうが生き易くなる人がいる」「それなら自由にさせてあげたら」という決論に達する。

夫婦別姓はスイスでも議論された。しかしもう15年前?ぐらいになるだろうか。反対は官僚的な作業が増えるということだったように覚えているが、結局、「人がが生まれ今まで生きてきた人格のシンボルである名が結婚により変えさせられるのは嫌だ。」という少数派の気持ちは分かる。結婚により名を変えてもよい人は今まで通り変えられるのだからは損はしない。

実際には日本にだって、政治家、芸能人、資産家などの女性が結婚後も旧姓を名乗っている場合だって珍しくない。一般の人が出来ないのはおかしうと思う。

同じ国民が「選べることによって幸せになるなら、させてあげよう」結局幸せな人が増えることは国益になる。

日本の場合は違うようだ。この杉田氏のように考える人が多いのか。

自分は今のままでも幸せなのに、他人が少し変わった喜びを得る自由な権利を持つのは赦しがたい、少数国民を幸せにする必要はないと考え、足を引っ張るのが日本人の大方の考えなのか。

これは日本特有の「やっかみ」に近い捉え方なのではないだろうか。

[PR]
by swissnews | 2015-12-08 03:41 | 生活・文化・伝統・笑い話 | Comments(0)

みどり虫のエコカーがスイステレビニュースに

COP12が開かれているパリからのニュースで、日本の新しい試みが短く紹介されていた。

スイスの夜遅いニュースで、音量を下げたまま聞いていて画像だけしか見ていなかったので詳しくは分からない。しかし日本の話であることは確かだった。

温暖化を阻止するいろいろな試みがあるようだが、「日本のエコカー・海草からエネルギーを」と云うことらしい。

始めは、海草やミドリムシなどを実験用の容器に詰め込み液体化する過程が紹介。

次に、ミドリムシと書かれた小型バスがやってきてこの液体を注入する。

この液体だけで動くのか、他の液体と混合なのか聞こえなかった。

何県の出来事か分からなかったが、この市には何台かもうあるのかもしれない。

その後、「伊藤忠」と云うパネルを背景に代表者が話している場面が数秒映った。

皆さんならもっと詳しく御存知でしょうが、このような報道は嬉しいものだ。

トヨタやいすゞいろいろな会社がエコカーを手がけているようだから、きっと成功するだろう。

とりあえず

[PR]
by swissnews | 2015-12-04 16:28 | 科学・技術・研究 | Comments(0)

スイス国民の月、平均給与が、73万8600円に。

昨日、2014の国民の給与統計(BFS)が発表された。

・・労働可能者の月平均が2年前2012と比べ1.2%上がり、6,189.スイスフラン、今日の日本円で73万8670円になる。つまり国民の半分はこれより多い月収入を、後の半分はこの平均より少ない月給与を得ていることが分かった。

・・更に、最高所得者の10%の国民は10,937フラン(130万5350円)以上であり最低の10%は4,178フラン(49万8653円)以下であること。

・・州別で言うと、チューリッヒ州が断然トップである。イタリア地区テシン州は一番低い。

・・トップ層は収入高になったが、最低賃金も上がり、国民の格差が少なくなった。

・・女性と男性の平均給与の差も少し縮まった。職種によって31%から21%の差がある。

・・給与高い職種は1、薬剤、医療関係者、2、経済銀行関係、3、大学研究者、4、証券会社、低給与職種は1、個人の奉仕、美容師床屋など、2、レストランなどの従業者、3、部品生産業、4、食料生産業

・・管理職と一般の従業者平均の差は、ほぼどこの州でも、平均値半分になる。

・・管理職の専門外国人の給与はスイス人より高いが、一般労働外国人は、スイス人より少し少ない。

(税金は地方税も入れれば大体11%あるいは12%ぐらいになる)これが、上記の収入から引かれる。

*******

個人的感想は、私の周りでこの平均より多い人いても見えない。皆質素だし、休暇に家族でよく旅行するけど。

物価は最低日本の倍になる。家賃は給料の4分の一ぐらいがよいが実際は3分の一とか厳しい。都市ではアパートが多いが、すべて集中暖房、窓ガラス2から3重で、外の音が聞こえない。スペースがあるからシェアできる。

しかし、教育費が無料にちかくても実力なければ職が見つからないので熱心だ。自分の身のほどを知る。

自分を守る為に勉強し、不利と戦う。政治に興味を持つ。

・・マックのハンバーグ、今よく分からないが、多分1000円ぐらい?。

とりあえず

[PR]
by swissnews | 2015-12-01 23:55 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

週末、スイスの将来の年金制度..
at 2017-09-22 03:48
「人づくり革命」ってもう終わ..
at 2017-09-21 00:51
いちいち説明しない解散・どこ..
at 2017-09-19 00:56
日本のジャーナリストは世間知..
at 2017-09-17 19:22
ノーベル賞受賞者山中京大教授..
at 2017-09-16 05:10
乳母車であふれるチューリッヒ..
at 2017-09-13 16:58
北朝鮮とのスイス仲介交渉が始..
at 2017-09-11 15:43
『不倫騒動』何のためのリベラ..
at 2017-09-08 04:06
「山口敬之容疑者」記事拡散協力
at 2017-09-06 14:36
北朝鮮の水素爆弾の爆発過程を..
at 2017-09-05 14:39

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活