<   2017年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

茶色髪に生まれた生徒に黒髪染めを強制し、修学旅行も拒否した教員が起訴された。

この記事に書かれたようなことが現実にある高校がどれぐらいあるのか知りたいものだ。

経過については

・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・

日本の子供は生まれて持った髪の色ではもう義務教育も受けられず、髪の色を染めているかどうか、教師が女性の髪の毛を分けて根元まで調べる時代になったのか。黒く染めるのを拒んだ生徒は、修学旅行も諦めなければならなかったようだ。

思い出すことがあった。

・・・・・・・私は昔、45年昔まで、日本の女子高校で教師をしていた。生徒のスカートの丈や髪の形を抜け駆けで検査するために、教師は特別朝早く仕事場に行き、校舎の前の歩道で待ち構えていた時の屈辱感を思い出す。なぜ、教師がこんなところで、生徒を待ち伏せして、犯罪者を摘発するように待っているのか本当に悲しくなった。私の仕事はいったい何なのだろうと考えた。それから数年で日本を去った。・・・・・・・・・・・

・・・・・・・私の子供がこちらの学校で学び、父兄参観日が定期的にあった。ギムナジウムのときだったが、頭の髪の毛をインディアナーのように、パパガイのように頭の毛を立ち上げ、オレンジや緑、青色に塗り上げた男の子がいた。そのころパンカーと言われた格好が若者の中で(いいおじさんもいたが)はやっていた。しかし誰も何も言わない。彼の父親は市の教育委員の公職についていた。この男子は、卒業後、俳優になりたくて私のいる演劇大学に試験を受けに来たが、髪の毛は短くなっていて、色はしかしまだ残っていた。才能があり入学したが、髪の毛の色もなくなり普通の男子になった。最近合った彼は、今自分の娘が思春期になり、親としての指導が大変だと笑いながら話してくれた。・・・・・・・・・・・・

この日本の高校生の裁判がどのようになるか。

いくつかのコメントを読んだが、面白いものあった。

髪の毛の色を出生証明書に出せとか言うのは・・・・・

・・・・・・・例えば、安倍総理が自分は男だといっているが、それは信用できない、裸になって証明せよ!といっているのと同じ。・・・・・・・・

-------「たとえ生まれつきの特徴であっても、茶髪も金髪も天パも許さない」みたいな同調圧力をかける学校が、体育祭で「世界に一つだけの花」をテーマソングに選んだりするの笑わせますね。-------(英国のジェンダー闘争のシビルな映画)


************

私の子供の場合、髪の毛の色は何度かかわった。一時はカールになったときもあったし、光の加減で赤色になったとこもあった。

だんだん、統一的、ファッシスト的ななって、昔より後退してる感じがする。

明日から、10日ぐらい休暇に出かけます。ドナウ川、マイン川、ライン川、を船で下り、上りします。パッサオからバーゼルまで。よろしく。













[PR]
by swissnews | 2017-10-29 22:10 | 教育・宗教・人材 | Comments(0)

他国のセクハラ問題に興味津々、しかし自国の強姦被害者には冷たい日本社会

ハリウッドの大物プロヂューサーが、長年、自分の権力や地位を圧力に女優やモデルにセクハラをし続けて、中には強姦もあったようだと言うことで、話題になっている。そしてその社会の判決は早く、彼は多くの地位や地益を放棄せざるを得なくなった。

このようなことが一度問題になると多くの被害者が勇気を得て、名乗り出てくる。メディアは大きく伝える。きっと似たような男性は今後慎むようになるし「恥を知る」ことになるだろう。

欧州各国では自国の似たような問題を、すぐテーマにし、デンマーク、スエーデン、イギリス、ドイツ、フランスでもメディアで大きく取り扱われている。

スイスでもニュースで統計が出ていた。毎年、性犯罪を訴え裁判沙汰になる件数が増えているが、実際に判決が下ったのはその10分の一ぐらい、(数字をメモできなかったので桁の違いから推測)である。それでも進歩している。

女性が活発に社会に進出している国ほど、性犯罪は高いようだ。職場でのセクハラは半数以上の女性が経験をしているようだ。(日本の痴漢とは少し違うようだが、やることは同じ)軽いものは日本と同じで、訴えず我慢をしている。

性犯罪を法に訴える勇気のある女性が増えたことが、原因のひとつ。つまり、以前は泣き寝入りして訴えることができなかった人が多く、性犯罪そのものが昔より急に増えたと解釈するのは早い。女性が表に出れば出るほど摩擦も増える。

共通しているのは、その問題を取り上げ、話題にするドラマや議論が活発だということ。

そのような報道を通じて、こちらでは強姦されたりした後は恥ずかしくても、絶対にシャワーを浴びず、すぐ警察を通し、医者にすべてのダタイを提供して記録とすることが常識になっている。女の子でも男の子でもそれを知っている。

日本では他国の遠いこのようなセクハラに興味を持っているし、メディアは大きく取り上げる。そして不倫とかに大きな関心が寄せられている。

それなのに、自国の問題、例えば伊藤詩織さんの被害については、驚くことに彼女をバッシングする人が多く、コメントを見るとびっくりする。しかも女性らしい人が多いのにはがっかりする。このような状況は30年ぐらい前の欧州のバッシング問題に似ている。

まず男性の自覚が大事。社会的な地位、や家族を失うリスクをもっと自覚すること。他人の弱みに付け込み性行為を迫るのは「時代遅れ」で「リスク」が多すぎることを知るべきだ。このようなことを男の世界で徹底的に話題にすべきだと思う。



[PR]
by swissnews | 2017-10-26 23:22 | 女性・ジェンダー | Comments(0)

選挙と安倍現政権継続の事で聞くこと

昨日、ドイツ、スイスの昼のテレビニュースで衆議院選挙の結果について10秒以内の報道があった。

その他、私の新聞の記事、他のネットで読んだことを短く総合すると。

・・北朝鮮の威嚇に対する政策が望まれていること。(中には安倍首相がニューヨークで発言したこと。会話の道はないことともっとも軍事対策を積極的にすることを肯定した事実を追加する話もあった。)

・・安全保障政策についてのこと。

・・憲法改正に青信号。(この安保と改憲は安倍の強い希望で、国会議員数としては容易に達成できるように見えるが実際はかなり難しい。平和を望む国民は多く、安倍政権継続はあっても必ずしも改憲ではないこと。を書いているのもあった。)

・・安倍首相のリスクのある解散選挙タイミングが功を奏した。

・・野党の弱さが国民の選択無しの自民党圧勝になった。

・・しかし、野党のことを、小池・希望の党・立憲民主のことも詳しく書いてある新聞もあった。(私個人の印象では、野党のこれからの発展役割が大きい)

・・フランスの新聞に(また聞き)台風があったにせよ日本の投票率の低さに(60%にも行かない)、政治参加や抵抗するより自殺したほうが良いと考える国民性に触れていたということ。

・・私の印象で、ドイツニュースは10秒もないものだったが、安倍首相の写真が何かゆがんだ醜い笑いを持っていた。私の新聞の写真も、ちょっと皮肉的な下品な笑いが含まれているような印象を持った。

とりあえず


[PR]
by swissnews | 2017-10-24 16:52 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

技能五輪国際大会・スイス20種目メダルで2位・中国強い

アブダビで行われていた51種目もの職業技能オリンピックが2日前終わった。

これは日常どこの国にでもある職業の技能の高さを競う国際競技のようなものか。

例えば、造園、レンガ積み、美容師、配管工、電子組み立て、洋裁、デザイン、家具つくり、などきめられた時間に与えられた課題をこなしていく。

この五輪大会では、当初アジアの国が強く、韓国、日本などいつも上位にいた。しかし、中国が厳しい競争率を突進した技能者が国際コンクールに参加してくるので強くなった。

スイスは職業取得若者を育てるために良い組織を作り上げ、毎年順位をあげてきた。そして今年は11の金メダル、その他形20個のメダルを獲得した。

一位は中国、2位、スイス、三位は韓国、その他台湾の強さも書いてあった。

残念ながら日本のことはまったく触れていなかった。

日本のメディアでも今までのところ観ていない。

今日は衆議院選挙。もう投票に行きましたか。





[PR]
by swissnews | 2017-10-22 14:45 | 原発・福島・東電 | Comments(0)

ユーロニュースの日本の国の宣伝広告が、変更されますように!

これはもう数年に前に書いたテキスト。

莫大な国費を使い安倍首相が個人的に輝くコマーシャルはもうやめて!

そのためにも選挙参加を!

***************


私は、ユーロニュースを観て、30分でざっと世界の出来事を知ることが多い。またユーロスポーツでテニスなんかの実況を見ることもある。

ユーロニュースはヨーロッパ圏内で最も観られているテレビプログラムで、7,8カ国語(今はもっと多いかも)に訳されて報道される統一プログラムだ。私はドイツ語で見る。

昨年から気になっていることが出来た。

日本の社会や科学の発展や、世界に貢献している日本の国のコマーシャルである。

日本の看護師の優しさ、有能さ、医療の安定さ、研究所の進歩、カンボジャ、インドネシア、ケニア、フィリピン、ナミビアなどの文化、科学、教育な援助をしている、ごく誇張のない自然な良い情景が映し出されている。しかし、白黒の地味な報道だ。

最後には、画像の右上にカラーの仰々しい卵形,四角、一面などいろいろではあるが、桜の花びらにデコレーションされた肖像写真が現れる。

安倍首相の顔写真だ。その下に、「Japan,Sinzo Abe]とかかれている。

まるで、日本の業績は彼個人の業績であり、自分は「天皇以上」と云うような広告に見える。世界で活躍する学者や専門家は自分の召使のような印象を与える。

日本の若い看護婦を自分の右左に座らせ、彼女達と手を握り、振っている映像は正直「気持ち悪い」。

すぐ、テレビを消してしまった。いろいろなバリエーションがあり、この看護婦達との映像はもう見ないが、まるで古いセンスのOO独裁者的な印象を与える。

ヨーロッパに住むでいられる方、注意をしてユーロニュースを見てください。ドイツ語ユーロだけにでてくるのかもしれませんが。皆さまこれをどう思いますか。

安倍首相は自衛隊も「自分の軍隊」と思い込んでいるように語るのでいったい日本はどうなってしまうのだろう。

総理大臣と云うのは、一時期の一内閣の総理に過ぎないのでは?

アフリカ、アジアの後進国援助はもう何十年も前から行ってきている。彼の手柄ではない。まったく顔が
赤くなってしまう。スイス人知人が見ないことを願っている。



[PR]
by swissnews | 2017-10-20 16:05 | メディア・グローバリゼーション | Comments(0)

日本も Wind of Change を!

わたしの好きな Scorpions スコ-ピオンズの歌を!

ベルリンの壁崩壊の時のシンボル曲として歌われ、ビデオもできた。

英語で歌っているが、ドイツのグループ。エミー賞ももらっている。

日本も風向きを変えて!

Wind of Change ・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・


画像はキッチですが、昔聞いていた歌。Still Loving You 

・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・

ベルリンの統一から27年 記事

・・・・・・・・こちら・・・・・・・・




[PR]
by swissnews | 2017-10-18 04:56 | 映画・建築・芸術・エンタメ | Comments(0)

オーストリア首相選挙も、80%近い選挙投票率

オーストリア首相の選挙があった。
31歳のクリスチャン・クルツ氏(中道右)が政府を構成する役目が決まった。(ほとんど確定) 郵送選挙者の結果がまだ分からず、2,3日かかるだろう。
極右派と組むか、社会党と組むかまだ分からない。
分かっているのは、現在の国民投票率が79.6% だということ。これが普通のこと。

欧州他の先進国国民投票は70から80%以上

・・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・

したの図を拡散。

日本もチャンスです。自国民で自国を作っていかないなら誰が自分の生活を良くしてくれるのでしょうか。

*****************

これ、バンバン拡散してください。使ってください。


写真は    ↓   ↓   ↓   ↓   ↓    ↓


[PR]
by swissnews | 2017-10-17 04:19 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

選挙に行くのは当たり前・在日フランス人行列を厭わず

この場所がどこか日本人の人達は知っていますか?東京のフランス大使館前です大統領選の選挙投票に早朝から大行列です。フランスの投票率は毎回約80%近くあります日本国民は、なぜ選挙に行かないのですか?なぜ日本人は無関心なのですか? via

私の前に書いた記事

・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・・

長い行列をしても選挙権を勝ち取った民主主義の国家の国民は、骨の髄までこの大事さを知っている。日本のようにもらった権利ではない。

下の写真  ↓  ↓  ↓   ↓  ↓







[PR]
by swissnews | 2017-10-15 20:18 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

写真おすそ分け・立憲民主党演説風景

新宿の写真いっぱい取ったのでおすそ分けしますね


[PR]
by swissnews | 2017-10-14 22:13 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

Twitter から


[PR]
by swissnews | 2017-10-13 22:59 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

山本自民党議員の「あんな黒い..
at 2017-12-15 21:29
知的財産教養がスイスを進歩さ..
at 2017-12-13 17:26
スイス人ノーベル賞受賞と平和..
at 2017-12-12 04:01
海外にいて、日本の国民が政府..
at 2017-12-09 22:09
高齢者英語教室のクリスマス会
at 2017-12-08 06:01
全体入学式・入社式のないスイ..
at 2017-12-06 04:49
ベルリンの6日間
at 2017-12-04 00:05
サンフランシスコ市慰安婦像設..
at 2017-11-26 03:05
スイス人写真家・日本編2部
at 2017-11-25 16:52
与党議員の言った言葉
at 2017-11-25 01:11

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活