人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本の五輪活躍・民間個人の強さと行政の無能さが明るみに

こちらのメディアでは、各国東京の見晴らしの良い場所に陣取り五輪状況を毎日、一日中報道している。

・・各国、自国のスポーツ報道で一杯だ。日本の試合は時々対戦の時に偶然観られる、ハイライトで、柔道、卓球、などが観られる。

・・私はテニスが好きなので、その報道を見る。欧州では真夏は、シエスタといって国民昼休みがある。東京の暑さは異常で、初日から抗議があった。
しかし、日本の組織は、決定できずに10分シャワー休憩許可したのみ。しかし、世界の男子選手たちの抗議が強く、11時開始の試合が15時からに開始と決まった。始まってからもう何日も経っている。

・・日本の人間生命軽視、即判断できない、右、左、上、下見てから、海外人が強く抗議してからしてから腰を上げる。

・・その体質は日本自国の国民の命軽視傾向・・・

・・「7月8月は温暖でスポーツに適している」と招致した安倍さんの嘘つきが、報道。

・・日本の個人や民間団体の活躍にまかせっきり。

・・若い選手は個人で努力、早くから自己判断、将来に挑戦・・すばらしい。

・・日本の金ラッシュには言葉がない。

・・日本の良いところ、エキゾチックな所が次々と報道。

・・
日本における身体障害者の対する待遇努力、交通移送、就職などの進展・・ドク映画が報道

・・来週も日本の3本のドキュメンタリー報道が3時間ある。

・・試合のコメントのスポーツ記者は、日本にフレンドリー口調。

・・しかし、コロナ感染、1万人になってしまった。政治の未熟さ。

・・五輪博物館に行列する日本人・感染は?

・・大阪ナオミさんのNettflixのドキュメント映画をスイス紙一面の記事紹介。

・・東京の小池知事は、ただ、あれよあれよといってるだけ。

以上、とりあえず


# by swissnews | 2021-07-30 04:28 | 五輪 | Comments(0)

五輪開会式について、スイス、ドイツの実況コメント

昨日、東京五輪の実況報道4時間を、はじめはユーロのドイツ語、多くはスイスのドイツ語報道で聞き観ていた。

スイスのほうが良いと思ったのは、2人のコメンテーターの一人は日本にすんでいて日本語も出来、良く調べていてくれたので知ったことが多かった。

・・五輪の木の輪が広がるショウでは、1964年の五輪の時に参加国世界中から木の種を集め日本で植林し育ててきた。それが大きくなって、又種を取り、増やしてきた。その象徴である由来を説明ししてくれた。

・・・1964年の日本の果たした役割や、ピクトグラムのこと。

・・登場する日本人の名前をすべてきれいに発音してくれ、アスリートだけでなく、医療者の名や、なぜ選ばれたかを説明してくれた。

・・江戸時代の大工さんのショウもスイスの技巧文化に繋がるので好感。説明も良かった。

・・800個のドローネンの市松模様から世界地図に変わる時は
解説者が「マイスター作品!」と叫んだ。

(こちらの欧州、中国のショウでドローネンが大きく使われる。たいてい大きく空一杯広がりすばらしく、迫力あり、圧倒される。見慣れてしまった)

しかし、今回の日本のコンパクトで、シンプル、緻密は、デリケート。。
解説者だけでなく、皆、すばらしいと思ったに違いない。

これが日本の強み?

・・歌舞伎と、エミー賞のもらった上原ひとみさんの組み合わせの説明



***********

今日の新聞。スイス人入場大きな写真。簡単に言えば、天皇が開催を宣言、大阪ナオミが、福島の子供からトローチを受け取り、点火し、五輪開催になった。

以上

私の印象・・・想像していたより良かった。〔もっとドタバタ芝居になるかと思っていた)国際的グローバル、日本らしいところ十分、簡素、緻密、大きなドラマでなくても、面白い日本人、ピクトグラムも良かったし、参加国のジックな衣装に見とれた。大阪ナオミがいてよかった。

日本にはすべてがあっても、忖度政治、人権意識低い、海外常識に疎い、が、妨げている。良くなればすべて解決できるのに。それに戦う国民少ない。他人任せ。




# by swissnews | 2021-07-24 19:25 | 五輪 | Comments(0)

ドイツ語圏テレビニュース・トヨタ五輪国内CMから引く

日本で、世界的に通用できる、信頼、同等の価値で見られるのは、

トヨタが最高で、第一。

トヨタは、つまり現代でも世界語に入る日本の代表。

(つまり五輪の意義、世界の人権の空気読める世界人)。

今日のドイツ語ニュースで、トヨタが日本国内の五輪コマーシャルに一切関わらないと発表。

開会式にも来ない。関係会社も一切開会式に参加しない。

家庭で開会式を見る。

選手関係者の80%はワクチン済み。

日本人は20%ワクチン完成済み。

札幌マラソンは、35度の暑さ。

朗報は一つ、天皇陛下が開会式に!

〔テレビニュースでは幸運にも、小山田氏のことは報道なかった)

日本のメディアでは、トヨタだけでなく、

NEC,NTTも開会式参加しないと読んだ。

日本人のインタビューは、五輪楽しみ市民、興味なし市民、

コロナで打ちひしがれ市民など、五輪反対市民





# by swissnews | 2021-07-20 21:04 | 五輪 | Comments(0)

五輪憲章理解してない人権田舎者国・小山田氏で3人目

数年前に、ベトナムかどこかで世界の五輪会議があった。日本から参加した何十人もの五輪役員の様子がスイスメディアに載った。

日本から来たスポーツ関係者役人はほとんど男性だったので、見た目でも奇妙で、ショックだったと言うことだった。

その一人の役員に五輪憲章を聞いたが答えられなかった。

だから、日本人は五輪の憲章について本当の意味では知識もなかった。

男だけ。

さらに、今年は、「女性差別発言」で、森元五輪対策委員長の、ショックな言葉が新聞やテレビで世界を回った。

さらに、「豚企画」の佐々木広氏の、女性体型侮辱が、こちらのメディアで取り上げられた。

・・・・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・・・・


さらに、今、小山田氏の障害者いじめのショックな事実・52歳だというが、パラ五輪の開会式の作曲を引き受けた面の厚さ!

英語、フランス語のニュースが伝えたと聞いた。

日本の人権田舎者国ぶりが丸出し!

男ばかり、偶然? 権力者、保守系のつながり。。

一体、どうなってるのか。

世界のパラ五輪選手をどうやって迎えるの?

それより、日本人の男たちが日常考えている、話しているレベルが、

世界に知れてしまったことは良い事だ。

将来の子供達に人権の何かを
しっかり教育していくチャンスになる。

駄洒落とか言って済まされる時代ではない。

次の日、小山田氏は、自ら辞任し、認容され、彼の作曲は削られた。

日本は少しずつ、自らの国民の力で物事を変えていくことが出来るようになったが、決定的なのは海外のメディアの力がいまだ必要。








# by swissnews | 2021-07-19 02:05 | 五輪 | Comments(0)

ドイツ、スイス、、ベルギー、オランダ、突風、水害、土砂崩れ

1昨日から、こちらのメディアでは、西欧諸国で起こった自然破壊災害について報道されっぱなしだ。

ドイツでは死者がすでに80人以上になってしまった。不明者が100名入る模様。

この洪水災害は、集中雨で、洪水は10分から15分の間に増え続け、多くの人は2階にいくしかなかった。サイレンが鳴ってもあまりに速く、突然だった。

津波の後と同じになった。ひどい被害写真が次々と報道される。

スイスでも、水量が限界まで上がった湖や川があり、心配されている。

2日前の夜中、物凄い突風があり、大きな音がしたが、そのまま眠ってしまった。朝になってニュースを聞いて、夜中の轟音を思い出した。

朝、チューリッヒのあちこちで大木が倒れ、木の枝が飛び、たくさんの車や窓ガラスが破損されたとわかった。すぐ近くの公園や、森は立ち入り禁止。

街路樹もだいぶやられた。木は暑さをしのぐ大事なものなので、すぐ植え替えられると市が話していた。

その後、降水で、川もあふれ出した。何度かの苦い経験があり、
物凄い大金をかけ、チューリッヒ湖の水をコントロールするカナルができた。

しかし、天気が良くても、溢れる河川を見るのは、気持ち悪いものだ。

ヨーロッパは、アルプスの川上には川上の問題が、オランダの川下には川下のもんだいがある。長い間の国の間の解決連絡もある。

しかし今回は、ライン川の増水だけでなく、直接、局所集中豪雨だから不幸だ。

地球の気温が上がり、たまったダンプが上空で一気に冷えて物凄い量の集中雨量をもたらす。

このようなことは将来、どこでも、頻繁に、規模も大きくなり起こるだろう。

気候温暖がもたらす一つの現象だ。

スイスの、スモモの畑が、たった7,8分の雹のため、年間の80%の作物がだめになった。

気候問題を、ニヤニヤして本気にしてない人がまだたくさんいる。

そんな人の親戚か誰か、この洪水にあったら本気で考えるかもしれない。


# by swissnews | 2021-07-16 17:49 | 自然・環境・災害 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

推薦ブログ
・・リュウウマの遺産
・・田島麻衣子・・毛ば部とる子
・・ウィンザー通信

最新の記事

日本の五輪活躍・民間個人の強..
at 2021-07-30 04:28
五輪開会式について、スイス、..
at 2021-07-24 19:25
ドイツ語圏テレビニュース・ト..
at 2021-07-20 21:04
五輪憲章理解してない人権田舎..
at 2021-07-19 02:05
ドイツ、スイス、、ベルギー、..
at 2021-07-16 17:49
次々と東京五輪日本に飛び発つ..
at 2021-07-13 04:49
コロナに敗北した証になる東京五輪
at 2021-07-10 15:11
スイステレビ・五輪スイス選手..
at 2021-07-06 05:02
スイス紙・小池都知事、不在に..
at 2021-07-04 00:20
スイスがUERO2020で、..
at 2021-06-29 19:17

記事ランキング

カテゴリ

執筆者プロフィール
リンクブログ・リュウマの遺産
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

フォロー中のブログ

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活