元徴用工らへの賠償・ドイツでの解決の仕方の例・再記載

日本企業に韓国人元徴用工らへの賠償を命じた一連の韓国最高裁判決について、韓国の文大統領は今日、「3権分立を尊重する」と発言した。

これでこの賠償の件についてははっきりと日本と見解を異にすることになった。

ドイツでも同じ事情で問題があったが、それを何とか解決してきた。その例についての記事をもう一度記載する。

ドイツの「記憶・責任・未来」基金

・・・・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・・・・



[PR]
# by swissnews | 2018-12-15 05:13 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

沖縄辺野古埋め立て反対署名がアメリカで

昨日、日本に里帰りした友達がついでに、沖縄まで出

かけ、沖縄辺野古埋め立て反対運動座り込みに参加し

てきたと言ってました。

彼女には明日会いますので、詳しく聞いて見ます。

日本では署名運動してもダメらしいので、アメリカで

直接トランプ氏に訴える署名運動があるということ。

アメリカ在住の何人かのブログなどでも拡散されています。

ぜひ、署名参加を!

・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・



Madoka デニーさん応援 @madoka8madoka Vor 6 Stunden
Antwort an

ありがとうございます!お時間ありましたら、こちらを

プリントアウトして、リアルの人達に呼びかけて下さい。

私の年老いた母も、船から抗議に向かいます。

どうか沖縄を孤立させないで下さい。沖縄を助けて下さい!










[PR]
# by swissnews | 2018-12-14 00:12 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

アメリカの忖度弁護士に3年の実刑が!日本では考えられない・

面倒だから、新聞報道直接コピーに!

これが違反になるのかもしれないが、どうせ読者は少ないし・・・・

*****************

モデルに「口止め料」、元顧問弁護士に懲役3年


12/13(木) 2:50配信

読売新聞

 
トランプ米大統領の元顧問弁護士で、2016年の米

大統領選直前にトランプ氏の不倫相手とされた元モデル

ら2人の女性に対して計約28万ドルの「口止め料」を

肩代わりしたとして、不正献金などの罪に問われた

マイケル・コーエン
氏(52)について、ニューヨーク

連邦地裁は12日、懲役3年の実刑判決を言い渡した。

 支払いは事実上、トランプ氏の指示で行われていた

ことが認定された。司法省の内規で現職大統領は刑事

訴追されないが、トランプ氏に対する追及は今後、

野党・民主党が過半数を占める米下院の弾劾(だんがい)

手続きに移行する可能性もある。

(ニューヨーク支局)

****************

日本なら、もう何人もの政治家、官僚が実刑になって

いるだろう。

今、スイスの夜のニュースでも報道されている。

アメリカでは司法がまだ生きている。







[PR]
# by swissnews | 2018-12-13 03:31 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

チューリッヒ老人大学講義やダンスコースに中国人が多数

前にチューリッヒの60歳以上の大学について書いた。講義は週2回で、テーマによっては600人講堂がびっしりになる。普通は半分ぐらい。

この日にダンスや、コンディッション、ヨガとかのコースもあり、半年1万2千円の会員証でどのコースも参加できる。

今日始めてダンスコースに行った。スポーツホールがびっしりだった。ローッカーに自分の私用鍵を持って行き、そこに全部入れ、ホールに私物持ち込み禁止だ。

それは参加者が多すぎて場所がなくなるからだ。全部でカ100人ぐらい。なりたくさんのアジア人男女がいた。講義で見かけた中国人や韓国人だが、このダンスのコースにはもっとたくさんいた。

ダンスといっても私がしているような創作ダンスではなく、ワルツ、チャチャチャ、とかいわゆる社交ダンスのステップだ。コンビネーションも簡単なもので、一人で繰り返すだけ。

先生は、正面、後ろ、右左、真ん中と位置を替え威勢よく老人の間を縫って要領よく指導していた。

私も汗が出てくるほどびっしり動いた。中国人は本当にニコニコして幸せそうに踊る。スイス人男性も2割ぐらい。

コースは50分で、終わっる。帰るとき隣の休憩ホールでいくつかのテーブルを囲み、仲良くお弁当をたべている中国人達を見た。スイス人も勿論たくさんいた。なかなか良いアイディアだ。お弁当や飲み物もって集まる。

講義の時出合った日本人は今まで一人だけだ。

この大学に行くには、水鳥がたくさんいる池や芝生のある公園を通り抜ける。ここでお弁当食べるのも良いと思った。

チューリッヒは本格的に冬に入ったが、クリスマスの陽気がいっぱいだ。

チューリッヒ老人大学についての記事

・・・・・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・・・・






[PR]
# by swissnews | 2018-12-12 06:06 | 教育・宗教・人材 | Comments(0)

日産元CEOゴーン氏が再再逮捕・逮捕されたときの記事再記載

元日産CEOが再逮捕されたようだ。前に書いた記事。

***************************


日産のゴーンCEOが逮捕拘束されている。

スイスのメディア(私の新聞には)逮捕された時の容疑が書かれていたが、それはただの日本メディアの訳といえるだけだった。新聞社としてのコメントはまったくなかった。

ゴーン氏の逮捕状況について、アメリカのメディアで(ウオールト・スツリート・ジャーナル・27日社説)「宗教裁判」に等しい、とか、日本の後進国的な人権無視の拘束である、とか書かれていたようだし、フランスのメディアでも、ゴーン氏が、家族と会う時間が15分だけで、日本語で話さなければならない事。尋問時は弁護士なしで(ビデオ撮影も無しとか聞いた。内部の者だけ?)20日も拘束され、さらに検察側は、起訴なくても又即逮捕できると聞いた。

私は何度も書いたが、テレビの刑事シリーズが好きで、欧州ほとんどの国のもの(ドイツ語吹き替え)を見ている。

こちらでは、子供だって、親に代わるもの無しの取調べは」禁止であることを知っている。どんなチンピラだって逮捕されれば「弁護士を呼べ」という。私だって何かあったら、弁護士をすぐ呼んで貰うだろう。それでなければ話さない。

それに「取調べ」は警察官名をはっきり知らせる事。必ず2人以上がいること。そして録音、録画する事。そしてすべて記録される。それは後に警察官自身をを守るための証拠にもなる。拷問を避ける事にもなる。

検察側は、24時間、あるいは48時間とか国によって違いがあっても、嫌疑をはっきりし、検察側が拘留を決める。しかし日本のように弁護士無しの尋問や起訴までの期間が長くない。それでなければ釈放になる。日本では起訴できない場合は又20日間起訴無しに拘留できるそうだ。

日本の司法のあり方がいかに中世的かについては前にNZZ新聞の記事を要約したが見つからない。99.5%の有罪率を誇る日本の検察ということについて書かれてあった。

それに、日本ではいったん逮捕されると有罪が立証される前に、社会に抹殺され解雇される。それが他の先進国との違い。

それで、次の記事をリンクする。

・・・・・・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・・・

日産のゴーン氏逮捕は、当然世界中の刑事司法家が注目している。

この際、日本のかけ離れた後進的な冤罪の多い司法が、少しでも改善され、拘束期間の短縮、弁護士同伴など人権が守られるようになればよいと願っている。


[PR]
# by swissnews | 2018-12-10 19:06 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

メルケル氏が18年の党首辞任・10分のありがとう拍手・感激

今日はドイツの与党、CDU,キリスト教民主同盟の党首であったアンゲラ・メルケル氏が18年の党首の座を降りたお別れの時だ。

彼女の最後の演説の後、党員1000人ぐらいの拍手を受けた。10分も鳴り止まず、メルケル氏は何度も手を振って答えた。多くの党員が「ありがとう・シャフ」と書いたプラカードをあげていた。

涙を流していた党議員年配男性女性がたくさんいた。

その後、新しい党首の選挙があった。2回目の投票で、選ばれたのが 女性のAnnegret.Kramp-Karrenbauerだ。名前は、アナグレートで、名が、夫の姓クランプと彼女の旧姓カレンバウアウという。
名前が長いので政治家の会話の間では、略し、A・K・Kといわれている。

彼女は保守的なカトリック教徒だから(メルケル氏はプロテスタント)昔のように結婚したら夫の名を先にする。このように二つの姓名があると結婚しているとはっきり分かる。

現在は、どっちかひとつでも良いし、順番も自由だ。仕事名と事務名が違っても良い。

ところで、彼女が投票で破ったのは、メルツ氏。彼は10年前までメルケル氏の片腕だったが、彼女に反撃し、破れ、頭にきて政治を遠のき経済企業化として活躍していたやり手だ。しかし、今回又突如現れ政治に戻った。彼は好きでないので敗れてよかった。

これからはしかし、CDUはずっと昔のようにもっと保守的になるだろう。

だから私の考えでは、SPD、社会党が又強くなるのではないだろうか。昔のように。

とにかく、このアナグレート・カレンバウワーは、19の時から政治家になった筋入りの実績を持つ。

もう一度10分もの拍手を送れる政治家は、政治の大事さと仕事の大事さを知っている。これが欧州の政治だ。







[PR]
# by swissnews | 2018-12-08 03:40 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

スイステレビニュース・日本のリニア新幹線

昨日のスイステレビ夜、「10時10分前」という報道で、トピックスに日本のリニア新幹線の報道があった。

最初に、チューリッヒ市からサンクトガレン市まで急行が、一時間4回運行する事になった。(今まで2回)。

日本では、しかし、比較にならない早い鉄道が建設されている。

リニア新幹線の走る動画と、コンピュウター図解、会社側、学者側の代表インタビュー説明があった。

要点

・・・東京から名古屋まで?の試乗が人気を呼んでいる。限られた日に申し込む。

・・・東京から名古屋まで1時間40分?。40分の短縮?。最終的な時間かどうかどうか分からなかったが。

・・・更に大阪まで建設。施工される。

・・・1時間最高時速500km?

・・・早い、安全、力強くがモットー。

・・・人は「飛ぶじゅうたん」のような柔らかさを期待しているかもしれないが、実際は、硬く、飛行機に乗る様なけっこう雑音がある。

・・・会社側は、ポテンシャルを信じている。経済マーケットを魅了する。

・・・エネルギーは、今までの新幹線よりコスト高。しかし、飛行機より少ない。

・・・将来、飛行機から鉄道に切り替えてほしい。

以上

*************

このような報道は、とうぜん、コメントは無し。だが情報としていろいろ意味がある。

又、日本がすごいことしている。なぜスピードがそんなに大事?

スイス人は、ドイツで建設が中止(実験事故・不必要・環境)になったリニア鉄道の事を、思い出して、それぞれの思いをしてるだろう。





[PR]
# by swissnews | 2018-12-07 22:20 | 科学・技術・研究 | Comments(0)

スイスの内閣は7人の大臣からなる。3人が女性に!

今日は、嬉しい日だ。

スイスの内閣は7人の大臣と総まとめ役をする一人で

構成されている。

他国と違うところは、内閣は与党とか野党がなく、大き

な党のほぼ順位とか、4ヶ国語地方のそれぞれの代表

とか、男女の関係も考慮され、立候補し議会票で決め

られる。今日、2人の大臣が退職したので、新しい

2人が選挙された。2人とも、女性が選ばれた。

これで7分の3は女性だ。万歳!

夜明け前にすでに各地方から一番電車でやってきた

女性たちが、国会の前で集まり励ました。

歓声!

このことに関しての日本語の記事が

早速スイスインフォで出た。



・・・・・・・・・こちら・・・・・・



大統領は、毎年この7人の誰かかほぼ交代順番で

受け持つ。




[PR]
# by swissnews | 2018-12-06 00:11 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

坂本龍一氏の沖縄に寄せる思いは当たり前だ。

坂本龍一氏は世界的音楽家。

スティーブ・ノムラ・シブル監督が、5年間をかけて、坂本氏の

ドキュメント映画を作製た。「坂本龍一・CODA]というのだった。

私は春にチューリッヒで見て感激した。かなり長く上映されていた。

(チューリッヒ映画フェスティバルなども)

ずっと前から時々彼の音楽を仕事に使わせてもらっている。

(一括して税を払っているが)勿論プライベートでも聞く。

その時間は短くても貴重な時間となる。気が入って聞くので集中力もいる。

彼の沖縄に寄せるインタビューを読んだ。

これは、坂本氏でなくたって、誰でも当たり前に思うこと。

どうぞ、沖縄の民意に!もうこれ以上沖縄に負担を強いる事はやめてといいたい。


・・・・・・・・・
なんでそこまでして沖縄がぎせいになるの・・・・・・・


前に書いた私が書いた関連記事私の記事。


・・・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・・





[PR]
# by swissnews | 2018-12-04 05:21 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

裕福で、繁栄し、幸せな国の世界比較

偶然に読んだ記事。

英国の調査

幸せ度・裕福度・繁栄度の世界比較。



・・・・・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・・




[PR]
# by swissnews | 2018-12-03 14:25 | 政治・経済・歴史 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

元徴用工らへの賠償・ドイツで..
at 2018-12-15 05:13
沖縄辺野古埋め立て反対署名が..
at 2018-12-14 00:12
アメリカの忖度弁護士に3年の..
at 2018-12-13 03:31
チューリッヒ老人大学講義やダ..
at 2018-12-12 06:06
日産元CEOゴーン氏が再再逮..
at 2018-12-10 19:06
メルケル氏が18年の党首辞任..
at 2018-12-08 03:40
スイステレビニュース・日本の..
at 2018-12-07 22:20
スイスの内閣は7人の大臣から..
at 2018-12-06 00:11
坂本龍一氏の沖縄に寄せる思い..
at 2018-12-04 05:21
裕福で、繁栄し、幸せな国の世..
at 2018-12-03 14:25

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活