その後の日本。スイステレビ特別レポート。

4日のスイス第一テレビ、22時20分から大体30分ぐらい「Kultur Club」カルチャークラブという番組で、大震災の後の日本を伝える特別報道が組まれた。若い女性レポーター(日本、中国、韓国などの専門家)が、数日日本を歩いたレポートだった。

メモ用紙を準備してテレビの前で構えていたが、人の名前は、3秒ぐらいしか映らず、書き取れなかったものもある。スイス人アナウンサーの発音を書いても、日本語にはならないときが多い。

総体的に言うと東日本大震災のあとで、日本は変わったか?というテーマだった。「主張する新しい文化の兆し」「行動し出した若者」とかいうPositivな反響が報道されていた。

・・・・東京。坂本龍一氏とのインタビュー。彼の芸術活動や援助活動。日本に発言し、行動する文化が生まれつつある。

・・・・脱原発デモや集会。ノーベル文学賞を受賞した大江健三郎氏が、みなの前で語っていた。10ミリオン署名運動。しかしまだ1ミリオンしか集まっていない。

・・・・東京渋谷の夜の世界。ネオンが少し暗くなったといっていたが、レポーターは、すごく明るいといっていた。すし屋さんと魚の問題。

・・・・神田かおりさん?という「噺家」の政治主張と活動の魅力。

・・・・地下鉄の自動切符売り機械にかかる電力。

・・・・松本はじめさん?のセカンドハンドの店と「素人の乱」?無駄な消費の面白い話。

・・・・大阪、新幹線。富士山

・・・・建築家、安藤忠雄氏が一時間も時間をとってくれたこと。死者が横たわった津波現場に何かを建てるのは忍びない。木を植えることが一番いい。記念館も準備。

・・・・埼玉県の芸術家、加藤つばささんの仕事が紹介された。

・・・・「CHIM POM]チンポンとか言う音楽家、ビデオ、イベントの様子。

・・・・・自分の友達が津波で死んだと語った若い写真家Kazuma Obara氏の活動。津波現場だけでなく、リスクも承知で、原発現場で胸を打たれるような写真を撮りまくった。

・・・・原発被災地のお寺に今でも住み続ける、禅のお坊さんでもあり、作家でもあるSok?yGenko(お名前が書き取れなかった事すみません)僧の話で、避難するか、留まるか迷った話。今、平和な事。禅のこと。多くの人が、共同で、何かをする。コミニケーションの大事さなど語ってくれた。

*******

この若い女性ジャーナリストは、日本の新しい息吹みたいなものハッキリ感じ取ってきたようだ。




チューリッヒ         F.S.

[PR]
by swissnews | 2012-01-06 08:05 | 映画・建築・芸術・エンタメ | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

ディベートと外交(話し合い)..
at 2018-02-24 03:28
裁量労働制についてのTweet
at 2018-02-20 22:54
日本の若者は、今発言しないと!!
at 2018-02-20 01:01
羽生選手など日本人若手活躍の..
at 2018-02-17 17:34
期待に応えられなくて申し訳あ..
at 2018-02-16 04:15
平昌五輪で活躍する日本選手
at 2018-02-14 05:45
アルマーニの制服を着る前に子..
at 2018-02-12 03:02
3度違う見解を表明したことで..
at 2018-02-10 05:16
ドイツ第4期メルケル政権の3..
at 2018-02-09 00:57
教育に投資するスイスの利益・..
at 2018-02-07 17:56

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活