ドイツ語メディアで特集・3.11福島2年後

一昨年と、昨年は花粉症がほとんど自覚されなかった。今年、又、3月はじめピッタリ何十年来のように、頭痛、くしゃみ、鼻水、喉痛、それに熱もでてきた。年をとれば症状が軽くなると聞いていたので、やれやれと思っていたのに。考えてみると、2年間3.11のショックやストレスが花粉症を抑えていたのかもしれないと今では思う。

さて、ドイツやスイステレビニュースでは、いろいろな角度からこの2年後の福島の様子を伝えている。多くのメディアは特派員を送ってさまざまの日本人関係者と現地からインタビューを伝えれいる。

天皇両陛下を交えた追悼の様子。デモの様子。バスで通う東電派遣従業者の様子。今でも仮住まいの被災者

多くを総合すると、今も予断を許さない東電原発炉の危険性だ。仮の冷却は、東電は成功と伝えるが、専門家は、燃料棒を取り出す方法はまだまったく分からない。30年、40年はかかる。その間の地震の影響も危機だ。溜まっていく汚染水、汚染土壌の行方は?
・・・・・こちら・・・・

昨日、スイステレビ「ホリゾント」で、「フクシマの母親たち」と言うドキュメント番組を見た。5人ほどの女性の例が報道された。

健康な食料を求める母親たち。食料が汚染されているかどうか政府機関に調べてもらうと時間がかかり、高くつく。それで自分たちで汚染料をチェックする機関を立て、主婦などの女性たちが対応している。早くて安い。九州など遠い他の地区から取り寄せ、少し高くつくが、玄米などで健康食を扱う女性。被災中妊娠していたので、東京に避難し出産、その後の見通しに悲観的な女性。反原発運動に徹し座り込みを続ける女性。地元のフォールームで今後の街づくりに情熱を注ぐ女性など。

・・・・・非常に頼もしい事です。それぞれのご成功を!・・・・

ここにリンクするのは、ドイツ語が分からなくても写真だけでも見てください。

ARD ドイツ第一テレビ

HANDELAPLATTドイツ経済新聞

ZEITドイツ新聞

Der Standard オーストリア新聞

NZZスイス新聞

残念ですがリンクは禁止なので消しました。


このように世界中の人が、今日本や、被災者に思いをはせています。
被災者ご家族にもう一度心からお見舞い申し上げます。

チューリッヒ  フミ

by swissnews | 2013-03-11 21:01 | 原発・福島・東電 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

辺野古・ついに若者がハンガー..
at 2019-01-18 03:30
長期食料買いだめするイギリス..
at 2019-01-18 00:24
敵を作る日本の外交・ナイーブ..
at 2019-01-15 23:17
賃金上昇捏造・勤労統計不正っ..
at 2019-01-15 02:31
日本の女性、差別を語れ。それ..
at 2019-01-14 01:34
英国メイ首相訪問の目的は40..
at 2019-01-12 03:16
日本の裁判は形だけ・その前に..
at 2019-01-11 15:42
兼高かおる氏の報道が私の人生..
at 2019-01-10 02:47
スイスの医療制度についてよい..
at 2019-01-08 05:19
小林陵侑選手、67年間たった..
at 2019-01-07 04:17

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活