スイス紙が、日本で破損された「アンネの日記」記事を。

タイトルは「イスラエルが、「アンネの日記」を日本に寄贈する」と言うものだった。

「日本の図書館でミステリアスに、多量のホロコースト文学が破損された。それに対して「イスラエルから補充の手が」と言うサブタイトル。

日本のイスラエル大使館が300冊のアナ・フランクの「アンネの日記」を日本に寄贈した。

・・・この本の説明・・・・省略

なぜかと言うと、数ヶ月来、ミステリー的な方法で、東京近辺の38の公の図書館で、308のこの本とホロコーストの本が破損され、多くの場合は、数十ページが破かれていたことが判明した。しかし誰の犯行か不明だ。

水曜日、Chiune Sugihara と名乗る匿名者が、137の本を寄贈してきた。この「杉原千畝」の名は、「日本のシンドラー」とも言われている。1940、リトアニアで6000人のユダヤ人にビザを発行し彼らの命を救ったが、日本の外務省から業務違反で解雇された外交官だ。

日本には、東京と神戸に数百人のユダヤ人家族が長くすんでいるが、日本では、アンチセミチストとか、外国人に対する偏見がいままでほとんど無かった。

日本の極右者たちの排他的目標意識は、中国人や、特に韓国・朝鮮人に向いている。最近では「韓国人殺害」を掲げたプラカードを掲げ、デモ行進していて、警察が取り締まりをしている。しかし、ナショナリスチックな、安部氏が首相になってから、この傾向は増加した。

このような右化でも、ユダヤ人に対する偏見はしかし兆しが無かった。

菅義英内閣官房長官は、「Beschämend」 「恥べきこと」と発表して、必ず、この事件を解明すると約束した。

この「アンネの日記」は、日本でもベストセラーとして多く読まれている。

以上

**********

海外でも、この犯行の解決成り行きに注目してますから、日本としては絶対に報告する義務が出来ました。

このような一見小さないたずらのような犯行でも、意味は非常に深く、国際的な影響は大きいことは、誰にでも想像できる。

fm



by swissnews | 2014-03-01 19:19 | 生活・文化・伝統・笑い話 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

辺野古埋め立て反対運動始めた..
at 2019-02-21 04:50
東京五輪の参加選手の体はつい..
at 2019-02-18 01:19
わが演劇アカデミーの誇る俳優..
at 2019-02-17 01:42
ミュンヘン安保会議中継・メル..
at 2019-02-16 20:30
なぜ欧州では同性結婚合法にこ..
at 2019-02-15 16:39
いま時、立ったままでレジをす..
at 2019-02-13 17:19
英国とスイスの取引が活発に?
at 2019-02-12 05:29
スイス紙・日本の3K(きつい..
at 2019-02-09 17:04
5人の男集団にレイブされた。..
at 2019-02-07 01:44
ドイツメルケル首相の日本訪問..
at 2019-02-06 00:33

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活