春香クリスチーンの記事がチューリッヒ紙面に、

d0179466_3143025.jpg
「Krawall und Kawaii !」「ドラバタ騒ぎとかわいい!」

皆さん!、スイステレビの「スポーツショウ」「土曜日のスイスとランプ番組」「地方主婦の地元料理番組」などみんな忘れてください。(そんなもの色あせてしまいます)

(日本では)きらきらカラー、色とりどり、カオス的な面白い世界が観られます。春香クリスチーがテレビに出演すると、絶え間なく、光が変わり、音がして、皆それぞれに話し出し、どたばた騒ぎ、カオスが始まる。

春香さんがドイツ語で「Ein, Zwei。。。1,2,3」と数えだし、そのたびに変わる百面相が始まる。皆が笑い出す。突然「この筋肉みて!」と二頭近筋肉を緊張してみせる。みなが笑う。又、突然、礼儀正しく、上品に「ありがとうございました」と言う。

ほとんど毎日彼女はどこかのテレビで何かしている。

チューリッヒ出身の春香クリスチーン、母親がスイス人、父親が日本人、で、9才の時に一度日本滞在中に日本に魅了され、その後スイスにいながら、サテリッとで日本のコメディを毎日見ていた。

マテュラ(エリートギムナジウム卒業資格、世界中のほとんどの大学入学資格がもらえる)の一年前に、(もったいないと思う人が多い)両親の求めるいろいろな条件を(語学資格)満たし、東京に単身やってくる。自分の半身である日本でジャーナリスムスを学ぶ為にだ。そして大学に受かる。しかしコメディアンになりたいと云う希望は捨てなかった。

大学に入学しながら、タレントとしてのチャンスを掴む。その頑固な挑戦が実った。

日本のタレントの仕事や、その職業のことが書かれていた・・・・省略(スイスでは日本で言う芸能人とか、タレントというのがいないので、説明に苦労していた。)

彼女の現在の忙しい毎日。

スカンダルをのり越えた。彼女は、靖国神社訪問が欧州人にはどんな意味合いと考えられるかということを語り、大きな反感をかった。(スイスでは、彼女の説明は当然正論となり、高校以上の教育のあるひとなら彼女のように説明下だろう。)

それを日本流にスカンダルと云うと判断すると、彼女はその困難を克服したといえる。

5年間スイスに帰っていない。帰りたいが時間がない。日本では、月曜日から日曜日まで仕事をする。休暇がない。

インタビューをしている時、突然目覚まし時計が鳴り響いた。それが、このインタビューの終わりの時間を意味している。夜の9時半だ。

前に書いた記事・・・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・・・


[PR]
by swissnews | 2014-11-14 03:12 | 映画・建築・芸術・エンタメ | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

ディベートと外交(話し合い)..
at 2018-02-24 03:28
裁量労働制についてのTweet
at 2018-02-20 22:54
日本の若者は、今発言しないと!!
at 2018-02-20 01:01
羽生選手など日本人若手活躍の..
at 2018-02-17 17:34
期待に応えられなくて申し訳あ..
at 2018-02-16 04:15
平昌五輪で活躍する日本選手
at 2018-02-14 05:45
アルマーニの制服を着る前に子..
at 2018-02-12 03:02
3度違う見解を表明したことで..
at 2018-02-10 05:16
ドイツ第4期メルケル政権の3..
at 2018-02-09 00:57
教育に投資するスイスの利益・..
at 2018-02-07 17:56

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活