ドイツテレビ昼のマガジンで、日本の過労死短いドキュメント

最近のドイツテレビ昼のマガジンでは、ニュースの他にいろいろ世界の話題が報道される。一作日、日本の悲惨な「過労死」がテーマだった。突然だったからメモできなかったので数字は確かではない。
ある若い会社員が4日ほど睡眠不足で突然路上で倒れ、後遺症が残った。4日間睡眠???時間だったということ。4日間で20時間超過労働をしたため。

それから日本の過労死の言葉と、電通の高橋産の自殺のこと。彼女の写真と、母親のメディアに訴える姿が映った。彼女の死までのなり行き。

ある教授の話。「日本では労働は美徳とか思われている。企業は肉体的、精神的に強い新入者を育成したいばかりにレーニングするつもりで超過勤務を強いる。」というようなことを話していた。

組合や市民団体が反対している姿かあった。

このような状況でも最近、残業上限「付き100時間未満」と政府が決めた。

**********以上

こちらではただ「唖然」としけ聞くしかない。先進国では労働は週40時間が法的に決まっている。日本のように100時間なら週25時間まで企業は労働させて良い事になる。日本にだって労働基準法があって集0だったか48時間だったか決められているのでは。なぜそれ以上の方が必要なのか。憲法違反ではないか。

そのうちに100時間が当たり前に義務化されていく事になるだろう。これをうけ入れる国民は低気力。このようなことが如何に他の先進国から軽蔑されているか、哀れに思われているか、日本人は知らないのだろうか。

いくら「クールジャパン」とか「日本が世界をリードしていく」とかいってもただ「気持ち悪い」だけだ。

こちらでも特に金融関係は過酷な過労状態になる。特に新入者はひどいらしい。しかし彼らは自覚があり、一生それをするわけではないし、報酬は高い。休暇も取れる。それこそエリートになりたい人がそれに耐える。実際体力もありから、期限付きで職場に泊り込み集中勤務はある。

あるいは、管理職の人はそれこそ朝から晩までと言う感じもある。たいていは10年間ぐらいで燃え尽きて、転職、長い休暇を取る。自分で選ぶことが出来る。

日本の自分の甥っ子、姪っ子の子供達も過労状態になる勤務に耐えていくのだろうか。

スイス紙で以前に取り上げた過労死についての記事・・・・こちら・・・・



by swissnews | 2017-04-29 16:31 | 企業・労働・賃金 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

辺野古・ついに若者がハンガー..
at 2019-01-18 03:30
長期食料買いだめするイギリス..
at 2019-01-18 00:24
敵を作る日本の外交・ナイーブ..
at 2019-01-15 23:17
賃金上昇捏造・勤労統計不正っ..
at 2019-01-15 02:31
日本の女性、差別を語れ。それ..
at 2019-01-14 01:34
英国メイ首相訪問の目的は40..
at 2019-01-12 03:16
日本の裁判は形だけ・その前に..
at 2019-01-11 15:42
兼高かおる氏の報道が私の人生..
at 2019-01-10 02:47
スイスの医療制度についてよい..
at 2019-01-08 05:19
小林陵侑選手、67年間たった..
at 2019-01-07 04:17

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活