CO2キラー大気洗濯機がスイスの村で実験稼動

チューリッヒの工科大学ETHはアインシュタインなど有名な学者が勉強した大学で、世界20国の中でただ一校、米英以外の大学としてランキングされている。

若い学生達が2009から、大気のCO2を集め、大気を洗浄し、それを植物の培養に役立てる巨大な洗濯機を開発してきた。

チューリッヒ湖の近く、Hinnwilという小さな村で初披露になった。

3つの過程が簡単に図化されている。

1、・・ゴミ焼きばで、ゴミを100度ぐらいに焼く。それが2、の機械を動かす。

2、・・大気洗濯機KEZO(10m高、89.2表面積)は18の特殊なフィルターが付いている大きな扇風機が回り、大気(CO2だけでなくいろいろなものが混ざっている空気)を取り込み、きれいな空気だけ又大気に吐き出す。

3、・・そこでより分けられたCO2だけが隣の巨大なビニールハウス(40000m2)に送られ、トマトやキューリの栽培に使われる。普通の栽培より20%高い発育を促すことが出来る。

効果は今のところそんなに大きくはないが、このような実験的なものに投資する者や、協力する自治体があることだけでもすばらしい。

大きな発展も小さな発展から始まる。

この記事は新聞一面に写真や専門的な解釈が付いているが、CO2がなぜ植物促進になるのか何度読んでもこの理屈は私にとって難しすぎてよく理解できない。それでも新聞は惜しみなくこのような説明を国民に書き続ける。




by swissnews | 2017-06-12 16:26 | 科学・技術・研究 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

辺野古・ついに若者がハンガー..
at 2019-01-18 03:30
長期食料買いだめするイギリス..
at 2019-01-18 00:24
敵を作る日本の外交・ナイーブ..
at 2019-01-15 23:17
賃金上昇捏造・勤労統計不正っ..
at 2019-01-15 02:31
日本の女性、差別を語れ。それ..
at 2019-01-14 01:34
英国メイ首相訪問の目的は40..
at 2019-01-12 03:16
日本の裁判は形だけ・その前に..
at 2019-01-11 15:42
兼高かおる氏の報道が私の人生..
at 2019-01-10 02:47
スイスの医療制度についてよい..
at 2019-01-08 05:19
小林陵侑選手、67年間たった..
at 2019-01-07 04:17

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活