自分も自由な権利がほしいから他人の自由な権利も認める・再記載

今は夏であるが、前に書いた記事を再記載する。

*********************

皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

年末にはプレゼントを買いに来るのか、いろいろな人が街へ出てきて、トラムも少し込み合う。そのような時に社会の寛容さが現れる。

チューリッヒのトラムは、毎車両に大型乳母車4つぐらい、障害者車2つぐらい、自転車や動物にも使えるちょっとした広場がある。障害者乗り降り可能な自動的板を有するトラムは2回に一回ぐらいの割合で運行され外のホームの電子版に表示されている。

その空間でティーンエージャーがワイワイふざけあっていても、乳母車が来るとすぐ散って場所を空ける。

私は最近は高齢者用の最前の席に座るようにしている。クリスマス前、非常に太ったまだ若い女性が降りた乗客に助けられ「よっこらしょ」とのってきた。私と隣のおじいちゃんがすぐ席を譲った。座った彼女のヒップは広がり、ひとつ半以上の席を必要とした。

皆、この女性がどのようにトラムまでたどり着いか、その苦労や不便さが推察できるから、このとき位はゆっくりして!と言う感じになる。私とおじいちゃんは後ろの人が席を譲ってくれた。皆の視線はすぐ自分のスマートフォンに戻り、何もなかったようになる。彼女が降りるときにまた「大丈夫か」と言う感じで見たり、思ったりする人がいると推測される。誰かが援助してくれるだろう。

また、盲導犬を連れた人が前から乗ってきて、最前席の窓側に人が座っていたので通路側に座り(前には空間がなく)、犬は通路に寝そべった。この盲人が自分の愛犬がなるべく小さくなって通路を埋め尽くさないように胴体を引き寄せるのだが、犬はあごを前足に乗せ行儀よく、しかし、気持ちよさそうに床に広がってしまう。

前から乗り込んできた客は、それを見て「盲導犬だ!まあ仕方がないか!」といって窮屈をこらえ入り口にかたまる。「こんなことは、5年に一度ぐらいしかないことだ」と思えばよい。後ろから来た人も、盲導犬を見て引き返す。苦情する様な表情を見せた人はいない。私はこのときとばかりすぐ近くにいるやさしそうな白い毛の犬をじろじろ眺め、毛をなでたいのを我慢する。こちらでは他人、子供、動物、物に勝手に触れるのは禁止だから。

チューリッヒのトラムには何でも持ち運ばれる。一度、昔、ヤギが乗ってきたことがある。臭いが、子供達も私も興味深く近くで見ることが出来た。

自転車のトラム乗車許可は、ずっと前、賛否の市民投票がされた。結局、自転車のりは自分の家族には誰か必ずひとりはいるし、緊急の事情もある。自分も何かの特許的な自由を認めてほしいときが来る。例えば、もっともっとベンチや手すりを増やしてもらいたい。若い女性はいつかは自分のベイビーが!。だから、ベビーカーのすべり階段などの要求が出来る。トラムの自転車持ち込みは場所をとるが「まあまあ良いではないか」と言う事になったのだ。その代わり、いつかわれわれの自由も認めてと貸しを与える。

国鉄電車は勿論自転車持ち込みが可能だ。場所が決まっている。子供遊び場車両も付いている。ポストバスも自転車乗り込み可能だ。

トラムに自転車を持ち込んだ者は、
先にいた乗客が移動して場所を空けてくれるので、上手に乗せ、「よろしく」と行儀良くしている。

身体障害者の車椅子の場合は、乗り降りする場所が決まっていて、滑り台が自動的に降りてくる。(自動式は都会の場合だけ。田舎では車掌が板を引き出す)乗り込んでくると、近くのものはその複雑そうに見える機械の操作に興味を持ち、運転のうまさに見とれる。(私だけかもしれないが)

ベットのマットだって持ち込んでのってくる人がいるし、まあ、ベルリンの地下鉄のように多様ではなくても、何でもありみたいな感じだ。

迷惑なんてあまり考えない。自分もいつか迷惑かける事になるのだから。それでも、皆、今自分が障害者でないことがありがたいなと思うきっかけになる。

ちなみに、犬や大きな動物は子供料金(今でも変わってなければ)を払う。障害者はきっと特別料金かただになるのだろう。

他人の自由を認め、自分の自由も認めてもらう。これが寛容の秘訣だ。




[PR]
by swissnews | 2018-06-07 04:40 | 社会・福祉・医療 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

スイスの日本語新聞・年間4回..
at 2018-10-21 05:02
スイス紙・東京五輪の経費はす..
at 2018-10-19 04:36
ネパールのシェルパー・ここ5..
at 2018-10-17 02:43
スイス紙・靖国神社の最高宮司..
at 2018-10-16 00:36
ヨーロッパはデモの秋
at 2018-10-14 15:55
コロッケを買いにジュネーブま..
at 2018-10-14 05:21
スイス紙・東京五輪の経費はす..
at 2018-10-11 03:27
ドイツテレビ・日本ロボットペ..
at 2018-10-09 15:36
ライン川を越えて又ドイツで昼..
at 2018-10-08 01:46
のど飴女子議員が退場処罰に・..
at 2018-10-06 03:16

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活