人気ブログランキング |

誰がどのように最終的な話し会いまで持っていくのか・拉致問題

米朝会談の後、拉致問題が取り上げられ、横田さん夫妻がトランプにお礼の手紙を書いたと読んだが、私は必ずしもこれは幸運に導かないと思う。トランプだけでなく他の国にはもう頼りに行って背中を押す事はできなくなったからである。

日本が当然ながら自国の問題を自分で解決すると始めて世界に表明したのだから、これからはもう決定的に自国だけの問題になった。これが失敗したらもう恥ずかしくて他国には頼れない。

日本の首相安倍が、『自分が直接会談して解決する』と発言。最近では

『最終的には私が直接話し合いをする』と言っている。

しかしこの言葉が問題だ。

最終的というのは何か。安倍の言う『北京ルート』などは実際はなく、ただ、そこからファックスできるだけとも読んだ。本当かどうか知らないが、もう5年もの間、管勘官房長官がロケット実験のたびに、『遺憾だ。強く抗議した』と言うのも、実際は北京からファックス送っただけだと聞いた。どのように抗議したのか誰も聞かない。

安倍首相自身が『ストックホルムの合意』2014の北朝鮮側の拉致者の調査結果を知らされているのだし、国民との約束がかなり「はかないもの」になると知っているから今まであまり積極的ではなかったと思う。日本国民が北朝鮮を憎んでいる限り、政権の政策が有利になるので、進展させる意欲がなかったのではないか。

日本は今でも北朝鮮と通常の国交はないし、日本人仲介者や電話会談などなくまったくてを打つ手がなかった。(160カ国?の国家が北朝鮮と国交があり、取引が盛んになっている。日本はだから公に取引することも出来ない。みすみすチャンスを放棄している。と思う。)

それに、拉致者の子供や、孫がいたとして彼らが日本に住みたいかと言う事さえも分からない。特に拉致生存者自体さえもだ。日本人の多くは,日本が良いに決まっていると頭から信じて疑わないが、そんな事は分からない。だから国交正常化して、孫たちが訪問でき又帰れるような国際関係が一番いいし大事だと思う。

「『最終的には私が直接話し合いをする』と言っている。」この最終的というのは何か。誰が、どのように最終的になるまで話を進めていくのか。

それをはっきり知らなくても、日本のメディアや、野党は黙っているのか。

安倍は『だれかが段取りつけてくれたら、自分が最終的に拉致者を迎えに、堂々と北朝鮮に乗り込む』と考えているのでは。ただ誰かを待っている。

欧州の考えでは、そこまでの段取りを作るのがそもそも最高首脳の仕事だ。積極的に計画し、支持し、自分が動く。

そのうちに、国民も忘れてくれるだろうと思っているのでは。それが一番都合が良いと思っているのだろうか。

*********

引用。

かおなし @cocorono121 vor 9 Stunden



by swissnews | 2018-06-20 21:17 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

近浦啓監督「Complici..
at 2019-05-24 05:58
欧州で見かける、例外的な行動..
at 2019-05-23 05:17
米黒人富豪スミス氏が、黒人の..
at 2019-05-21 06:18
今国民が法の平等に声を上げな..
at 2019-05-19 17:00
日本政府の統計6割が不正と言..
at 2019-05-18 21:45
オバマ大統領についてアメリカ..
at 2019-05-17 23:11
4000人の中国人が95台の..
at 2019-05-15 03:57
スイスの連邦弁護士、FIFA..
at 2019-05-14 05:20
スイスの日本語新聞・日本人の..
at 2019-05-13 05:01
スイス紙・東京五輪の予算はす..
at 2019-05-11 02:05

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活