ライン川を越えて又ドイツで昼食を。

最近は、秋日和の暖かい日が続いた。今日は午後からは23度ぐらいに上がり雲ひとつない暑い位の眩しい日となった。

ユーロのお財布をリックサックに入れ、中央駅に向かった。Kobrenz からライン川を越えWaldshut というドイツの小さな町まで50分ぐらいでいける。しかもスイスの電車車両に乗り込んだままで、スイスのチケットが通用するのだ。

このドイツの町には、毎日かなりのスイス人が買い物に訪れる。ドイツ側とすれば「Wellcome ]なのだから、電車代はスイス側に落ちることになる。

ライン川は何度見てもすばらしい。あっという間にドイツに着く。近視めがねの上にサングラスをしっかりかけた。
旧市街まで買い物客に混じって向かうが、スイス人おばあちゃんたちは買い物似急ぐためか足が速い。それにつられてつい私も急いでしまう。

旧市街の門を潜ると、夏のように、すべてのレストランは中心広場にテーブルを出したままで、どこも満席だった。

私はいつもの小さなレストランを覗いた。客は皆、日の当たる外に出ていて室内はほぼ空っぽだった。窓際の日当たりの良い席では、ちょうどドイツ人おばあさんが二人立ち上がり、私にまるで「どうぞどうぞ。ここは最高の席ですよ!」と言うようにニコニコして誘っているようであった。そして出て行った。

私は軽く「ラッキー!、ありがとう」というように、まずサングラスをテーブルの上に置き、リュックサックを椅子に下ろした。そして食べる物は決まっていたが念のためメニューを引き寄せた。

その間15秒ぐらいだったが、出て行ったおばあさんがあたふたと戻ってきて「サングラス忘れた」といって、テーブルの上のサングラスをサッと掴み取り、失敗を恥じるように少し怒っているように又出て行った。

私は一瞬、あのサングラスが彼女のものだったのかと、自分の意識に自信を失くしたが、やっぱり私のものだと気を取り戻し、立ち上がり外へ出た。二人の女性はこちらを向き、半分困ったような笑い出したいような顔をしていた。手に持ったサングラスを私に差し出しながら、彼女は自分の頭を叩くようなしぐさをした。

真っ白なフワッとした髪の毛煮に覆われた彼女の頭の上には黒いサングラスが引っかかり光っていたのである。そして私のほうに歩いてきた。勿論彼女は私のサングラスを返してくれた。そして3人で少し笑った。

あまりにも天気の良い眩しい午後だったので、われわれ年寄りは少し忘れっぽくなり、錯覚をおこしてしまったのだ。

いつものレストランオリジナルのスープを食べ、サングラスをしてまた外に出た。そして、いつもの薬局に行って2,3ケ月分の保険のきかない薬やシップ剤を買った。確かにドイツでは安いのだが、どれほど安上がりになるか計算した事はない。

薬局のおじさんが、丁寧に関税の書類に記入してくれる。そして「17ユーロ戻ってきますよ。」と丁寧に余計な事も言ってくれる。(更に、この書類を駅の関税でスタンプ押してもらうと、この次のドイツ訪問のときに提示するとこの金額が戻ってくるのであるが、私は必ず次の機会に忘れてくるので、税関に行ったことはない)

それでも、陽に光るライン川を見下ろし、渡ることは良い気晴らしになる。










[PR]
by swissnews | 2018-10-08 01:46 | スイス在住日本人のつぶやき | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

PC使った事ない大臣が、日本..
at 2018-11-17 00:25
スイスの2085には9度気温..
at 2018-11-15 01:29
「傾いて角がある」ことは文化..
at 2018-11-13 19:18
日本の紅葉はすばらしいが、ス..
at 2018-11-12 14:47
第一次世界大戦終結百年、仏や..
at 2018-11-12 04:01
11月9日はドイツの宿命的な日
at 2018-11-10 04:28
スイス人写真家展・毛沢東・日..
at 2018-11-08 05:17
ドイツテレビ・日本の「普通で..
at 2018-11-06 05:22
ドイツ紙・「人災」と対外表明..
at 2018-11-03 05:50
ドイツの場合の強制労働被害者..
at 2018-11-02 02:31

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活