コロッケを買いにジュネーブまで行く

私はほぼ10年間、スイスの全国全額フリーパスを使っていた。スイスの交通費は非常に高いのでこのパスも高い。しかし、今までスイスの鉄道や郵便バスで国中を訪れ、このパスが有効なイタリア、ドイツ、フランス、オーストリア、リヒテンシュタインなどの国境地区などにも使えるだけ使った。ほとんどの峠を越した。知らない村にもたくさん行った。

これからは孫の世話など時間がなくなり、半額のパスに切り替える事にした。昨日が全額パス最終の有効日だった。

天気も良かったので、最後のジュネーブ日本食料買出しの日となった。

ジュネーブまでは、30分に一度急行電車が通るので、行きは、フライブルグ、ロザンヌなどの、牛や畑の多いチーズ産地の景色を楽しみ、帰りは、ヌシャテルや、ビールなどの葡萄畑の景色を楽しんできた。

ちょうど紅葉の真っ盛りで、どこでも緑、黄色、赤に染まり、きれいだった。いくつもの湖もいつものように平和だった。

3時間近くかかって、ジュネーブに着いた。

チューリッヒにも日本の食料品は何でも買え、わざわざジュネーブまで日本食店に行く必要はないのだが、行く理由は暖かい出来上がりのコロッケが帰るということだ。

ジュネーブには2つの店があり、ひとつの店で、食料だけでなく、すしを食べ、出来上がりのコロッケやメンチを買う。

もうひとつの店では、たらや、さばの魚、葛湯や甘酒、サバカンなど又、出来上がりのおかずを買う。

そして、すぐ駅に戻りかえってくるのがいつもの行程だ。

ジュネーブで電車を待つ間に、ホームの一番端のベンチで、風に当たりながらまだ暖かいコロッケをたべる。

チューリッヒには午後4時には帰ってこれる。

途中、息子の家の台所に入り、コロッケや魚、おかずを置いてくるのが嬉しい。

夕方には、息子から感激の感謝の言葉が携帯で読めるだろう。

チューリッヒではコロッケが買えるところはない。残念だ。

これからは、いろいろな方法で半額、あるいは割安切符を買う方法を覚えなければならなくなった。

しかしスイスに来て以来45年間、予約無しに、行き当たりばったりでも、座席がなかったことは一度もなかった。

スイスの鉄道は高いが、そんなことが便利で贅沢だ。










by swissnews | 2018-10-14 05:21 | 生活・文化・伝統・笑い話 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

made in Japan ..
at 2019-03-25 22:07
スイス紙のイチロー選手につい..
at 2019-03-23 15:21
スイス紙・和牛の受精卵海外持..
at 2019-03-22 01:33
スイス人エリート高齢者が日本..
at 2019-03-19 19:49
税金やばい!大学生だってあま..
at 2019-03-17 17:48
120カ国の中・高校生が反環..
at 2019-03-16 15:27
スイス紙・日本の女性「職場の花」
at 2019-03-14 02:55
日本の反環境汚染運動の矛盾
at 2019-03-12 23:14
3.11の福島原発事故と原発..
at 2019-03-12 00:09
クールジャパンの官僚仕事の損..
at 2019-03-10 05:09

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活