人気ブログランキング |

「傾いて角がある」ことは文化発展に貢献

ほぼ10年前に私は「片道だけのパスポート」という日本語の本を出版した。その時の読者の感想の中も、友人の言葉にも「彼女はもともと傾いていた人だったから」というコメントがいくつかあった。

その時は、これは「良い傾向」と思ったのか「悪い傾向」と思ったのかはっきり分からなかった。というのは、両方に解釈されたからだし、他人の感想にはもともと影響を受けないし、どっちでも関係ないので深く考えなかった。

日本ではしかし、今でも「傾いているやり方、考え方、教育の仕方」は悪い事と解釈されている事が分かった。今でもこの「思想的に傾いている」という近代の始まりに使われた言葉の慣習があることが分かった。

日本の「歌舞伎」はしかし、当時の形式常識劇から何か「傾く」、「派手な」とかという言葉から生まれたと読んだ。いずれにせよまったく違う大型ダイナミックを貫き、新しい形を作り上げた、育ててきた事はすごい。ただ、日本ではこの「新しい形」が次の「新しい形」を生むまでにものすごく時間がかかる。つまりいったんできた形を保守していく傾向が強いからだ。

最近こちらで大成功だった「深澤蘆雪」だって、恩師の手法から「傾いて」自己の手法を貫いた。

私が、こちらで演劇大学で教鞭を取り始めた40年前、学生の入学試験選択決定の一票は5年ほど辞退していた。私にとってあまりにも難しい選択だったからだ。しかし、会議にはいつも参加しなければならなかった。

そこで同僚がよく使ったのが「Ecke und Kante・角や端 がない」という言葉だった。俳優を目指す学生の演技が「角がない」という事は「退屈だ」、「面白くない」というネガティブな傾向として使われていた事に気がついた。つまりこのような若者は例え技術が最高であっても入学ダメということになる。多くの他の価値観や見方も日本人の私が知っていたものと正反対だった。

これは、俳優という芸術家という職業に限らず、どの職業にも当てはまる。「傾く」は「試してみる」「主張がある」に通じる。どの成功者も皆、特殊でそれぞれだ。皆独自に何かから(家庭。学校、社会、慣習など)独立した、最初の一歩になる。

私が日本を出たときは男子「長髪」が「傾いている男子であったが、すぐに「金髪男子」でも普通になった。日本だって文化は動いている。もっともっと「傾く」ことが必要だ。失敗は失敗で学んでいける。

私のモットーは日本にいたときから、少し変わった人が変わったことしていたって「良いんでしょう!」と「好きなようにさせてあげたら!」、「こんな人もいる。面白いな」で終わりにする事だった。

・・・・・・日本の「普通」でない子いじめ・ドイツテレビ報道

・・・・・・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・・














by swissnews | 2018-11-13 19:18 | 生活・文化・伝統・笑い話 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

近浦啓監督「Complici..
at 2019-05-24 05:58
欧州で見かける、例外的な行動..
at 2019-05-23 05:17
米黒人富豪スミス氏が、黒人の..
at 2019-05-21 06:18
今国民が法の平等に声を上げな..
at 2019-05-19 17:00
日本政府の統計6割が不正と言..
at 2019-05-18 21:45
オバマ大統領についてアメリカ..
at 2019-05-17 23:11
4000人の中国人が95台の..
at 2019-05-15 03:57
スイスの連邦弁護士、FIFA..
at 2019-05-14 05:20
スイスの日本語新聞・日本人の..
at 2019-05-13 05:01
スイス紙・東京五輪の予算はす..
at 2019-05-11 02:05

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活