2018年 09月 03日 ( 1 )

ヒットラーの『狼の隠れ家」跡で昼食を。ポーランド旅行 1

今回申し込んだ11日の旅行はチューリッヒ成人大学がオーガナイズするどっちかというとエリートの集まる学習旅行だった。自分が一番高齢だと思って行ったが、88歳の男性(原発の技術専門家で日本に5回は行っていた)や85歳の女性(小さな町の初代女性市長さんを9年やった人で、年、4回はこのような旅行に参加し、10月には日本に行くといっている)がいて、毎日大体4時間、あるいはもっと歩行するきつい旅行だった。

彼らが黙々と歩きついて来るのに私は音を上げられなかった。しかし、カヌーの川下り、船も何度か乗り、古い蒸気機関車でピクニックにも行き、面白かった。

私は、ポーランドには1972年にモスクワからと東ドイツから訪問し、ワルシャワとかアウシュビッツを訪問した事がある。このことは私の日本語の本『片道だけのパスポート』に書いてある。46年ぶりだ。

ポーランドの発展は、特にソ連から独立して資本主義になってから30年での発展は目覚しく、EUの投資でハイウェーや、飛行場その他大きな公共の施設は整い、ワルシャワにはヨーロッパ一の(192m)高いビルなどが立ち並び、われわれチューリッヒの30倍の高層ビルに囲まれている。チューリッヒはほんとに田舎街だ。

しかし、この資本主義の発展の基礎になっているのは、共産、社会主義の下で生きてきた国民の福祉を当然として求める強い抵抗力があったからだ。ポーランドはEU 連合の皮肉くれっ子で、最近自称カトリック教徒の独裁的な政治政権が最近話題になっている。司法も危ない。参加者のスイス人は、EUがものすごい投資をして助けたのにと嘆く。

ポーランド人の数年前の平均年収は世界37位で、スイス人(71、311ユーロ)の5分の一(20%)で、物価は4分の一だといわれる。(ものすごい勢いで上がっていく)日本人の平均年収は世界29位で、(34、124ユーロ)スイスの半分50%である。スイスの場合は更に、4週間の有給や、大学までほぼ無料の特権がある。出産、葬式も基本ただ。(10%税金)つまり、日本では教育費もこの収入で支払わなくてなならない。(税金はなん%)将来、ポーランドは日本に迫るかも。

隣国のウクライナはポーランド人の4分の一しか収入がなく、ロシアに近く現在立ち遅れた感がある。ウクライナの若者は自国で高い教育費をコネで払うより、ポーランドに留学し、ポーランドで働く事を目指すといった。ポーランド人は数十年前、イギリスなどに大量に移住していき、現在自国の人材が足りなくなり、ウクライナ人が大事な労働力になってきている。

ポーランドは北アフリカや中東からの移民は断固受け入れないが、ウクライナ語とポーランド語が似ていて、習得も早いし、ウクライナを助ける事は反ロシアの味方にもなる。

さて今日は、有名なヒットラーの隠れ家、Wolfsschanze(狼の隠れ家)に行ったことを書く。ポーランドはものすごく平らで、湖が3000あり、延々と広く、林や森に覆われている。ナチスドイツがポーランドを占領し、この北Masurenに何年も秘密の隠れ屋敷を作り住みついても、空からも誰にも見つからなかったのは,人工の木の枝でカモフラージュしてきたからだ。

4mもの厚いコンクリートでいくつもの建物や防空壕を作った。その資材は小さな鉄道で運び、近くの村の住民は科学工場が出来ると伝えられていた。(無論懐疑的な人がいても口に出さなかった)その隠れ家のコンクリートの頑丈さは彼らが赤軍に追われ逃げる際、自分で爆破したが爆破できずに諦めたほどである。今はコケだらけで、こうもりの住処になっている。

ヒットラーの地下数メートルの部屋には暖房があり、ムッソリーニも2度訪問したらしい。有名な反逆もあったが彼はほとんど無傷だった。

さて、この地区にレストランがある。そのレストランは当時のヒットラーとその熱狂者が食事したところを改善したものだ。われわれはそこで昼のメニューをとった。何か落ち着かなかったが、スープはおいしかった。

ネオナチの殉教地にならないようにポーランドの管理人は気をつけている。インターネットの写真。


-・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・・

とりあえずここまで、明日又書く。

ポーランド旅行 2

・・・・・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・














[PR]
by swissnews | 2018-09-03 21:16 | 生活・文化・伝統・笑い話 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

日立がスイス大手ABB の送..
at 2018-12-18 05:31
琉球王国時代の織物工芸のシン..
at 2018-12-16 04:23
元徴用工らへの賠償・ドイツで..
at 2018-12-15 05:13
沖縄辺野古埋め立て反対署名が..
at 2018-12-14 00:12
アメリカの忖度弁護士に3年の..
at 2018-12-13 03:31
チューリッヒ老人大学講義やダ..
at 2018-12-12 06:06
日産元CEOゴーン氏が再再逮..
at 2018-12-10 19:06
メルケル氏が18年の党首辞任..
at 2018-12-08 03:40
スイステレビニュース・日本の..
at 2018-12-07 22:20
スイスの内閣は7人の大臣から..
at 2018-12-06 00:11

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活