カテゴリ:五輪( 23 )

スイス紙・東京五輪の経費はすでに世界に約束した4倍に・再記載

今日の私の新聞のスポーツ欄半ページの記事

「東京オリンピックの予算は爆発的」
日本は、すでにある競技場など利用しお金のかからない夏季五輪を約束した。しかし今は多くのことが違う。費用はほとんど4倍になっている


日本がマドリッドとイスタンブールを押さえオリンピック開催地に決まった条件は、Vernuenftig,kostenguenstig und oekologisch verantwortungsvolle (賢い、安上がりの、環境にやさしい)大会にすると(世界)に約束したからだ


それに、決定した時は、競技場などはすでに完成しており、最高の技術的スタンダードにあると
言う事だった。

そのときは、6,7Milliarden SFR. 先週の発表ではすでに24,7Milliarden SFR.

オリンピックのRechnungshof 財政管理監視、会計局とも訳するか分からないが、そこでは286のプログラムを監査しなければならない。しかし、これがどこまで5輪と関係するのか、監査するのが難しい。この機関は、五輪最高責任者である元総理大臣の森ヨシロウ氏に透明性を要請した。

 国は7Milliarden SFR. 警察や道路、交通が主。400Millionen は選手養成強化など。

東京都は12,4Milliarden SFR. (予算当初の2倍)

ロンドン競技場の3倍高い東京の新競技場。本来は、1964の競技場を改造というプランだった。その後のいきさつ、

Zaha Hadid氏 からKengo Kuma 氏に変更したいきさつが詳しく書かれている。

東京五輪の関係建設場に、当初の約束以外の建物が追加されて五輪予算の中に組まれ、秘密のうちに追加建築される。

国立競技場にいつの間にかHauptquartier ?中央地区施設?が建築される事になり、これが作業を遅らせている。

又、新水泳競技場にアクアチックが継ぎ足されるとか、税金納税者の知らない間に次々に五輪予算に組み込まれる。

その他にバレーボール競技場など。

1964の東京オリンピックのように最高のオーガナイズ、スポーツ精神を約束しても、その影にはKorruption, Explodierende Kosten 収賄、不正が膨れ上がる予算がある。長野の最高額のオリンピックを想い出しても東京がそれと同じようになるのは想像できる。

日本は1964から1972の経済発展を又夢見ているが、2020の後には国際負債がますます膨れ上がるだろう。

この五輪監査局?は東京五輪は26Milliarden SFR. 以上に膨れ上がるだろうと推測している。

********************

日本の組織は・・・・・
今だけ、金だけ、自分だけ・
・・・・・

結局日本は、国際的にも、嘘つき、いい加減、との印象を与える。

・・・約束・言葉に重みのない文化は国際的には通じない

事を日本人は知るべきだ。・・・

国民抵抗なし!





[PR]
by swissnews | 2018-10-19 04:36 | 五輪 | Comments(0)

スイス紙・東京五輪の経費はすでに世界に約束した4倍に。

今日の私の新聞のスポーツ欄半ページの記事

「東京オリンピックの予算は爆発的」
日本は、すでにある競技場など利用しお金のかからない夏季五輪を約束した。しかし今は多くのことが違う。費用はほとんど4倍になっている

日本がマドリッドとイスタンブールを押さえオリンピック開催地に決まった条件は、Vernuenftig,kostenguenstig und oekologisch verantwortungsvolle (賢い、安上がりの、環境にやさしい)大会にすると(世界)に約束したからだ

それに、決定した時は、競技場などはすでに完成しており、最高の技術的スタンダードにあると言う事だった。

そのときは、6,7Milliarden SFR. 先週の発表ではすでに24,7Milliarden SFR.

オリンピックのRechnungshof 財政管理監視、会計局とも訳するか分からないが、そこでは286のプログラムを監査しなければならない。しかし、これがどこまで5輪と関係するのか、監査するのが難しい。この機関は、五輪最高責任者である元総理大臣の森ヨシロウ氏に透明性を要請した。

 国は7Milliarden SFR. 警察や道路、交通が主。400Millionen は選手養成強化など。

東京都は12,4Milliarden SFR. (予算当初の2倍)

ロンドン競技場の3倍高い東京の新競技場。本来は、1964の競技場を改造というプランだった。その後のいきさつ、

Zaha Hadid氏 からKengo Kuma 氏に変更したいきさつが詳しく書かれている。

東京五輪の関係建設場に、当初の約束以外の建物が追加されて五輪予算の中に組まれ、秘密のうちに追加建築される。

国立競技場にいつの間にかHauptquartier ?が建築される事になり、これが作業を遅らせている。

又、新水泳協議上にアクアチックが継ぎ足されるとか、税金納税者の知らない間に次々に五輪予算に組み込まれる。

その他にバレーボール競技場など。

1964の東京オリンピックのように最高のオーガナイズ、スポーツ精神を約束しても、その影にはKorruption, Explodierende Kosten 収賄、不正が膨れ上がる予算がある。長野の最高額のオリンピックを想い出しても東京がそれと同じようになるのは想像できる。

日本は1964から1972の経済発展を又夢見ているが、2020の後には国際負債がますます膨れ上がるだろう。

この五輪監査局?は東京五輪は26Milliarden SFR. 以上に膨れ上がるだろうと推測している。

********************

日本の組織は・・・・・今だけ、金だけ、自分だけ・・・・・・

結局日本は、国際的にも、嘘つき、いい加減、との印象を与える。

・・・約束・言葉に重みのない文化は国際的には通じない

事を日本人は知るべきだ。・・・

国民抵抗なし!








[PR]
by swissnews | 2018-10-11 03:27 | 五輪 | Comments(0)

スイスのシオン市2026冬季五輪候補を取り下げる

昨日はスイス各地でいろいろな投票が行われた。

シオン市は、もう何度も冬季五輪の夢を実現させようと運動してきた。2026の候補地は他に6つぐらいあると聞いている。札幌もそのひとつだ。

このアルプスの一角は条件がそろっているし、今回は市民投票で招致が決まるかもしれないとその筋は期待していた。

名のあるスポーツ関係者、政治家、大企業スポンサー、文化関係すばらしい誘致の計画をしていた。

しかし、地元の人が結局、『反対」を決定的にした。

その理由は、

IOC、世界五輪コミュテーに対する不信が大きかったようだ。今までの実例を見るとIOCはいろいろ不透明な事が多い。例えば、ソチとか見るとだんだん膨れ上がり要求が多くなる。

五輪後の、赤字がすでに現実に計算できる。いろいろな開催地の例を挙げている。

州や国の援助は、子供や弱者の福祉金を削る事になるのは不合理だ。

今まで努力してきた環境の保存にやっぱり大きな悪い影響を与える。

このような、市民の現実的な考え方が、国の夢や見栄、誇りを制覇した感がある。

『スイスは小国だが豊かになったし、最新の技術もあり、大きな箱物作らず、五輪で世界に存在を!』と思っていた関係者をがっかりさせた。

ここが日本との違い。

自分の土地を愛し、育てて、生きながらえてきた地方の村々の信念は、そう簡単にはなど和されないものがある。

保守か、進歩か????

私の故郷、札幌はどうなるのだろうか。



[PR]
by swissnews | 2018-06-11 15:30 | 五輪 | Comments(0)

平昌五輪の評価はこちらでは悪くない。開会・閉会式は最高

昨日、個人ドクターのコントロールの日だった。私は雑誌とか、娯楽本まったく買わないので、このような日には約束の30分は早くに行って、待合室の雑誌を読み漁る。昨日は、どの雑誌もオリンピックのメダリストたちが表紙になっていて中身も、その特集的な印象を受けた。

韓国の事もかなり紹介されていた。開催中もテレビでは、日常生活、文化、食事、いろいろ話題抱負だったがざっと見るをかなりスイスの日常に韓国文化が入り込んでいることが分かる。

びっくりしたことは、1988のソウルオリンピックのテーマソング「Hand in Hand」の歌手4人がスイス在住の韓国人だったsことを知ったからだ。この歌は、今でもオリンピックソングの最高ヒット、すばらしい曲として、世間に知られている。私はこの当時、オリンピックなど見る時間も関心もなかったが、この「Hand in Hand」に魅せられて歌っていたもんだ。その当時この歌手はきっとアメリカの黒人歌手なのではないかと思っていたほどだ。それほどつややかな声をしていた。

実際は男女それぞれ2人の韓国人歌手でスイスに住んでいることだった。作曲はイタリア系の名で、スイスとドイツの製作になっていることだった。彼ら4人は今、ゆったりした50代の少し太ったおじさんおばさんになり、家族が増えにこやかな家族写真が載っていた。

私は早速家に帰り、ユーチューブで彼らのオリジナル「Hand in Hand」を聞いて見た。やっぱりすごく良い。

さて今回の平昌五輪のことだが、開会式、閉会式のすばらしさは、コメンテーターの言葉がすべて語っている。韓国の、技術(コンピューター)・色彩感覚・スピーと感覚・斜めに曲がった(時代ずれ・へそ曲がり)した現代代的な芸術センス・優雅な伝統的神秘など。私もそう思った。

スキーのために伐木した山には、少しずつ又木を植えていくことが決まっているらしいこと。競技場の将来的使用の議論。

他の小さな不都合(日本人にとってはこのような不都合が、平昌五輪の不成功の原因であるようだが)は欧州人にとって、たいした欠点にならない。彼らは世界中に休暇に行き、ちがう文化を知ってくるから、自分たちの生活レベルとの違いとか不都合があっても、「そんなものだ」と認め、日本人のようにいちいち不平を言わない。自分の国にだって同じような不都合や、失敗があることを知っているから。

他国のオリンピック招致施設建設で起きていた問題は
平昌にも勿論あったし、これからの問題は新しいことではない。自然破壊、立ち退き、人権問題、住民問題、応援観客者、移動、ホテル、食事など・・・

それより、日本もコンピューター技術、スピード感、を見習うところがあるなら学ん(私はそう思う)で、日本の国際感覚を上げてほしいと思う。私は、自分が振付師で、演出もするし、演劇や映画の有名な監督と仕事をしてきたのでまったくの素人ではない。だから少しは日本のセンスと比較して推測できる。

いずれにせよ、平昌五輪は日本のコメント欄で読めることや、日本の新聞が報道しているような不成功ではなく、(それは事実であったもひとつのディディールであり全体ではない)こちらではまったく反対に、全体が評価されている。



[PR]
by swissnews | 2018-03-02 18:37 | 五輪 | Comments(0)

平昌五輪で活躍する日本選手

昨日、日本選手が3つのメダルを勝ち取った素晴らしい日だった。

昼間、ドイツ語圏のテレビではどこでもオリンピックの実況報道をしている。スイス、ドイツ、オーストリア、総合ユーロニュースなどで、皆それぞれ国営2つのチャンネルを持っているので、どっちかのカナルで一日中観られる。面白いことにそれぞれ違う競技を報道している。それは自国の選手が参加する競技を優先しているからだ。

昨日、まず、女子のモーグルを見た。まだ確か17歳のアメリカ女子が信じられないような大きな技を披露し優勝した。彼女は両親とも韓国人で、アメリカ人であった。彼女はこれからもまだまだ活躍するだろう。母国の韓国で喜ぶ父娘の姿が大きく写った。

午後、女子スキージャンプを観た。コメンテーターは、高梨沙羅さんの名を何度も何度も口にし、女子ジャンプのパイオニアとしての功績をたたえ、入賞することを心から願っているような興奮振りだった。結局3位に入賞し、喜びを伝えた。

このジャンプの競技中、他の日本人女子選手が点数発表があるといつも「ありがとうございました」と頭を下げる映像が大きく写り、他のコメンテーターがなんと言っているのか。(なぜありがとうというのか)というような感じに聞こえた。私も、いちいちそんなこと言うのはなんか仰々しく、日本人は礼儀正しくとか、宣伝しすぎ。卑下しすぎに見える。

それから、他のチャンネルに回したら、スピードスケートやっていて、劇的な場面が繰り返し映った。高木美帆選手のすごいラストスパートが映り、優勝したオランダの選手の喜びうれし泣きするシーンが映った。銀メダルすごい。やっぱり北海道選手。嬉しい。

その後、原大智選手の銅メダルのことを知った。おめでとう。

明日、予選を通過した平野選手などの活躍が観られるようだし楽しみにしている。

ついでだが、平昌五輪の開会式は、非常に評判が良く、美しかった、電子技術など、特にドローンの大きな演出には感激したという感想が多かった。




[PR]
by swissnews | 2018-02-14 05:45 | 五輪 | Comments(0)

東京五輪の予算額、過去の五輪と比較すると

Chihiro Muranaka @chivillain

🇯🇵 東京五輪の予算額、過去の五輪と比較すると極めて異常。図は2015年にWSJが作成したもの。近夏の見直しで$130 Billion (約1兆3850億円) にまで削減されたけど、依然としてロンドン、北京2大会の総額を凌駕している。税金きちんと還元してほしい私たちに ☺️  ↓   ↓   ↓    ↓を見る


[PR]
by swissnews | 2017-11-18 04:00 | 五輪 | Comments(0)

オリンピックのここがすごい・ここがだめ

また、面白いもの見つけました。彼女か、彼が言ってる事本当なら!!!


  1. オリンピックのここがダメ!

    ・通訳がボランティア前提

    ・IT技術者がボランティア前提

    ・木材も無償提供前提

    ・メダル素材も無償提供前提

    ・新国立競技場がグダグダ

    ・挙句建築現場の監督が過労死

    ・ビッグサイトが使えなくて中小企業が死滅

    オリンピックのここがすごい!
    ・オリンピック

    1. hat retweetet
    1. オリンピック開催でわかった日本のここがすごい

      ・金は出さない

      ・納期は圧縮するけど人は出さない

      ・無駄な議論を重ねて時間切羽詰まってきてからが本番

      ・残業に次ぐ残業で過労死を出す

      ・資材足りないので他の地方にタダでクレクレをはじめる

      ・経済活動支障ある施設を占有して代替を出さない


    [PR]
    by swissnews | 2017-07-26 17:14 | 五輪 | Comments(0)

    東京五輪・福島にホームラン・スイス紙に

    一週間も前のスイス紙スポーツ欄

    Homeruns in Fukushima という記事があった。

    要約・最初に地が動いた。本当に激しく。それから津波が押し寄せた。本当に高く。最後には原発の核溶解が起こった。これが福島が3月11日に記録されている悲劇Katastopheだ。

    それ以来福島はいろいろな関係団体と復興について協議してきたが大きなポシチブな成果はなかった。そこでこの東京オリンピックがやってきた。

    野球とソフトボールに参加する各国チームは最低一回、福祉まで試合することになることだ。

    これは福島が世界に照明に照らし出されることと、経済的な有利を得るためだ。東京が経済的に五輪でコントロールできなくなっているということは(世界的に)秘密でもなんでもない。それで福島の知事がこのようなアイディアを持ち出した。

    福島第二原発から90kmしか離れていないAzumaスタジアムが予定されている。この計画は、この地域がいかに回復して活気を取り戻しているかを世界に示す機会になる。もちろん地元の経済活気も目標になる。

    しかしながら、この地域は政府が問題無しと在住者の帰還を奨励したにもかかわらず、環境団体は懐疑的な見解を表明している。

    それでも昨年、この地区で野球のU-15の世界チャンピオンシップが行われた。公にはトラブルなしに行われたようだ。

    *********

    この記事はファクトだけを書いてあり、コメントは控えているが、タイトルの福島に(で)ホームランというのはちょっと皮肉的に私には感じられる。


    [PR]
    by swissnews | 2017-07-16 03:42 | 五輪 | Comments(0)

    日本スイス大使館に環境保護の嘆願書

    東京オリンピックでは、海外の木材素材を取り入れる計画をして手続きしている。しかし、森林を守る当事国の団体が反対している。スイスの関係団体や一般市民が署名を集め日本の在スイス大使館に嘆願書を提出した。


    スイスインフォ・・・・・・・こちら・・・・・・・


    ドイツではもっと多い人が署名しドイツ大使館に嘆願書提出したようだ。日本はオリンピックのため、つまり短期間のかっこよさのためいろいろなものにふたをしたり、並木を切り崩したり、海外の後進国から環境破壊を考えずなんでも買い取る。例えばマレーシアとか貴重な木など。

    もし、使い捨て箸とか日本人の消費切捨て文化があるなら、自国内の材料だけを使えばよい。金の力で何でも手に入れる日本は今でも変わらない。

    東京オリンピックでは各国がいろいろな調査をしている。例えば、選手の食事に日本の材料は汚染されているので、自国から持参とか考えられている。日本では福島産は安心といっていても、外国にすべて通じるとは限らない。皆、それぞれ自主的な判断や対策がある。福島の近くで競技があるようだが強制は出来ない。福島産だけでなく、食料は厳重に測定されるだろう。

    今回の嘆願書なんか、日本の大使館では無視するかもしれないがこのような小さな出来事も侮ってはいけないと思う。

    [PR]
    by swissnews | 2017-05-13 14:54 | 五輪 | Comments(0)

    ユーロニュース・女性排除の霞ヶ関ゴルフクラブでのオリンピックは?

    今朝の、ユーロニュースで、日本のオリンピック会場に予定されている霞ヶ関カンツリー倶楽部の記者会見の様子が報道された。

    このゴルフクラブでは会員制で、女性は会員としては登録できないし、例えば日曜日は女性禁止とか差別されている。(女性ゴルファーの意見)

    このようなところで、オリンピックの競技が開催されて良いのだろうかというのが趣旨だった。(ゴルフ同盟の代表)

    短い報道だったが、性差別する日本のこのような倶楽部でのオリンピック開催を肯定するインタビューはなかった。疑問視する側だけ。

    しかし、このような記者会見(外国人がかなり居た)がユーロニュースに選ばれるということだけでも、日本の性差別問題の深さがうかがえる。タイトルも性差別とだった。

    日本では今頃、これが議題になっているようだ。きっと海外からの批判があったのだろうと推測される。




    [PR]
    by swissnews | 2017-01-28 16:43 | 五輪 | Comments(0)

    スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


    by スイスで聞く「日本」

    プロフィールを見る

    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30

    All About 掲載中

    All About News Dig
    Newsdigに掲載された記事
    の一覧は、
    こちらから

    最新の記事

    PC使った事ない大臣が、日本..
    at 2018-11-17 00:25
    スイスの2085には9度気温..
    at 2018-11-15 01:29
    「傾いて角がある」ことは文化..
    at 2018-11-13 19:18
    日本の紅葉はすばらしいが、ス..
    at 2018-11-12 14:47
    第一次世界大戦終結百年、仏や..
    at 2018-11-12 04:01
    11月9日はドイツの宿命的な日
    at 2018-11-10 04:28
    スイス人写真家展・毛沢東・日..
    at 2018-11-08 05:17
    ドイツテレビ・日本の「普通で..
    at 2018-11-06 05:22
    ドイツ紙・「人災」と対外表明..
    at 2018-11-03 05:50
    ドイツの場合の強制労働被害者..
    at 2018-11-02 02:31

    記事ランキング

    ファン

    カテゴリ

    執筆者プロフィール
    ------
    政治・経済・歴史
    企業・労働・賃金
    科学・技術・研究
    原発・福島・東電
    社会・福祉・医療
    教育・宗教・人材
    メディア・グローバリゼーション
    自然・環境・災害
    東北・津波・地震
    観光・交通・運輸
    女性・ジェンダー
    映画・建築・芸術・エンタメ
    生活・文化・伝統・笑い話
    スポーツ
    五輪
    Made in Japan
    竹島・尖閣・日中韓の問題
    ------
    スイス在住日本人のつぶやき

    ブログジャンル

    時事・ニュース
    海外生活