人気ブログランキング |

カテゴリ:竹島・尖閣・日中韓の問題( 25 )

スイス紙・韓国では日本のビールを飲まなくなった。

私のとっている新聞はドイツ語圏で一番大きな発刊数を持ち左中道庶民的と言われている。NZZは保守的伝統エリート専門がの新聞。

今日の私の新聞・国際欄の下に4分の一ページの記事

タイトル・・・韓国ではもう日本のビールを飲まなくなった。

サブタイトル・・・通商紛争・・ソウルと東京の、ビール、タバコ、半導体材料と北朝鮮をめぐる毒毒しい口論(giftig HickHack)

内容要点だけ

・・・韓国では、日本のビール(アサヒやキリン)やタバコがボイコットされ始め、例えばアサヒビールの7月売り上げ打撃。中国製のビールが飲まれる。

・・・韓国では、日本の半導体材料の対韓国輸出管理簡素化規制に反対する運動が起きている。

・・・この必要不可欠な半導体不足による被害は、Hynix,Samsung, LGなど。

・・・安倍総理は韓国との「信用喪失???」と正当化している。

・・・戦時中の徴用工の賠償金を求める韓国側の判決に対して、日本と韓国の政府が対立していた。

・・・先週、サムソンの福CEOが日本の政府筋と会合を求めに日本に行ったが、面会できなかった。

・・・安倍は国のナショナリストにご機嫌とり、選挙が終わるまでは変更、解決しないようだ。

・・・韓国の激しいボイコット運動に驚き、日本政府は「韓国が北朝鮮に対する国際サンクションを破った」例を挙げ、韓国を批難した。

・・・それに対して、韓国の野党は、10に及ぶ国連の記録(2010から2019まで)を示した。それによると日本自身が北朝鮮に例えばレーダーアンテナなど輸出し、サンクション協定を犯している。

・・・韓国の文大統領は、代理高官を「救済」のためアメリカのトランプ氏に送り込んだ。

・・・日本と韓国の不和はアメリカを度々悩ましてきた。例えば、オバマ前大統領は「慰安婦問題」で仲裁を望み条約を取りまとめる事を促し、いったん成功に見えたがそれも今では不成功に終わった。

・・・今回もアメリカは、日本と韓国の企業仲裁をする事になるだろう。

・・・いずれにしても、今は、日本の参議院選挙が終わるまで待つことになり、安倍首相はそれから戦略的な対策をするだろう。

以上

*****************

G20 で、安倍議長自身が「世界の自由貿易を守る」と世界に発表したばかりではないか。

それが、「嘘」であったことが世界に知られた。一週間もせず隣国に「制限制裁」をすると言い渡したのだから。管理規制でも同じだ。

それが世界の評価。

私が来た時代は、ドイツ語の新聞は「日本、中国、韓国」と言う順番でタイトルは大体書かれていて、内容文に、例えば中国と日本、とか、日本と韓国とか取り替えられかかれていた。

その後、20年前から?「中国、日本、韓国」と言うタイトルが多くなった。

その後更に、その事件の内容によってはタイトルが「韓国と日本」とか、「日本と韓国」とか変わる。

今回は「ソウルと東京」

しかし、中国はなんと言っても一番先に書かれる。

そんな総合的な変化はどこから来るか!

日本から見れば「日本、中国、韓国、北朝鮮」の順番しか考えられないだろうが。まあそれはどこの国でも同じ。




by swissnews | 2019-07-16 04:43 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

トップニュース・アメリカ大統領が北朝鮮に20歩踏み入る

ドイツ語テレビニュースはどこでも朝からトランプアメリカ大統領が、北朝鮮領土に踏み入れ金北朝鮮最高主席と会合した事を、歴史的な出来事としてトップで報道していた。(勿論その評価はまちまちで、たとえ劇的な演出であったとしてもだ)

今までの歴代アメリカ大統領たちは、リーガン、クリントン、ジョウージブッシュ、オバマも皆、南北の国境線から双眼鏡で北朝鮮を眺めただけだった。(その映像が映った)

この世界をびっくりさせるニュースは、特に日本の政府筋にとっては初耳で、一日前までにこやかにトランプと話し合っていた安倍首相にはまったく知らされていなかったようだ。

トランプ氏が、G20の後、韓国に2日滞在し、文大統領と会合すると言う事はメディアで知らされていた。

文大統領がきっと北朝鮮との逢引の下準備をしたのに違いない。たとえトランプ氏の気まぐれであっても、韓国滞在がなければ実現しなかった事だ。

ドイツ語のニュース報道では、文大統領の姿もあったし、3人一緒の写真もあった。

反対に、今日、日本のGLOGOSで、元東京都知事の升沢要一氏の記事を読んだ。

「世界から無視されはじめたた文大統領」と言う記事で、彼の言うには韓国の文大統領の人気や、世界国家からの評価下落で哀れだ」とか言う内容だった。確かに狭い苦しい状況に押し進められている傾向にはあるが、こちらで聞く韓国のイメージとか、文大統領の人格は一定の揺るぎ無い地位を持っていると私は総合的な印象をもている。

それぞれの国家にはそれぞれの苦しさがある。首脳の人格も表向き見解と本音見解がある。

文氏は、G20の前北欧諸国(3,4カ国)を正式訪問し、交友的な報道をよんでいた。だから「世界から無視」と言うのは当たってない。

仏語の新聞が読める升沢要一氏でもこの程度の記事しか書けないのなら、つまり世界の比重、傾向が読めないなら国民も皆然りだ。マクロン仏大統領と文大統領が朝鮮半島の平和に力を尽くすと表明していたではないか。

あまり隣国を侮辱し低評価ばかり書きまくる知識人は、国民を目暗にする。



by swissnews | 2019-07-01 05:51 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

元徴用工らへの賠償・ドイツでの解決の仕方の例・再記載

日本企業に韓国人元徴用工らへの賠償を命じた一連の韓国最高裁判決について、韓国の文大統領は今日、「3権分立を尊重する」と発言した。

これでこの賠償の件についてははっきりと日本と見解を異にすることになった。

ドイツでも同じ事情で問題があったが、それを何とか解決してきた。その例についての記事をもう一度記載する。

ドイツの「記憶・責任・未来」基金

・・・・・・・・・・・・・こちら・・・・・・・・・・・



by swissnews | 2018-12-15 05:13 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

誰がどのように最終的な話し会いまで持っていくのか・拉致問題

米朝会談の後、拉致問題が取り上げられ、横田さん夫妻がトランプにお礼の手紙を書いたと読んだが、私は必ずしもこれは幸運に導かないと思う。トランプだけでなく他の国にはもう頼りに行って背中を押す事はできなくなったからである。

日本が当然ながら自国の問題を自分で解決すると始めて世界に表明したのだから、これからはもう決定的に自国だけの問題になった。これが失敗したらもう恥ずかしくて他国には頼れない。

日本の首相安倍が、『自分が直接会談して解決する』と発言。最近では

『最終的には私が直接話し合いをする』と言っている。

しかしこの言葉が問題だ。

最終的というのは何か。安倍の言う『北京ルート』などは実際はなく、ただ、そこからファックスできるだけとも読んだ。本当かどうか知らないが、もう5年もの間、管勘官房長官がロケット実験のたびに、『遺憾だ。強く抗議した』と言うのも、実際は北京からファックス送っただけだと聞いた。どのように抗議したのか誰も聞かない。

安倍首相自身が『ストックホルムの合意』2014の北朝鮮側の拉致者の調査結果を知らされているのだし、国民との約束がかなり「はかないもの」になると知っているから今まであまり積極的ではなかったと思う。日本国民が北朝鮮を憎んでいる限り、政権の政策が有利になるので、進展させる意欲がなかったのではないか。

日本は今でも北朝鮮と通常の国交はないし、日本人仲介者や電話会談などなくまったくてを打つ手がなかった。(160カ国?の国家が北朝鮮と国交があり、取引が盛んになっている。日本はだから公に取引することも出来ない。みすみすチャンスを放棄している。と思う。)

それに、拉致者の子供や、孫がいたとして彼らが日本に住みたいかと言う事さえも分からない。特に拉致生存者自体さえもだ。日本人の多くは,日本が良いに決まっていると頭から信じて疑わないが、そんな事は分からない。だから国交正常化して、孫たちが訪問でき又帰れるような国際関係が一番いいし大事だと思う。

「『最終的には私が直接話し合いをする』と言っている。」この最終的というのは何か。誰が、どのように最終的になるまで話を進めていくのか。

それをはっきり知らなくても、日本のメディアや、野党は黙っているのか。

安倍は『だれかが段取りつけてくれたら、自分が最終的に拉致者を迎えに、堂々と北朝鮮に乗り込む』と考えているのでは。ただ誰かを待っている。

欧州の考えでは、そこまでの段取りを作るのがそもそも最高首脳の仕事だ。積極的に計画し、支持し、自分が動く。

そのうちに、国民も忘れてくれるだろうと思っているのでは。それが一番都合が良いと思っているのだろうか。

*********

引用。

かおなし @cocorono121 vor 9 Stunden



by swissnews | 2018-06-20 21:17 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

ドイツ語メディア・南北首脳会談

昨日は、朝、昼、夜 のテレビニュースを見ていた。どのチャンネルでもトップで報道していた。

そして世界の多くの人が金正恩の声を始めて聞いた。

ドイツ、スイスの夜のニュースでは、南北戦争の突発戦闘動画、中国、ソ連、アメリカの関与、2国分立の条約、過去二回の南北首脳会議のいきさつが報道され、国民に情報、知識を与える事を忘れなかった。

どこのメディアも、今回の共同宣言までの努力困難を推測、道のりは遠いが、現実解決できそうなことからやっていく事に好意的な、希望的な見方をしていた。

今回の会合は、韓国朝鮮同一民族の自主的な自分たちだけの力で立ち上げたもの、その誇りが感じられた。

核の問題は、トランプとの会合が、大きな決定力を持つ事になると言う事。

共同声明おなかにははっきりと「中国やアメリカと話し合い協力していく事」が書かれている。ドイツメディアコメンテーターも将来4カ国の話し合いが始まるといっていた。

私は、同時に大雑把な日本のメディアも読んでいた。しかし、「日本が危ない、北をやっつけろ、やっつけろ」と世界中に、同時に日本国民に、けし掛けてきた日本政府のまったく孤立した立場はあまりに悲しい。

アジアは世界的に見て重要性が増す。中国とインドの接近も急激だし、教育文化、経済で、香港、台湾、シンガポール、ベトナムの発展も急激だ。センスが西洋化してきている。

日本は年寄り、古い親父政府、麻生のように78歳で、大金持ちの大臣が、さらに国民の税金を使い世界旅行に出かけられるシステムが異常だ。

少なくても、メディアに流す言葉使いにもっと気をつけられないものか。

隣国なのだから「成功を祈る」とかいう方向の希望的な言葉をかけられないものか。

トランプが「核問題失敗なら即攻撃!」とか言ったら、日本の官房長官は、オオム返しに「核問題失敗なら即攻撃!」と、こんな時、わざわざまねして、発言しなくてもいいではないか。

最後は日本だけに降りかかってくる問題になるかもしれない。

もう、他のアジア国を刺激する言葉は発言しないようにしたら!!!

************

はるみ
@harumi19762015



by swissnews | 2018-04-28 15:30 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

北朝鮮・自国での地下核実験の限界か。

昨日、読み捨て無料夕刊新聞を、チラッとタイトルだけ見た。

トラムで、隣の人が読んでいたものを、読書めがねなしにのぞき読みしただけ。

北朝鮮が、核の実験に限界を感じていた事が伺える。

何度かの核地下実験で、2000mクラスの山の地下深くで、没落が起こり、放射線も漏れたとかそんな事。

サテリットの空写真から、この山の崩壊写真が出ていた。環境山の形が変わっているとのこと。

国境近くの中国圏を心配する中国が、真剣に北朝鮮の核放棄を願っているとか。

金総裁もその事に実際は限界を感じているらしい事。

***************

明日の南北会合には、世界41カ国から、360社、2850人のジャーナリストが許可され集まる。ソウルの郊外に当てられた特別、プレスセンターができたらしい。

どうなるか。







by swissnews | 2018-04-26 20:22 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

世界遺産登録、軍艦島に思う


産業革命遺産、世界文化遺産に登録決定について

日本のメディアで、5日の決定を知った。個人的に思うことは、明治時代の日本が成し遂げた事の偉大さを、日本人がしっかり知ることが大事だなた思う。

私はいつもスイス人や他の外国人に話すとき得意になれることはこの時代、昭和の初めぐらいの事だ。

このころに日本人の賢さが集中していると思うし、欧州の人たちが後で知ってびっくりする事だ。

特にその時代の日本人の「真摯さ」が語られている。

当時多くの政治家、科学者、医者、文学者、芸術家など、が「他国に学べ」と云う気迫があり、海外派遣留学されてもその80%のものが「自国の遅れ」を認め「日本造り、創り」のため帰国していたと云うことだ。

そして一気に先進国に近づいた。

現在のドイツ語メディアや知人を通して耳にすることは、現在の日本は「傲慢」「驕り高く」になりすぎ、他国に学ぶ事を「弱み」と考えていると云うことだ。自分たちが「世界一」と思い込んでしまったことと、また、特に隣国を「軽蔑し」ている事だ。

この際に、大事な「遺産」と云うのはなにか、そして「真摯さ」がだんだん失われていく日本を考えて似たらよいのではないかと思う。

多くの国は日本を手本に発展してきた。欧州然りだ。トヨタ、ソニー、すごかった。しかし今は、他国も利口になっている。

この際、当時の日本人の賢さをもう一度誇りにして、出発してはどうか。

昨日の記事

************
今日の審議で、明治遺産として登録を申請している軍艦島については、審議が明日に延期になったようだ。

この事についてはドイツ語新聞で10日ほど前に読んだがネガティブなことが書かれていた。

大体、明治時代で、歴史問題と関係ないといっても、多くの強制労働者などで支えられたそのような跡遺産を、ユネスコの文化遺跡として申請しようと思うのが何かおかしいと思われている。

韓国の希望する「強制労働の明記」は当然のことだと思われるのでそれを認めて申請希望するしかないのではないのか。

いずれにせよ、歴史問題と直視しない日本は、いろいろなところで障害が出てくる。

国際舞台に出すならその前に、いろいろな歴史問題を処理してからでないと難しいのでは。それが欧州の常識。

日本は自分たちの立場から正当だと思ってもそうではないと云う国々もたくさんある。

なぜか考える必要がある。今年の70周年敗戦記念日に、深い謝罪、がなければ先進国ではアウトになる。

そしてどのような分野の交渉でも不利になるだろう。

明日はどうなる事か。


by swissnews | 2015-07-05 02:37 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

安部首相の靖国神社参詣・いち早くユーローニュースやラジオで報道

スイスでは、今日12月26日は、まだクリスマスの休日になる。

いつものドイツテレビ「モーニングマガジン」はないので、ユーロニュース(ユーロ圏共同の時事ニュースで同時に共同の見解傾向も入る)を入れた。

「日本のシンゾウ・アベ首相が、以前からumstrittene 異論・論争のある靖国神社に参拝に行った。それで、中国や韓国の激しい反発をうけた。」

・・・中国と韓国のその筋の発表者が語っている映像があった・・・・・

「日本人にとっては靖国神社は政治色のない一般戦争犠牲者を祭る場所と考えられるが、その中には14人の戦争犯罪者も奉ってあるので、他のアジア隣国にとっては、日本がいまだ戦争犯罪者に敬意を表しているように受け取られる」

「日本はもうずっと前からこの靖国訪問が隣国を侮辱することになることを承知である。」

その半面、「安部首相は隣国との友好な関係を望むと言っている」

・・・・聴視者の推定。日本政府がいかに2枚舌かが、欧州人でもわかる・・・

今は朝9時であるが、数時間後にはオンラインに明日は新聞にでる事だろう。後から継ぎ足す。

18時、結局、ユーロニュースは30分おき一日中今もこのニュースを報道していた。またほとんどのドイツ語系オンライン新聞で写真入りでこの記事を扱っている。表現は違うがすべて否定的な記事だ。

春香クリスティーンと言う、スイス女性と日本人男性のハーフでチューリッヒ出身、エリート高校をでて日本で活躍している学生タレントの記事を読んだ。彼女が次のような発言して、批判のツイートがたくさんきてるらしい。


・・「海外とこの問題で比べられるのが、もしもドイツの首相がヒトラーのお墓に墓参りをした場合他の国はどう思うのかという論点で議論されるわけですけど、まあ難しい問題ですよね」・・

まあ、こちらの高校生以上のスイス人なら確かにこのような大雑把な比較論争になるから、このような答え方をするのはありえると考えられる。スイス人だけでないけど。数年前の小泉首相が靖国神社を参拝した時、この比較は、欧州での議論のひとつのバージスだったから、賢い彼女は、そのことを思い出していたのだろう。彼女は結論を言っているのではない。

日本を戦争に導いたA級戦犯は、簡略に言えば、墓があったってなかったって、ヒーットラーやムッソリーニなどと同じ犯罪者と見られると言う考えかたもある。日本はなぜ一般人犠牲者と一緒に扱うか欧州人には不思議。天皇家だって靖国神社に行かないのはなぜか国民は知っているのかだろうか。

(春香さんのように日本が好きで日本で何かしようと、勇気をふるってチャレンジする日本人ハーフは、日本独特のいじめに会い、日本から出て行けとか言われる。そして自国に帰る若者ハーフが多くなる。日本にとってどれほどの損失になるか。彼女はしかし、日本で踏ん張れるかもしれない。頑張れ!)

アメリカが「失望した」と表明したのも、よくわかる。

19時半。 スイスのメインニュースでは、戦時中日本軍が2000万人のアジア人を殺害した当時の空軍の映像が短く映った。阿部首相がアジア人を傷つけたくないと言っているのがまた白々しく聞こえる。

日本が新しい爆弾の種を!をと言うタイトルだ。しかし、中韓との経済的外交にはしかしすぐには、影響がないのではないかと言うコメントもあった。

27日。朝新聞を開けるのがいやだったが、案の定、半ページほどの写真付き記事だった。

政治的にますます孤立していく日本。しかし、日本の国民はそのことにも余り気がつかないから幸せなのかもしれない。

しかし今回、東京裁判やその他のことがもっと議論されて、すっきりするかもしれないという希望もある。

fm



by swissnews | 2013-12-26 17:49 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

中国の防空識別圏設定・海外メディアで話題も当事国日本国民関心なし

私の新聞にも、他の多くのオンライン大手新聞にも、中国が突然表明した「東シナ海の防空識別圏設定」について取り上げられている。

日本と中国の航空識別圏の領域の違いもはっきり地図に示している記事も多い。

それぞれの記事には、一般読者のコメントが100も寄せられている新聞もある。

それほど大きな緊張感がある問題だが、当事国の日本国内のメディアは大きく扱ってないし、どれほどの国民が関心を持っているのか。

・・・今、スイスの昼のテレビニュースでこのテーマが報道された。13時

オンラインで読んだうちのひとつ「DW」の、「ヨーロッパの役割」と言うのがあった。

Eine Studie Der Stiftung Wissenschaft Und Politic (SWP)(科学と政治の研究法人?)と言うのか、ヨーロッパの機関がこの問題を検討していたのか、見解が載っていた。

中国と日本、アメリカとこの問題については中間的な介入、助言などが出来る。ヨーロッパはもっと積極的にこの問題に・・・・ひとつの見解

この防空識別圏は、あまりにも多様な国が関わってくる。非常に難しい慎重に・・・・と言う見解。


いずれにせよ、ざっと読んだ傾向としては・・・・・「領土問題は存在しない」と一点張りの日本は、「領土問題はこんなに緊迫」と言うことを知らなければならないということになるようだ。

日本の首相の何らかの表明は必要。と言う感じだ。


チューチッヒ   扶美

by swissnews | 2013-11-26 20:45 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

ユーロニュース・阿部首相と橋下市長の顔拡大旗の下で、抗議する韓国人軍人。

d0179466_063244.jpg



d0179466_0103084.jpg



チューリッヒで一番多いと思われる並木。西洋トチノキ、ドイツ語ではロスカスタニアン、白い花と赤い花の木がある。

私のブログでは偶然に聴いたり、見たりした日本のニュースを皆さんにお知らせするのが趣旨です。

日本を励ます為に日本の良いところ、おいしい所をさがし、知らせるブログが圧倒的に多いようなので、私は日本人にとって多少不愉快な事でもなるべくここに書くことにしたのだ。

ユーロニュースのことはもう何度も書いてきたので省略するが、ノーコメントという報道のつなぎ時間がある。まったくの動画だけで、市と国名だけでる。訳はないし、何をしているかちょっと自分で考えることになる。なぜという疑問は、後で、その日のニュースを見れば大体答えはでてくる。

昨日、23日、ソウル、韓国というタイトルで、大きな旗に描かれた阿部首相と橋下大阪市長の顔が高々と掲げられ、その下でシュプレヒコールで士気を挙げている軍服韓国人の集団が映った。

韓国の熱気ある、忍耐強い集団抗議は、このノーコメント画像では、常連というほどしょっちゅう取り上げられる。抗議目標が自国の何かであったりするか、中国であったり、日本である。

布製の旗に書かれているのは日本の主要政治家の顔らしいということは、解釈なしでも欧州人ならすぐわかる。

・・・・・又か!・・・・やってるな・・・・・相変わらず血気がある・・・・・又、日本が何かしたのか・・・・隣どうし似たものどうしがため息がでる・・・・(いい加減に両方やめてほしい。これは、ユーロニュースを見ている多くの日本人の感想だろう)

アジア歴史に詳しい専門家が、私の子供にメールしてきて、それが転送されて私のところに届く。正直言って私はいろいろ無知だったことがわかる。

1996の国連の人権委員会により報告されたいわゆる「ラディカ・クマラスワミの報告書」で、当時日本軍がアジア人やオランダ人女性を犯したことは証人ある報告として次の年4月に決議されたことである。具体的に日本が謝罪すべき事、その後の教育責任など書かれているようだ。つまり世界的には一応このような見解が一般的に知られて受け入れられている。

その後日本人証人などの、不服意義があったりでいろいろ、主に日本国内でこの決議に反対する気運がまだまだあるようだ。それならなぜ今まで、国連の判断に正式に反対して修正を求めて来なかったのか

国内でもう何人の政治家とか、ジャーマリストが「慰安婦などなかった」といい、国民が「そうだ!、そうだ!」といっても国連の見解に影響を与えるほどの力にならない。そのような力を持つ日本人がいなかったのだ。それなら「黙る」ほうがいい。

結局は他国に対する憎悪をあおるだけで、多くの時間とエネルギーを失うからだ。

今回の支離滅裂な橋下市長の個人的な話など聞いても面白くない。そんな時間などもったいない。「英訳」が悪いとか、あまりにも情けない。理解を得たって、得なくたって、具体的な要求がまったくわからない。何を変えたいのか。何をしたいのか。国連の見解を修正する力があるのか。

昔、「銭湯」で、ある権力家のおじさんがいつも大きな声で他人の批判をしていた。その声は、女湯まで響き渡り、子供心にも、いやな思いをしたことが思い出される。今回の橋下市長の言動は、日本にいない私には、情報が少なくそんな「銭湯で威張っているおじさん」しか印象がわいてこない。

女性の皆さん、「まあまあ」といい加減な妥協してにないで徹底的に、責任を追及してください。

「日本の女性は、これほどの女性の人格を卑下されても結局何も出来なかった」と、海外の女性にもがっかりされる事にならないことを願う。

チューリッヒ   フミ

by swissnews | 2013-05-24 19:24 | 竹島・尖閣・日中韓の問題 | Comments(0)

スイスのメディアで見聞きした "JAPAN" をお伝えします


by スイスで聞く「日本」

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

All About 掲載中

All About News Dig
Newsdigに掲載された記事
の一覧は、
こちらから

最新の記事

スイス紙・韓国では日本のビー..
at 2019-07-16 04:43
選挙に行かない人が日本の日常..
at 2019-07-15 15:29
社会の上部層がいったん忖度や..
at 2019-07-14 22:42
ロッジャー・フェデラーがナダ..
at 2019-07-13 05:18
日本の選挙・山本太郎氏を応援..
at 2019-07-12 23:58
自分もいつか少数派になる事が..
at 2019-07-10 05:03
スイスの福島復興コンサートが..
at 2019-07-08 17:01
先進国の国民投票率は75%か..
at 2019-07-07 05:08
茂木健一郎氏がチューリッヒに..
at 2019-07-04 05:04
映画「新聞記者」が良いと読ん..
at 2019-07-03 03:02

記事ランキング

ファン

カテゴリ

執筆者プロフィール
------
政治・経済・歴史
企業・労働・賃金
科学・技術・研究
原発・福島・東電
社会・福祉・医療
教育・宗教・人材
メディア・グローバリゼーション
自然・環境・災害
東北・津波・地震
観光・交通・運輸
女性・ジェンダー
映画・建築・芸術・エンタメ
生活・文化・伝統・笑い話
スポーツ
五輪
Made in Japan
竹島・尖閣・日中韓の問題
------
スイス在住日本人のつぶやき

ブログジャンル

時事・ニュース
海外生活